123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2006-08-18 (Fri)
 ここのところ、「太陽系の惑星が12個になる?」というニュースを
 あちらこちらで見かけますね。。。

 国際天文学連合(IAU)は今月の16日に、チェコのプラハで惑星の
 定義案を公表したそうです。。。

 
 水・金・地・火・木・土・天・海・冥。。。

 
 ここに新たに加わるかもしれないのは、2003年に米国の研究チームが
 見つけた新天体「2003UB313」(直径2400キロ)、
 冥王星の衛星とされていたカロン(同1200キロ)、小惑星セレス
 (同950キロ)の3天体だそうです。。。

 火星と木星の間に「セレス」が入って、冥王星のあとに、「カロン」と
 「2003UB313」が続くみたいです。。。

 
 この「2003UB313」というのは、以前太陽系の第10番目の惑星の
 発見だ!!と騒がれていた星ですね。。。

 第10番惑星なんて聞くと、思う事たくさんありです。。。

 ゼカリア・シッチンのニビル星。。。交差する星。。。ヌース理論。。などなど。。。

 うろ覚えですが、ヌースに出てくるオコツトさんは、人間の意識が進化する時、
 第10番惑星が発見される。。。みたいな事を言ってませんでしたっけ???

 
 まだ決定されたわけではないみたいですが。。。

 この時期に、この流れの時にこういったニュースは。。う~~~ん。。と
 考えさせられてしまうものがあります。。。

 ちょっと前までシンクロしまくっていた「シリウス・プレアデス・オリオン」。。。
 あれを単なる空の星ではなく、人間の意識。。。そう考えると。。。
 この流れの中に見えてくるものが少しあるような気が。。。

 
 以前の記事でも、チラッと書きましたが。。。
 私は星の「発見」は、星の「発生」だと思っています。。。

 肉体の目に見えない宇宙の変化が、目に見える宇宙に星として現れる。。。

 
 その星々を人間が、惑星として認める。。。これが意味するものは何なのでしょう。。。
Theme : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 * Genre : 心と身体 * Category : 月・星
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2006-08-19 (Sat)
 先日夢を見てから「ライオン」が気になって気になってしかたありません。

 シンボル大事典を見ながら、少しここに書いてみようかなぁ。。なんて考えていたら、
 今は占星術の黄道12星座でいうところの「獅子座」の時だったことに気づきました。

 それでこの際だからと「獅子座」について少し調べてみました。。

 その前に、占星術の「サイン」について少し。。。

 
 黄道の12星座は占星術の基本概念で、ここに、占星術の意識や世界の体系が
 全て象徴され、語られています。。。

 古代では6または8星座でしたが、これが12星座に区別されたのは、
 支配神の象徴である木星が12年で全天を1周するからです。。。

 
 占星術上の1年の始まりは春分点。そこを起点として牡羊座から12の星座を
 太陽は1年かかって運行します。

 でも、天空上の春分点は歳異運動によって移動するため、実際に太陽が
 留まる星座と占星術上の太陽星座とはズレが生じます。この春分点の移動は、
 天空を2万5800年で1周し、ひとつの星座を移動するのに2160年かかるので、
 ある大きな時代を象徴するとされています。。。

 
 そして「獅子座」についてですが。。。(正統西洋占星術大全より)

 
 古代バビロニアの星図の獅子座を象徴する獅子の姿は、翼の生えた獅子、
 神の使いです。獅子座のレグルスは国王の運命を定める重要な星。
 天空上の獅子座に春分点があった時代は、大洪水以前、紀元前6000年から
 1万年前後の時代。

 地上の支配と権力をめぐって神々の血を引くもの達が戦った時代、時には、
 人間たちが神々の力を無視して地上の世界を築きあげた時代です。
 支配星は太陽。獅子座とは権力や栄光、創造的な力による繁栄を意味する星座なのです。。



 私は「レグルス」という名前、なぜかとっても気になるのです。。。

 最近すっかり忘れてはいましたが^^;

 子供の頃から、星の図鑑をみては「レグルス」とか「カストル」とか。。
 ただ名前なのですが、気になっていたことを思い出しました。。。

 一番気になるのは「レイオルト」(またはレイオル)なんですけどねぇ。。。
 これが。。見つからないんですよねぇ。。。

 
 この「レグルス」と獅子座のほかの星について少し。。。

 
 『獅子座』の1等星は『レグルス(小さな王様)』と呼ばれており
 コペルニクスが 名付け親といわれています。

 この星は、ちょうど天の黄道上にあるため、毎年8月23日頃になると、
 太陽が真上に差しかかり、時には 月がこの星を隠す「星食」が
 見られることもあります。

 獅子の首の部分にある星は、北天一美しい連星といわれており小さな
 望遠鏡でも2つの美しく並んで輝く オレンジ色と黄色の星を見ることが出来ます。

 そしてこの星付近では、33年の周期で大流星群が見られ、おりしも今年、
 11月19日未明には10万個にのぼる流星雨が見られるのではないかと
 予測されていました。



 …だそうです。。。そして、獅子座にまつわるギリシャ神話は。。。


 ネメアの谷に棲み人畜を殺傷していた不死身の化け獅子が獅子座です。
 怪物ティフォーンと上半身女、下半身蛇の怪物エキドナの間に生まれた
 魔性の猛獣です。

 この化け獅子の退治が英雄ヘラクレスの最初の仕事でした。

 彼はまず弓を使いますが全く効果がなかったため、棍棒を取り出して
 立ち向かったところ、獅子は通り抜けられる洞窟に逃げ込みました。

 ヘラクレスは洞窟の出口の1つを巨石を動かして塞いでから、他方の
 入り口より獅子を追いつめて獅子の喉を締め上げて窒息死させてしまいました。

 ヘラクレスの偉業を讃えてゼウスは化け獅子を天に上げました。



 化け獅子って(汗)。。。

 
 シンボル大事典からの「獅子座」についても少し載せておきますね。。。



 〔黄道12宮〕〈獅子宮:7月23日から8月22日〉

 
 黄道12宮の第5宮である獅子宮は真夏に位置する。したがってそれは、
 その「主人」に当たる『太陽』の熱い光線を受けた自然の開花によって
 特徴づけられる。

 黄道12宮の心臓である獅子宮は生きる喜び、野心、自尊心、上昇を表す。

 ライオンとともに我々は四大の『火』に立ち返る。しかし『白羊宮』から
 『獅子宮』へと自然の基本要素である火が変容するにつれ、粗暴な動物的力、
 火花とか稲妻のような瞬時の絶対的力から、もっと拡張されて、最高潮の熱と
 光を発散する炎のような<制御されて自由に使用しうる力>へと成長する。

 また、我々は春の曙光から夏の真昼の壮麗な光へと移行する。

 この第5宮は至上の力、高貴な力のエンブレムである百獣の王という、
 威厳に満ちた被造物によって象徴される。

 ライオンが『太陽』に結び付けられるのは、熱、光、輝き、権力、輝かしい
 貴族性といった様相のもとに生命の象徴体系をなすからである。

 それゆえライオンに当てられた意味区分とは高らかに響く無上の
 競技祝勝歌にも似て、命の火の輝きなのである。

Theme : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 * Genre : 心と身体 * Category : 月・星
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2009-04-15 (Wed)
 先日、とあるネットショップでずっと欲しかったのですが、ずっと
 品切れだったオーク製のルーンが入荷になったので、早速
 購入してみました。。。


 20090415154820f5d.jpg


 そのお店に「リリスのタリスマン」というものがあって、つい目が
 釘づけになってしまった私。。。

 そこにこんなことが書かれていたので、余計です。。。


 リリスの、自由や理想現実化のエネルギーを保有する。
 リリスの伝説的なシンボルは、女性の統一。
 フェミニスト文化はリリスを女性の平等、選択の自由、
 表現の自由の象徴に採用しました。
 そして、多くの神話では、伝説的な素晴らしい女性だと
 語られていましたが、性的な自由を持つことについては、
 リリスはダークサイドと言われていました。
 リリスはアダムの初の妻であったと言われています。
 そして、リリスは卑屈なパートナーであることを拒否しました。
 リリスはエデンの園から逃げて、デーモンと魔女として
 民間伝承が残ることとなりました。
 リリスは残念ながら、その自由さと奔放さが誰からも
 受け入れられるということはないのです。
 時として怖がられてしまいます。
 しかし予測できない行動と、誰もが考え付かない発想
 そして実現力は、彼女の一番の魅力です。

 

 「誰からも受け入れられるということはない。。。」

 昔から音楽でも、わざわざマイナーなものばかりを好んで
 聴いていた私。。。
 なんだか、そういうところにも私がなぜリリスに惹かれるのか。。。
 ということが現われていたりするかもしれないなぁ。。。なんて
 ふと思いました。。。

 今はこんな流れですし。。。
 このタイミングでオークのルーンが入荷になったのも、
 そういった流れの一部なのだろうなぁ。。。なんて思い、
 この、「リリスのタリスマン」も一緒に購入したのです。。。


 それが本日届いたのですが、それを見て最初に思ったのは、
 ついている紐が、ものすごくチャチ(涙)。。。ということでした。。。

 なんだか、学校の体育の先生が首からホィッスルをぶら下げる時に
 使うような、あんなような「ただの紐」。。。という感じだったので、
 これではさすがに使えない。。。と家の中を適当なものがないか
 探してみたのですが。。。
 ない。。。(涙)
 
 わざわざ買いに行くのも。。。と思い、仕方ないので作ることに
 しました。。。


 子供が幼稚園生から小学校低学年くらいだった頃だから。。。
 今から何年前くらいかな??
 その頃、バレエのママ達の間で「ビーズアクセサリー」というものが
 流行りました。。。
 その時は私もアクセサリー作りにハマり、たくさんビーズを買い込んだり
 しましたが、今ではすっかり作らなくなってしまったので、余った
 ビーズが家に山のようにあって。。。^^;

 なので、そこから適当なものを見繕って作ればいいかな。。。なんて。。。
 最初は軽い気持ちで始めたのですが。。。

 1度作り始めると、ついつい熱が入ってしまうのですよね。。。(笑)
 昔は、それで徹夜したこともしばしば。。。^^;


 作りながらいろいろ思ったことがありました。。。


 昔、携帯のストラップもビーズで作っていたのですが、あれは
 すぐにテグスが切れてしまうのです。。。
 何個も作ってはすぐに壊れてしまったのですが、その時に使った
 可愛らしいビーズや天然石は、結構お気に入りのものが多かったので、
 いつか何かに使おう。。。と、大事にとっておいたのです。。。

 ・・・大事に。。。というか、今日まで忘れていた。。。という方が
 正しいかな。。。^^;
 
 それを今日発掘して。。。
 リリスのタリスマンに使うことになったことも。。。
 それも考えてみたら、面白いなぁ。。。なんて思いました。。。

 それと不思議だったのは。。。

 デザインとか、使うパーツとか。。。
 以前の私だったらそういうものをしっかり準備してからでないと
 作り始めなかったのですが、今回はほとんど何も考えずに
 作り始めてしまいました。。。
 

 ネックレスを作る時は、いつも金具をつけていたのですが、
 途中でその金具がないことに気づきました。。。
 でも、慌てることもなく。。。かといって何か代替品も見つからず。。。
 だったのですが、ほとんど心配もせず、そのまま作り続けて
 しまいました。。。

 絶対、なんとかなってしまうだろう。。。

 ・・・という妙な確信のようなものが、内側にあったのです。。。 


 なぜこんなに確信していたかというと。。。
 絶対に、リリスがなんとかしてくれると思っていたからなのです。。。


 恐れず正直に、感じたことを書けば。。。
 デザインも全て、きっと私が考えたのではないだろうと思います。。。
 いつもは使う金具がなかったことも。。。
 ほぼ毎日使うものだから、私の金属に対するアレルギーも
 考慮してくれたのではないかな。。。なんてね。。。

 そんなことを思いながら。。。
 ・・・というか、作りながら、なぜかそんな風に感じていたのです。。。

 これは。。。
 とても感覚的なものだから、信じられない人は信じなくても
 いいのだけど。。。


 最後に、つぶし玉。。。というものを使って止めようとしたとき、
 本当にあと少しで完成。。。というところで、いくつかのビーズが
 バラバラッとテグスから抜けてしまいました。。。

 「あ~~~~~~~っ!!!!(涙)」

 ・・・と、一瞬めまいを感じましたが。。。(苦笑)
 でも、よく見たらびっくりしてしまいました。。。

 なんと。。。
 その抜け落ちたビーズの、ちょうど最後の部分は。。。
 私がデザインを間違えて、違うビーズを通していたところだったのです。。。

 あのまま何事もなかったら、そのまま気づかずに留めてしまって
 いたと思います。。。
 もし、そのあと気づいたら。。。
 きっと私のことだから、最初から作り直す羽目になっていたことでしょう。。。
 
 はずれてしまったビーズは、ほんの2、30数個くらい。。。
 最初から作り直すことを考えたら、全然楽です。。。

 「リリス。。。ありがとう。。。」

 なんてね、つい思ってしまいましたよ。。。


 そんなこんなで出来上がったものは、これです。。。


 200904151634308d9.jpg


 ほとんどテグスにビーズを通しただけで、ひねりを入れたりは
 しなかったので、簡単でした。。。



 英語で書かれた小さな説明書も、なんだか可愛いので一緒に。。。(笑)

 「The legendary figure of Lilith has become a symbol for women's unity.」


 20090415163528649.jpg


 リリスのアップ。。。
 「角」みたいなのは。。。
 私の見るリリスにはついていないのだけどね。。。


 200904151641166ea.jpg


 この大きい石は、アメジストとペリドット。。。


 20090415164408e68.jpg


 昔、ストラップに使っていた石です。。。

 「紫」と「グリーン」という組み合わせって好きです^^
 紫は神聖さを表す色。。。
 グリーンは癒しの色。。。

 ペリドットもたまたまあったから使ったのだけど、
 本を見たら、こんなことが書かれていました。。。

 「グリーン系のクリスタルの中でもペリドットは異色の存在。
  ヒーリング効果より、内面を輝かせ、強化するパワーが
  強力です。。。」

 だそうで。。。
 異色。。。というところが、リリスっぽいね。。。(笑)
 この石は、優しさよりも強靭さを教えてくれる石だそうで。。。
 やっぱり、ちょっと。。。リリスっぽい。。。

 アメジストは、「まさに神秘・神聖というにふさわしい霊格を備えた石」
 なのだそうなので、これもまた、ちょうどいい。。。 


 長さは。。。
 ちょうど、リリスが胸の上あたりにくる長さにしました。。。

 そして、石がリリスより目立ってはいけないだろうと思い、
 アメジストとペリドットは見えないところ。。。
 首の後ろにくる位置に持ってきたのだけど。。。

 ふと。。。
 ハートチャクラにリリスがいて、スロートチャクラに石がある
 形になるなぁ。。。と、あとから思いました。。。


 喉については。。。
 実は、いろいろ思うことがあったので。。。
 なんだか感慨深く。。。


 リリスに感謝です。。。   
* Category : 月・星
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2009-09-05 (Sat)
 今日は満月ですね。。。

 今回の満月は「うお座」で起こるのですが、うお座の満月の
 時は、現実味のないことをあれこれ夢見てしまいがちに
 なるのだそうです。。。
 なので、実生活における注意力が散漫になるようなので、
 
 「うっかりミスには要注意」

 ・・・だそうですよ^^


 子供達の夏休み中、サボリにサボリまくっていたので、
 いきなりジムに行く自信がなく。。。
 今週は家でリハビリを兼ねて、エクササイズをやっていました。。。

 それで気づいたことが。。。というか、実感したことが
 あります。。。


 バレエを基本にしたエクササイズをやっているのですが、
 昨日までは、バーレッスンやストレッチ、筋トレなどは
 なかなかスムーズでした。。。

 けれど、ムーヴメント系はかなりキツク。。。
 ゼイゼイ言いながら、汗もものすごくかきながら。。。
 本当に苦しくやっていました。。。

 終わったあとは、ドッと倒れこんでしまうくらい。。。^^;


 今日になってみたら。。。
 昨日までしっかりとれていたはずの、軸足のバランスが
 妙にぶれたり、プリエやタンジュ(バレエ用語ですが)を
 やっている時にも、なんとなくフラフラする。。。
 ルルベバランスもとりづらい。。。

 けれど。。。
 ダンス系の方になったら、なんと、全然疲れないのですよぉ。。。


 不思議なくらい変わったので、「やっぱり、ありなんだ。。。」
 ・・・と、実感してしまいました。。。


 月の影響というのは、結構強力かもしれませんね。。。


 新月から満月までの満ちていく月の時は、「吸収」する時期
 なので、筋トレ系の効果が上がると言われています。。。

 逆に満月から新月までの欠けていく月の時は、「デトックス」。。。 
 排出する時なので、エアロビとかウォーキングなどの
 有酸素運動が適しているそうです。。。


 今日は満月なので、アンバランスが起きたのかな??
 ・・・なんて思ったりもしたのでした。。。
* Category : 月・星
* Comment : (0) * Trackback : (-) |

個別記事の管理2009-10-05 (Mon)
 私は、ルーンやタロットは大好きだけど、実は「占い」は
 あんまり好きではないのです。。。

 だから、ルーンもタロットも占いで使うことってほとんどなく。。。

 「今月のあなたの運勢」とか「来年のあなたのラッキーアイテム♪」
 ・・・とか。。。
 ほとんど興味ない。。。(笑)


 未来を知りたくはないし、流れを前もって知ってしまうのは
 つまらない。。。

 その時の流れを、今、感じていることが楽しいです。。。


 占星術が「アリ」。。。というのは、もう、しみじみ実感しています。。。
 過去を振り返ったとき。。。
 自分の歩いてきた人生が、星と一致していたのを
 何度も確認してきたから。。。

 だから、ひとつの「体系」としてとっても興味はあるのだけど、
 でも今までは、どこかで、私には向いてない。。。
 という意識がありました。。。

 ・・・というのも。。。
 元々未来にあまり興味がない。。。というのもあるのだけど、
 その他に理由があって。。。

 今みたいに、PCソフトで簡単にホロスコープが作れなかった頃。。。
 めんどくさい計算をして、必死で自分のホロスコープを作った
 ことがあって。。。
 その時、それだけでもう精魂尽き果てた経験が。。。(笑)


 でも流れ的に今。。。
 アロマやハーブの世界を通して、これから占星術とも
 関わっていくことが多くなりそうで。。。


 そうなっていたんだなぁ。。。と。。。


 そんな風に感じているところです。。。


 そんなこんなでここのところ、星のことを少し調べていたけど。。。
 ホント。。。
 振り返ると、「あぁ。。。そうだったなぁ。。。」と、しみじみ
 してしまうこと、たくさんありました。。。


 我が家は主人も私も同じ射手座ですが、その射手座に
 長年いらっしゃった冥王星は、今は山羊座に移動。。。

 結婚するまでは、何でも思い通りにことが進んでいたように
 感じていた人生が、結婚してからは一転して、何もかもが
 障害だらけになった。。。

 子供が欲しかったのになかなか出来なくて。。。
 ドヨーンってなった時もあったのですが。。。
 でもあとになったら、あの日あの時、一番いいタイミングで娘は
 生まれてくれていたんだと、すごく実感することが度々ありました。。。


 そしてもっとあとになって知ったのは。。。
 そんな私達の元に娘がやって来てくれた年と。。。
 射手座に冥王星が入った年が同じだった。。。ということ。。。


 私は。。。
 もし子供達がいなかったら、きっともう、とっくに逃げ出して
 いたかもしれなかったことが、たくさんあるような気がします。。。

 でももしそこで逃げ出していたら。。。
 私はまた今回も、それをクリア出来なかったのかも
 しれないなぁ。。。なんて思ったりもするのです。。。


 そう思うと、あの時やってきてくれた娘と。。。
 そのあとそれに続くように来てくれた息子は。。。


 本当に。。。
 救いの天使的役割を果たしてくれていたような気がします。。。


 子供達だけでなく、いろんなことに。。。
 とってもとっても感謝したくなります。。。


 そんな子供達や家族の幸せと健康を守る為にも。。。


 ママは、勉強がんばる!!!


 ・・・と、そんな思いがフツフツと。。。
* Category : 月・星
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2009-10-25 (Sun)
 今日から、ハーバルアストロロジーの勉強が始まりました。。。
 とっても面白そうです^^


 発見は発生。。。


 ・・・なんてね、昔から漠然と、そんなことを考えていた私ですが。。。

 ミクロコスモスとマクロコスモスはシンクロしている。。。
 ということが、私の中では完全な真実になっていて。。。

 その根拠は?って聞かれるととっても困ってしまうのだけど。。。(笑)
 でも、そういうものなのだろう。。。と。。。
 
 なぜかそう思っているのです。。。


 植物のお勉強をはじめてからは。。。
 成分のことなどを科学的な方面からも学ばなければいけない
 シーンが多々あるのだけど。。。

 でもね。。。
 その原子って。。。では一体何から出来てるの??
 なんて考え出してしまう私は。。。
 結局はそこから。。。スピリチュアルの世界にまたまた
 旅立ってしまうのです。。。(苦笑)

 主人なんかは、科学的に説明、証明されてやっと納得する
 タイプみたいだけど。。。
 私は、科学的に説明された方がよっぽど納得出来ない
 タイプで。。。(笑)


 世の中。。。
 いろんな人がいて。。。
 いろんな見方があって。。。


 面白いですね。。。


 なので、精油を成分を見て選ぶより。。。
 星を見て選ぶ方が、私にとっては面白かったりします。。。


 けれど、せっかく科学的な成分も調べることも出来るのだから、
 あとからそっち方面からも確認してみる。。。
 確認することも「出来る」。。。
 
 そういう意味では、今の時代はいい時代だなぁ。。。
 なんて思ったりもしました。。。


 ・・・といいつつも。。。

 今までの体験上。。。
 自分のことに関しては、「直観勝負」が一番だなぁ。。。と
 密かに感じていたりするのも正直なところです。。。

 ・・・というのは、自分の身体に聞けば、今何が必要なのか
 解る。。。ということを、今までの体験を通して、
 なんとなく実感してきているからです。。。


 宇宙の星と、人間の身体は。。。
 シンクロしているのですものね。。。


 
 私が今回習い始めた占星術は、未来を占うことではなく、
 医学的なことに焦点をあてたもので。。。
 英国では「メディカルアストロロジー」と呼ばれているものです。。。

 星と植物、そして人の身体。。。
 主に、そういったものの関係。。。
 その照応を学んだりします。。。

 こういった分野ではやはり、ニコラス・カルペッパーが
 有名ですね。。。


 今日の講座では、自分の星座を見ながら、
 それに見合ったブレンドオイルを作りました。。。

 自分の太陽星座の支配星に対応している精油や、
 そのパワーを強める為に、惑星太陽そのものに
 対応している精油。。。
 
 そんなものを選び出して、ブレンドする練習です。。。

 なんだか、普段は自分ではあまり思いつかないブレンドに
 なったのも面白かったのですが、先生に「肌が弱いので。。。」
 ・・・と言った時に、

 「あなたが選んだのは、全て肌にいい精油ばかりよ。」

 と、先生がおっしゃったので、なんだかまた。。。
 しみじみと感慨深く。。。
 

 アロマセラピストをやっていらっしゃる先生は、たくさんの
 クライアントさんを相手にコンサルテーションやアロマ
 トリートメントをされていらっしゃるのですが。。。

 だいたい、その人が気分や好みで選んだものというのは、
 星と一致してるのよ。。。っておっしゃってました。。。


 やっぱりねぇ。。。


 なんて思いながら、感慨深く聞いていた私ですが。。。
 先生が。。。

 「この講座でこれをいったら元も子もなくなっちゃうけどね。。。(笑)」

 ・・・って。。。(笑)
 けれども、この講座を通して、こういう偶然をたくさん知って
 もらって、驚いてもらおうと思っている。。。とも、おっしゃって
 いました。。。


 やっぱり。。。現場を体験されている方達は。。。
 みなさん何か、共通して感じられるものがあるようですね。。。

 以前、ハーブを教えてくださったイギリス人のハーバリストの
 先生も、同じようなことをおっしゃっていたことを思い出しました。。。


 それでも。。。
 精油やハーブを選ぶ時、直観勝負。。。というものは、
 自分自身に対してはとてもとても有効だと思うのだけれど、
 自分以外の人に精油やハーブを紹介したりする時には、
 それだと、相手は少し不安があったりもしますよね。。。

 それこそ。。。
 「何を根拠に???」
 なんて思うかもしれません。。。

 例えば、タロットやルーンなどのツールを使う。。。という
 手もあると言えばそうだけど、でも。。。
 人によっては、そういうの、あまり信じない人もいますしね。。。


 こういう時。。。
 星読みでも、成分でも。。。
 
 やっぱり、「知識」というものは、大事になってくるのだろうなぁ。。。と
 思います。。。

 星読みの場合ですら。。。
 相手を選ぶかもしれないけど。。。(苦笑)


 なので、幅広く。。。
 いろんなことを知っていたほうが、やっぱり便利だな。。。
 なんて、とても感じました。。。


 こういう勉強はきっと。。。
 一生、終わらなさそうですね。。。

 楽しいからいいのだけど。。。
* Category : 月・星
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2009-10-30 (Fri)
 先日のハーバルアストロロジーの講座でブレンドオイルを
 作ったお話を書きましたけれど。。。
 その後記です。。。


 あの日、自分の太陽星座か月星座か、どちらかをテーマに
 作ることになったのですが、私は自分の太陽星座である
 「射手座」で作ることにしました。。。
 ベースオイルは、ホホバでした。。。

 射手座の支配星、木星に対応している精油でその日
 挙げられていたのが、メリッサ、ジャスミン、そしてシナモン。。。

 3種類くらいのブレンドで。。。と言われたのだけれど、
 あの日、私はなんとなくジャスミン。。。という気分では
 なかったのですよね。。。
 シナモンも。。。
 ハーブのシナモンは好きですが、精油のシナモンは
 イマイチ苦手で。。。

 メリッサは大好きだし、気分的にもそんな感じでしたので
 使うことにしましたが、他の精油は、惑星太陽に対応した
 精油から選ぶことにしました。。。

 太陽に対応している精油は、たくさんありましたが
 その中から選んだのは、カモミール・ローマン。。。
 
 でもね。。。
 この2種類だと、なんだか香りが広がりすぎてしまうような
 気がしたので、何か締める精油が欲しいと思い。。。
 先生に伺ったところ、必ずしも星に対応している精油でなくても
 OKと言われたので、最終的に私が選んだのは
 サンダルウッドでした。。。

 あとでワンダー・セラーさんの本で調べてみたら、
 サンダルウッドは、「土星?」となってましたけれど。。。

 でも、気づけば、トップ、ミドル、ベースと。。。
 なんとなくいいバランスでブレンド出来たようですし、
 香りがとってもいい感じ。。。

 だからとてもお気に入りになって、ここのところ足や腕に
 塗っていたのですが、ふと気づいたのは。。。


 このところ、私の中の射手座要素が、随分強くなってきているような
 気もしないでもなく。。。


 もしこれが、精油のパワーが手伝ってくれていることなの
 だとしらた。。。


 これって、すごいかも。。。ってね。。。
* Category : 月・星
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2009-11-09 (Mon)
 この前発掘した占星術の本の中の「リリト占い」というのが
 面白かったので、ついついこんな本を買ってしまいました。。。


 
前世を知るリリト占星術―恋愛結婚相性&夢見術 (エルブックス・シリーズ)前世を知るリリト占星術―恋愛結婚相性&夢見術 (エルブックス・シリーズ)
(2003/12)
秋月 さやか

商品詳細を見る



 リリト。。。というのはもちろんあの、「Lilith」のこと。。。


 リリス(リリト)は、古代から「闇の月」とか「月の影」と
 呼ばれていたそうで、実体のない幻の存在なのだそう。。。

 架空の闇の軌道によって導き出される感受点。。。
 ・・・とのことです。。。


 占星術では、月の遠心点のことを「リリス」と呼んでいて、
 そのリリスでは、「情欲」についてが解るらしいのだけど、
 闇の月。。。「夢」や「過去生」を見るほうのリリスは、
 混乱を避ける為にあえて、「リリト」にしたのだそうです。。。


 リリトの星座が表すもの。。。

 それが本当に過去生の記憶なのか。。。
 それとも、遺伝子が達成できなかった未成熟の願望の
 あらわれなのか。。。
 それとも、自分の中で選択しなかった可能性を
 繋ぎ合わせた影の人生なのか。。。
 または、過去のトラウマが生み出す願望の裏返しなのか。。。


 それは、はっきり解らないけど。。。
 ・・・と、著者の秋月さんは書かれていらっしゃいました。。。


 この本に書いてあったリリスの物語を娘に聞かせたら、
 彼女の反応が、面白かった。。。

 
 娘は。。。
 男尊女卑の夫、アダムに愛想をつかして逃げたリリスのことを
 「かっこいい~♪」と言い。。。
 イヴに嫉妬するリリスを、「なんかそこはイヤかも。。。」ってね。。。(笑)

 私も彼女とまるっきり同じ意見ではあるのだけど。。。
 でもね。。。

 「そこはイヤかも。。。」

 ・・・と思ってしまう私達に。。。
 ちょっと苦笑い。。。



 本のその部分。。。
 記念に?(笑)抜粋です。。。


 ●幻の月リリト(リリス)は過去世の象徴です

  Lilith。。。
  それは古くカルデア占星術の時代から、闇の月、月の影と
  呼ばれているもの。

  実態のない幻の存在であり、架空の闇の軌跡によって導き
  出される感受点。

  リリトは占星術ではおもにエソテリック(秘教)アストロロジーの
  分野で扱われるべきものであり、ホラリーにも使用されます。

  占星術では、月は人間の感情や意識の象徴とされていますが、
  この目に見えない闇の月リリトは、その意識の奥に隠されたもの、
  心理学でいうところの潜在意識や無意識の領域を象徴すると
  考えられます。

  
  さて、ではリリト(リリス)とはいったい何なのか。。。

  ヘブライの古い書物(旧約聖書の異伝)によれば、リリトは
  本来、アダムの最初の妻であったといいます。
  アダムを作ったのは神で、リリトを作ったのは悪魔であると。

  しかしリリトはアダムに従うことを嫌い、アダムの元を去って
  夜の闇の中へと逃れ、冥界の女王になります。
  一説によれば、アダムが男尊女卑であることに腹をたて、
  別れを宣言したのだとか。

  そこで神はアダムのために次にイブを創って与えます。
  イブはアダムの肋骨から創られただけあって従順でした。

  イブに嫉妬したリリスは蛇をつかわして林檎(一説にはいちじく)を
  食べさせ、2人がエデンの園を追放されるきっかけを
  作ったといいます。

  リリトは蛇の化身とも考えられており、上半身は美しい娘、
  下半身は蛇で描かれることもありました。
  これは、古代中国の伝説に登場するジョカを思わせます。
  結局のところ、リリトは古い時代の太地母神の化身と
  考えられています。

  
  中世に入ると、リリトは、淫乱で心を支配する夢魔(サキュバス)
  として恐れられるようになっていきます。
  あるいはリリトが生んだ子供たちは、妖精や夢魔となり、
  イブが生んだ子供たちは人間となったが、長い間にその
  2つは混じりあい、だから人間は聖と魔の2つの性質を
  併せ持つようになったのだとも言われています。

  
  ケプラーはその著書の中で、日蝕の影の中を通って闇の
  魔神たちが地球へ降りてくると記していますが、月の影を
  通って降りてくる魔神とはすなわちリリトであると解釈
  できるでしょう。


  魔とは何か。
  ある意味ではそれは、抑圧された意識、潜在意識の中に
  人々が押し込めている願望です。
  リリトはそうした心の奥の潜在意識の領域を支配する存在
  であり、だからこそ、夢や欲望を支配することが可能なのです。。。



 
 女性ってやっぱり。。。
 抑圧され続けると、誰でもリリスみたいになっちゃうよね。。。
 みんなのびのびと、自由でいたいのですよね。。。

 正直だったリリスを、悪魔扱いしちゃうなんて、ひどいな。。。
 って思いました。。。


 娘や私の中にもリリスはいて。。。
 だから、リリスをかっこいい。。。と思うのだろうし、
 嫌な面からは目をそらしたくなる。。。


 でもそういう嫌な面も含めて。。。
 「女性」。。。なのだと思いました。。。



 イブというのは。。。

 男性の幻想だと。。。私は思っていたりします。。。
* Category : 月・星
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2009-11-23 (Mon)
 昨日のハーバルアストロロジーの実習では、ロールオンタイプの
 香水を作りました。。。

 やはりバースチャートを参考にしながら、自分の太陽や月の
 星座に対応する精油を中心にして、ブレンドを考えていく
 練習です。。。

 前回は、太陽を中心に考えてブレンドオイルを作ったので、
 今回は、月をテーマにすることにしました。。。

 ・・・というのも。。。

 今までの人生を振り返ってみると、私は結構、自分の月。。。
 乙女座のネガティヴな部分が出がちだったような
 気がしないでもなく。。。

 そんなことに気づき始めた今の私は。。。
 自分の乙女座部分が鼻について仕方ない。。。(笑)

 こういった部分を持っていたことで、本当に様々な
 気づきもあったし、たくさん学ばせていただけることが
 あったから。。。
 そういった意味ではとても感謝しているのですが、
 でも、もういい加減お腹いっぱいな感じもするので、
 ここはそろそろ。。。
 そういうものを手放したい。。。

 そんな気持ちがね、今、自分の中に強く出てきて
 いることをとても感じるのです。。。


 なので今回の実習は、いい機会なので。。。
 自分の月。。。
 乙女座をもう少しよい方向に発揮出来るようになる
 ことを願い、乙女座に対応した精油を使って、
 香水を作ることにしました。。。


 乙女座。。。というのは、支配星が水星なので、水星に
 対応している精油をまず見ていきます。。。

 いろいろあったけど、やはり最初はラヴェンダーが目に
 つきました。。。

 ラヴェンダーの香りは。。。
 嫌い。。。というわけではなかったのですが、今までは
 大して気にもとめない香りでした。。。

 それがここ最近なのですよね。。。
 ラヴェンダーって、本当にとても癒されるなぁ。。。と
 実感し始めるようになったのは。。。

 なので最近は、アロマバスでもラヴェンダーを使うことが
 かなり多くなっていました。。。

 きっと、身体が求めているのかもですね。。。

 そんなわけなので、最初はラヴェンダーを選びました。。。

 また、月を意識してブレンドを作る場合は、「月」そのものに
 対応した精油を使ってもよいそうなのですが、月に対応する
 精油は、クラリセージやG・カモミール。。。

 昨日はクラリセージがなかったので、選ぶとしたらブルー
 カモミールしかなかったのですが、前回の時、ブルーカモミールは
 なんだかあんまりいい香りに感じなかったので、使う気が
 起きませんでした。。。

 ・・・が、「いちお。。。」と香りを試してみたら。。。
 これがなんとも不思議に。。。
 昨日は、とてもいい香りに感じたのですよ。。。
 前回と全く同じメーカーの精油だったにも関わらず。。。

 面白いなぁ。。。と思いながら、ブルーカモミールを二つめに
 選びました。。。

 さてさて。。。
 もう一種類くらい入れたいなぁ。。。って。。。
 さらに、精油選びは続きました。。。


 女性性を元気にさせてあげるために、「金星」に
 対応した精油を入れてもいい感じになる。。。と伺ったので
 大好きなローズやまた、ゼラニウムなども考えたのですが、
 昨日は、その二つを試して嗅いでみても、なんだかあまり
 ピンときませんでした。。。

 それでどうしよう。。。と思っていた時に目についたのが
 フェンネルの精油でした。。。

 フェンネルも水星対応の精油なのですが、私は今まで
 フェンネルの精油って香りを嗅いだこともなく。。。
 何ていうか、フェンネルは精油よりもハーブで。。。という
 勝手なイメージが私の中であったのですよね。。。

 だから最初は全く視野に入れてもいなかったのですが。。。

 それが昨日はね。。。
 これがまたものすごくいい香りに感じて。。。
 即、決定してしったのですよぉ。。。

 昨日使ったフェンネルは、ドイツの「TAOASIS」という
 メーカーのもの。。。

 先生もここのフェンネルはいいわよ。。。とおっしゃっていましたが、
 私もそう思います。。。
 本当に素敵な香りでした。。。

 そうそう。。。
 ここのローズがね、昨日のはトルコのローズだったのですが。。。
 なんだか不思議な香りがしました。。。

 私の体調のせいかもしれませんが。。。

 そして、このメーカーでもバイオダイナミック農法を
 取り入れているみたいです♪
 さすが、ドイツ。。。ですね^^

 エッセンシャルオーラに引き続き。。。
 タオアシス。。。
 ちょっとチェックしたいブランドになってきました^^


 昨日の実習で出来上がった香りは。。。
 前回のオイルと同じように、普段の私ならば
 絶対に作らないだろう。。。という、そんな、
 私にとっては斬新な香りでした。。。

 だからこそ、何かパワーを与えてくれそうな。。。
 そんな気もしてね。。。

 あと数日寝かして熟成させるのですが、ワクワク
 しながら解禁日を待ってます。


 こういう方面から植物を学んでいくことも、とても
 楽しいと思いました。。。
* Category : 月・星
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2009-11-24 (Tue)
 先日、私のバースチャートを見ていたら、よく解らない記号が
 書いてあったので、先生に伺ってみたところ、それは。。。

 「パート・オブ・フォーチュン」

 のマーク。。。とのことでした。。。

 これについては、またあとで。。。みたいに、
 その時は教わりませんでしたが、なんとなく
 聞いたことはある言葉だったので、気になり、
 家に帰ってきてから、本で調べてみました。。。

 すると。。。


 「パート・オブ・フォーチュンとは幸運のありかを
  示すといわれるアラビック・パートのことです。
  アラビック・パートとは、占星術の理論上のポイント
  ですが、そこには不可思議な星の力が働いていると
  考えられています。

  人は誰でも幸運を得たいと望みますが、いったい
  幸運とは何でしょう?

  それを占星術の理論上のポイントである、
  パート・オブ・フォーチュンが教えてくれるのです!」



 ・・・と書かれていました。。。


 そう言えば。。。
 西魔女のおばあちゃんが言ってたな。。。


 「人は誰でも、幸せになるようにできているんですよ。」

 
 ホント。。。
 そうですよねぇ。。。


 そんなわけで、パート・オブ・フォーチュンについて
 いろいろ読んでみたのですが、面白いですね。。。

 自分のパート・オブ・フォーチュンが何の星座にいるか、
 どこのハウスに入っているか。。。

 などで、いろいろ解るだけでなく、自分はどんなところで
 成功することが、幸せだと感じることなのか。。。と
 いうことを見極めて、それに一致するハウスを選ぶと、
 そのためには自分がどういう生き方をすればいいのか。。。
 ということも、パート・オブ・フォーチュンの配置が
 教えてくれるようです。。。


 ・・・ということは。。。

 自分が本当にやりたいこと。。。
 魂が望んでいること。。。

 ・・・を、まずはしっかり知ることが大事。。。
 みたいですよね。。。


 自分の真に望むことを履き違えているうちは。。。
 星の導きも、的がずれてしまいそう。。。


 あぁ。。。
 でもね。。。

 実はここが一番、難しいような気もする。。。


 自分自身を知る。。。


 ・・・ということが。。。 



 何ていうか。。。
 

 やっぱり。。。


 「私とは何か?」
 「なぜここにこうして生きているのか?」


 みたいな、誰もが抱く根源的な疑問。。。


 こういったことに対して、自分なりの回答が出せるように
 なってきた頃。。。 


 やっと。。。
 ある道が示されていくような。。。


 そんな感じがしちゃうのですよね。。。
 うまく言えないけど。。。
* Category : 月・星
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2009-12-02 (Wed)
 今日は満月ですね。。。
 双子座で起こる満月です。。。

 以前は満月の夜には、キャンドルやアロマを焚いて
 お風呂でひとり儀式をしたりもしたのですが。。。(笑)

 最近、やってないなぁ。。。

 娘の受験とか、その他諸々のことで、気が散って
 しまっています。。。

 今日もきっと。。。
 「あぁ、満月だねぇ。。。」で過ぎていってしまうのかな。。。


 ところで、最近では月に関する本がたくさん出ていて、
 月と身体の関係とか、月がどの星座にいる時は
 感情はこうなりがちで。。。とか、そんな情報は
 たくさんありますね。。。


 一般的に、満ちていく月の時期は吸収。。。
 欠けていく月の時はデトックス。。。と言われて
 います。。。

 魔法なんかでも、満ちていく月の時と欠けていく月の
 時は、同じ願いでも、かけ方が違ったりするんです。。。

 ・・・と、こういったことを知ってからは、私も、
 そういうものなんだ。。。と思っていたりもしたのですが、
 どうもこの頃、疑問に思うことが出てきたのです。。。


 満ちていく月の時は太りやすく、欠けていく月の時は
 痩せやすい。。。と言われていますが、でもね。。。
 私の場合、一概にそうも言えないみたいなのです。。。

 女性の場合、自分の「生理周期」というものが
 ありますよね。。。
 どちらかと言うと、そっちの方がかなり影響が
 出るような気がしています。。。


 基礎体温を測ったことがある人ならご存知だと思いますが、
 生理が始まった日から約2週間というのは、卵胞ホルモンが
 分泌されるので、体温は低めです。。。

 排卵日にガグッと体温が落ちますが、次の生理が来るまでの
 2週間は、今度は黄体ホルモンが分泌されるので、
 体温は高めになりますね。。。

 妊娠すると、ずっと黄体ホルモンが出続けるので
 体温が少し高いままになるのです。。。


 吸収とデトックスは、この周期にシンクロしている。。。と
 いう方が、理にかなってるような気もしないでもなく。。。


 そして。。。
 月経周期と月の周期はシンクロしてる。。。とよく
 言われますが、現実は、どうもそうではないようで。。。

 たとえば統計を取ってみると、新月に生理が来る人が
 圧倒的に多く、満月に月経を向かえる人はほとんど
 いない。。。なんて言われていますが、自分や周りを
 見てみると、そうとも言えないのです。。。

 このズレ。。。というのは、やっぱり月を
 意識するかしないか。。。というものが、
 大きく関わっているのかなぁ。。。と。。。
 そんな気が、とてもしました。。。


 私達は。。。
 常に月に影響されているのでしょうか?
 それとも。。。無意識に生きているから、
 月に影響されるのでしょうか??


 でも。。。
 考えてみたら。。。
 地球上の女性の月経周期が、みんな同じだったら。。。
 ちょっと怖いかも。。。^^;

 そういう点でも。。。
 私達人間には、動物や植物とは、また違った何かが
 あるのかもしれませんよね。。。


 ふと思い出したのですが。。。

 月のこととかあまり知らなかった頃の私って、
 月経を多少自分でコントロール出来ていたような
 気もするのです。。。

 例えば、バレエの発表会があったりとか、どうしても
 来てほしくない日があったりすると。。。

 「絶対に来ないで。。。
  その日は絶対に来るな。。。」

 ・・・ってね、何日も前から呪いのように。。。(笑)
 でも、そういうのって、意外に効くな。。。って
 思っていたりもしたのです。。。

 どうでもいい時に適当にやると、逆効果になって
 しまったことも、ままありましたが。。。(笑)


 それを思うと。。。
 自分の身体に一番作用してるのは、一体何???


 ・・・ってね。。。
 そんな風に思ったりもするのです。。。


 意識。。。ですよね、やっぱり。。。


 意識について。。。
 もっといろいろ知りたいですね。。。 


 シャーマンの時代からブッダやイエスの時代へ。。。
 人類が辿ってきた道には意味がある。。。


 何か。。。
 もうちょっとで、見えそうなものがあるのです。。。
* Category : 月・星
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2010-01-08 (Fri)
 娘が以前通っていたバレエ教室には、大人クラスもあって
 成人初心者や、昔やっていたけど久々に。。。なんていう
 主婦の人達がいたりもしました。

 私も先生に、「Lyricaママもやればいいのに。」なんて
 言われたこともあったのですが、いつも笑って逃げてました(笑)

 ・・・というのも、そのお教室は大人クラスでも、
 スカートや袖つきの、身体を隠せるようなレオタードは
 許してくれなくて。。。
 
 それは、鏡に映る己の姿をしっかり見て、自分の真実を
 よく知ることがまずは大事。。。という先生のポリシーから
 来ているルールでした。。。

 私もそのポリシーには心から共感するのですが、
 今の自分の姿を、娘の教室でさらす勇気がなかったわけです。。。^^;


 占星術を少しづつ学ぶようになってからは、
 自分の出生チャートをもとにして、あれやこれやと
 思いをめぐらすことが増えたのですが、なんだか、
 星の言葉というのはすごいなぁ。。。と、
 そんな風に感じることが多々あります。。。


 自分を知る。。。ということは、基本だと思うのですが、
 それは、自分が考えているよりも何十倍も難しいことだと、
 つくづく思います。。。

 最初から全部解ってしまっては、ドラマが成り立たないから。。。
 だから時期がくるまでは、自分自身で隠しているのだろうとも
 思います。。。

 私自身、まだまだ懐に何を隠しているのだか。。。(笑)

 でも。。。
 そんな「自分を知る」という作業を、星達がかなり
 手助けしてくれるのを、とても感じます。。。


 とっても。。。
 「時期」。。。を感じます。。。


 元々、未来予測にはあまり興味のない方でした。。。

 タロットとかルーンと比べると、もっと鮮明に詳細に、
 未来を予測できてしまいそうな感じのする占星術を、
 今までの私はどこかで敬遠していたような気もします。。。

 すべては完璧。。。
 そして、直観勝負。。。

 ある時まで私はずっと。。。
 そうやって生きてきたから。。。


 でもある時。。。
 「エゴのバリア」というものに気づいたの。。。


 相手もそうだし、自分もそうだけど。。。
 エゴのバリアは、なかなか手強いのだなぁ。。。って。。。(苦笑)


 人って。。。
 面と向かってズバッと痛いところをつかれると、
 だいたい怒ります。。。

 怒らないで見つめればスムーズなのに。。。
 それがなかなか出来ないものです。。。

 それは。。。
 私もそうなのです。。。


 でもね。。。
 そういう時って、星のメッセージを使うと。。。
 なぜか受け入れやすくなる。。。

 不思議です。。。

 そういったものは。。。
 エゴのバリアを通り抜けやすいのでしょうか。。。


 タロットやルーンなどは時に。。。
 自分のエゴに同調してしまう時もあるけど。。。
 星たちはさすが。。。強力。。。

 ほとんど影響されずに、ズバッと厳しく。。。
 教えてくれるのだもの。。。


 いろんなことを経てきた今。。。
 本当に自分にとって絶妙なタイミングで占星術に
 出会ったのだなぁ。。。と。。。

 そんな感じがとてもしています。。。



 今バックで出口さんの曲がかかってるのだけどね。。。
 ちょうど流れてきた歌の。。。


 「Stop Game 弱気なカードは捨て去れ
  思いきって Stop the game Stop the game。。。
  Don't Stop それでも賭け続けなきゃならない
  人生を Don't stop dance Don't stop dance。。。」


 ・・・って歌詞が、妙に響いてくるのでした。。。
* Category : 月・星
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2010-01-19 (Tue)
 最近、星が大移動してる。。。

 昨日も、金星が水瓶座に。。。
 そして、木星がうお座に移動したそうです。。。

 この木星。。。
 幸運の星とか言われているそうなので、
 自分の星座にこの星が入ってきた年は、ラッキー♪
 なんて、よく聞きます。。。
 
 でもね。。。
 ホリエモンは蠍座なのだそうですが、彼が
 逮捕されたのは木星が蠍座に入っていた年。。。

 そして、木星が水瓶座に入っていた去年。。。
 水瓶座のノリピーは逮捕された。。。

 そんなお話もききました。。。

 
 私の太陽星座、射手座に木星が入っていた年。。。
 私はけっこう、ボロボロでした。。。(苦笑)
 アレルギーがひどくなっちゃったりして、
 外出するのも辛くて。。。
 精神的にもあの頃は、かなり混乱していた時だったなぁ。。。
 なんて思ったりもします。。。


 でも、今振り返ってみると、なるほどなぁ。。。って
 思うのです。。。

 「そう来たのかぁ。。。」って。。。(笑)


 木星がもたらす「幸せ」というのは。。。
 一筋縄ではいかない幸せなのかもしれないね。。。


 神様のやり方はホント、何に関しても
 いつもややこしい。。。(笑)


 魂が本当にやりたいことを自我に気づかせる為に、
 これでもか~って。。。
 「幸運な」その年は、一段と促してくるのかもしれない。。。


 だから。。。
 普段から、魂と自我が一致した生き方をしている人は
 何もかもがスムーズに運ぶように感じるのかも
 しれないけど。。。


 世の中。。。
 そんな人は少ないものです。。。


 みんな、いろいろと大変な思いを繰り返しながら
 成長していく。。。

 そして。。。
 それがこの世の醍醐味。。。だとも思う。。。



 辛い時ってね。。。
 私は意外と冷静でいられる。。。

 けれど逆に幸せな時、巻き込まれること多い。。。

 ついついその幸せに浸りきってしまうと、
 あとになってその振り返しがきたりするということ。。。
 いろいろ学びました。。。(苦笑)

 だから、木星がどんなことを促してきたとしても、
 中庸。。。

 やっぱりこれって大事だと、私は思うのでした。。。


 中庸を保ちながら、物語を楽しむこと。。。
* Category : 月・星
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2010-02-17 (Wed)
 月。。。
 というのは、母親から受け継いだ気質を表すことが
 あるらしい。。。と、先日書きましたが、これは
 言い換えると、どういう環境でどんな風に育てられたか。。。と。。。

 そんな風にも言えるんじゃないかなぁ?なんて
 思ったりもします。。。

 だってね、私と弟は同じ環境で同じ母に育てられたけど、
 月の星座は違うんだもの。。。

 だからこれは、母の気質。。。というよりも、
 育て方。。。もしくは、母の願望。。。
 理想像。。。と言われたほうが、しっくりくる。。。

 
 男の子。。。というのは思春期の頃、どんなに父親に
 反発していたとしても、年を重ねるごとになんだか、
 父親に似てきちゃったりするところあるよね。。。

 でもそれって、月にはあまり反映されない気がする。。。
 それは、外界に対してまとう衣装。。。
 着る服の好みが似てくる感じ。。。というか、なんというか。。。

 「感じ方」とか、「反応のしかた」とかそういうのは、
 男の子でも女の子でも。。。
 幼少期の。。。
 母親から受ける影響が、とても大きいような気が
 するのです。。。


 そんな。。。
 子供に対して影響力大のお母さんの気持ちが
 安定しているかどうかということに、
 お父さんがどんな人なのか。。。というのは
 かなり重要だと感じていて。。。
 夫婦の在り方がどんな形なのか。。。
 ということも、とても関わってくるなぁ。。。
 なんて感じています。。。


 主人は、私と同じ射手座なのですけれど、
 彼の月は、蟹座なんです。。。

 
 彼のね、家族にたいする愛情。。。というものは
 とても深くて。。。

 だから私は。。。
 彼のそういうところ、心の底で
 ありがたく思っていたのだけど。。。

 こういうのも、星が見事に表してるなぁ。。。って。。。
 感心してしまいます。。。


 蟹座。。。というのは、身内に対してとても
 愛情深いところがあるそうで。。。

 ただね、その反面、自分にとっての「身内」。。。
 それは何も肉親だけでなく、心を許した仲間とか、
 あとは魂の絆を強く感じる人とかも含むのだけど。。。

 そういった人達に対する愛情がとてもとても深い分、
 結構、そこから外れる人に対しては冷たい。。。
 というか、自分達以外の世界のものは
 受け付けないという、そんな、排他的に
 なるところもあったりするそうで。。。

 実は、主人にもこういうとこ。。。
 あったんですよ。。。

 主人は自分のこういうところ、私と
 出会うまでは、まったく気づいて
 いなかったみたいだけど、こういった
 自分の「月」の部分を自覚している人って、
 意外と少ないですね。。。

 他人からの方がよっぽど見えやすいような
 気がします。。。

 人って。。。
 一番見えないのは、他人のことより自分のこと。。。

 そんな気がしませんか。。。?


 お話戻しますが、今の主人は。。。
 そういった蟹座のネガティヴさもあまり出なくなったけど。。。
 それは私が、彼の内側の人になってしまったから
 そう感じるだけなのかな。。。?


 彼と付き合い始めたばかりの頃に、

 「なんだかこの人は、随分と
  身内びいきな人だなぁ。。。」

 と、よく感じたものです。。。
 そして、結婚してあちらの両親と同居をしたら、
 なぜ彼が、そういう性格に育ったのかというのが、
 ものすごくよく見えました。。。

 あぁ。。。
 この親にして、この子あり。。。だなぁ。。。って(笑)


 家族、身内、そして仲間。。。
 そういった場での絆が深ければ深いほど、
 よそから入ってきた人には辛いものもあって、
 あからさまに異邦人扱いされるよそ者も辛いけど、
 それよりも、そのままじゃあなた、あなたの
 世界がせまくなっちゃうでしょ。。。ってね。。。

 そんなことでも私は、彼に対してガンガン
 言ってきちゃったような気がしますが。。。(苦笑)


 私が彼にそこまで熱く語ってしまったのは。。。
 本当は。。。
 「羨ましさ」の裏返しだったのかもしれないけどね。。。


 そんなこともあったので。。。
 「月」。。。が、生まれたあとに培っていく部分を
 表している。。。と、私はどうしても感じて
 しまうのだけど、でもね。。。

 それが、生まれた時のホロスコープに、
 既に現われてるのって。。。不思議でしょ?(笑)


 そういうことなんですねぇ。。。
 きっと。。。

 親子の繋がりとか、夫婦の繋がりとか
 いろいろ。。。

 深いね。。。
* Category : 月・星
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2010-02-18 (Thu)
 娘の受験も無事済みましたので、
 先日、家族で久々に映画館に行ってきました。。。

 観てきたのは、「アバター」。。。

 あの青い人達、星の風景、雰囲気。。。
 
 どこかで観たことあるなぁ。。。みたいな感じがしたのですが、
 考えてみたら、ああいった感じのものは
 ゲームやアニメの世界でよく見ますね。。。

 ああいった印象というのは、人間の奥底にある何か。。。
 神話的なものと関係していたりしそうだな。。。と。。。

 そんな気がします。。。

 たしか、カエサルのガリア戦記だったと思うのですが、

 「ケルトの戦士達はとても大柄で、
  身体を青く塗っていて不気味。。。」

 みたいなことが書かれていてね、。。。
 それがあのパンドラ星の人達と、少しかぶりました。。。

 ケルトの人達には、まだ「星の記憶」が残っていたのかな?

 それと、パンドラの人達の身につけていたアクセサリー。。。
 あれがとても可愛くて素敵でした^^


 あの映画。。。
 3D映像は迫力がありましたが、物語自体は、
 私的にはあまりパッとしませんでした。。。

 相変わらずのよくあるパターン。。。

 「正義のために戦う!」

 ・・・という。。。

 誰の中にもある「火星」の力。。。
 それを、なんで人は、いつまでもこういう風にしか
 使えないのだろう。。。

 そうしないと、物語は動かせないの??

 ・・・って。。。

 そんなことをブツブツ言ってたら、息子に。。。

 「あのさ、映画ぐらい素直に観ようよ。。。」

 なんて、言われてしまいました(笑)


 昨日はオリンピックの男子フィギアを、
 うっとりと観ていたのですが、成功した人と
 失敗した人の明暗が見事に分かれてしまうのが、
 見ていてなんだか辛かったです。。。

 日本の選手がよい成績を残してくれることは
 もちろん嬉しいのだけれど、ジャンプに失敗して
 ガクッとなって落ち込む選手を観ていると、
 たとえそれが外国の選手だったとしても。。。

 「みんなこの日までに同じように頑張ってきたのにね。。。」

 ・・・と、とっても複雑な気持ちになってしまいます。。。


 まぁ、それが「競技」なのだから仕方ない。。。
 と言われたら、それまでだけどね。。。
 な~んか、割り切れないの。。。(苦笑)

 疲れる性格です。。。


 だから私はやっぱり、スポーツより。。。
 自分の世界に没頭できる、芸術の方が
 好きだなぁ。。。

 自分の火星は、自分で火をつけたいの。。。


 相手がいなければ。。。
 例えば人と競争したりとかね。。。
 そんな風にしないと自分の火星に
 火をつけられないというのは。。。
 やっぱりそういうのって、未熟だなぁ。。。ってね。。。

 私は。。。
 そんな風に思ってしまう人。。。

 そういう風に世界を眺めている人。。。


 もちろんこれも、人それぞれだと。。。
 そう思ってるけどね。。。


 ・・・と。。。
 こんな偉そうなこと書いたりしている私が。。。
 実は、まだまだなのだけど(笑)
* Category : 月・星
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2010-02-22 (Mon)
 昨日観たサラ・ブライトマンは、「木星」を歌っていましたが、
 今年はその木星が魚座に入っている年。。。

 そのせいなのか??「魚座」というものが、この頃やけに
 私の中でクローズアップされている。。。


 いろいろ振り返ってみると、私の周りには魚座の人が
 やたらと多かったような気がしていて、私は、そういう
 人達を大好きになるか大嫌いになるか。。。と。。。
 なんだか、両極端だったような気もしなくもなく。。。

 もちろん、一言に魚座。。。と言っても、
 太陽とか月とか、そのほかいろいろな星のサインが
 それぞれ違うのだから、みんながみんな、全員同じ。。。
 というわけではないのだけれど。。。

 なんとなくこの頃。。。
 「魚座の匂い」。。。というものが解ってきたような
 気がします。。。


 これからそのことについて少し書いてみようかな。。。
 なんて思ったのですが、これは私が勝手に感じたことで、
 私のフィルターを通してみて感じた「魚座」です。。。
 なので適当に。。。
 そんな風に感じる人もいるんだ。。。程度で。。。ね。。。(笑)


 小さな子供のころ、星占いの本の中に、
 「射手座のあなたと一番相性の悪い親は乙女座と魚座です。」
 と書かれていたのを読んで、かなりショックを受けたことは
 以前も書きました。。。

 だってね、私の父は乙女座で母は魚座なんだもの。。。^^;

 それを母に言ったら、なぜか猛烈に怒られて、子供の頃の
 私は、ワケも解らず混乱しましたが、今は、あの時なぜ
 母が怒ったのか。。。ということも、なんとな~く
 解るのですよねぇ。。。

 多分ね。。。
 母はショックだったのだろうと思うのです。。。

 星占いの本を見て私が受けたショックがプチショック
 だとしたら、母の受けたショックは隕石が落ちてきた
 くらいの衝撃だったのだろうと思います。。。


 そのくらい。。。
 射手座と魚座には「違い」がある。。。


 高校生くらいになった頃から、母と言い争うことが
 増えましたが、そんな時私が決まって言っていた台詞は。。。

 「もういい!
  お母さんと私は、根本的に違うみたいだから
  何を言っても解ってもらえない!」

 ・・・でね。
 それでいつもすねてしまって、あとは口をきかなくなる私。。。

 すねたらすねたで、「そうされてるとあんたのせいで周りの
 みんなの気分が悪くなるからやめなさい。。。」とダメ押しされ、
 傷口に塩を塗りこまれたような気分になる私。。。(笑)


 口論になって行き詰ってくると、母から出る決まり文句は。。。

 「あんたは我が強い。
  あんたは難しい。」

 で、それ以上は何を言っても聞く耳を持とうとしなくなる。。。

 あの頃の私には、形勢不利になった母の、逃げ口上に
 見えていたけれど。。。
 そう見えていながら、自分の心に、あれがかなり
 グサグサと突き刺さっていたのだなぁ。。。
 ということも、最近になって解ってきました。。。

 私は。。。
 月が乙女座のせいか。。。
 そういうところはきっと、母が思っている以上に、
 グサグサときたのかもしれません。。。


 「あんたたちの育て方を間違えたわ。。。」

 ・・・と、私本人に言う母に、死にたくなるほど
 傷つけられた。。。と感じた私でした。。。
 だってそのセリフって、まるで「私そのもの」を
 否定されているように。。。
 「私」には聞こえたから。。。

 けれど、魚座の母にしてみたら。。。
 それはきっと、こんな風に思っていたのだと思う。。。

 「私がもっとちゃんと育ててあげれば、
  あなたたちはこんな苦労しなくても済んだかも
  しれないのにね。。。」


 射手座の人がはしゃぎすぎて暴走した時、
 結構激しい冗談とか言い合ったりする時があるけど
 (主人と私ね。。。笑)
 私たちがほとんど気にも留めないような「些細なこと」を、
 母はかなり重大に受け止める。。。

 それは、魚座の娘も同じで。。。

 「それはちょっと。。。
  行きすぎなんじゃないの?」

 ・・・って感じるらしいです。。。

 けれど娘は、月が獅子座。。。
 射手座と同じ「火」の星座のせいか、
 「え・・・?」って思っても、どこかで
 それを受け入れることの出来る「余裕」を
 持っているの。。。

 母はなんと、月まで魚座なので、やっぱりその辺、
 娘とは違っていて、「激しさ」は「完全拒否」。。。(苦笑)

 太陽と月が揃っているから、母本人はもしかすると
 迷いとか葛藤とかそういうの。。。
 私に比べたら、ぜんぜん少なさそうだけど。。。



 魚座の人って。。。
 とにかく「優しい」。。。と、私は感じています。。。

 私にはかなり努力しないと出来ないこと。。。

 「他人のことを自分のことのように感じる」
 「他人を許す」

 ・・・ということが、いとも簡単に出来てしまうの。。。

 母と娘を見ていると、それをすごく感じる。。。
 

 努力しなくても、魚座の人にとっては、それが
 普通。。。みたいなところがあってね。。。

 他人のために自分を犠牲にすること。。。

 それって私にとっては、かなり覚悟がいることだけど、
 母や娘にとってはきっと、その1/10くらいの覚悟で
 出来てしまいそう。。。

 本質的?本能的な部分で、「個」よりも「場」を
 大事にするところがあるような。。。
 そんな感じがしてね。。。

 そのくらい、「自分自身」に対してのこだわりが
 弱いから、だから、母には私のことが。。。

 「我が強い」

 そう映るのかもしれないなぁ。。。ってね。。。

 そんな風に母を理解したら。。。
 なんだか、自分も楽になりました。。。

 自分を偽ってまで、場の安定を大事に。。。というのは、
 そういうの、実は私は苦手なのだけれど。。。(苦笑)

 でもねぇ。。。
 母のこと、理解していたつもりが、まだまだ
 理解しきれていなかった自分に、だんだん
 気づいてきたし、おかげで。。。
 自分自身も解き放たれてきたような。。。


 魚座については、もうひとつヒシヒシと感じている
 ものがあります。。。
 それは。。。

 「我がない。。。と見えるけれど、結構頑固で、
  意外と人を受け入れない。。。」

 ・・・ということ。。。(笑)


 それがどういうことなのか。。。ということは、また次回に書きます。。。
* Category : 月・星
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2010-02-23 (Tue)
 魚座について思うことを書くということ。。。

 それは私にとっても何かこう、自分自身の内側を覗いているような。。。
 そんな気分になってくる。。。

 射手座を太陽に持つ私にとって、魚座というものは、ちょうど
 90度の角度の位置にいるの。。。

 自分の真正面に立たれると、かなり観やすいけれど、ちょっとだけ
 威圧感がある。。。
 斜め45度くらいから話しかけられると、ちょうどいい感じ。。。
 けれど、真隣に座っている人のことは、なんだか見えづらい。。。

 魚座とは。。。
 私にとっては、なんだかそんな感じだった。。。


 昨日。。。

 「我がない。。。と見えるけれど、結構頑固で、
  意外と人を受け入れない。。。」

 ・・・と書いたけれど、そのことを一言で説明しようとすると
 うまく書けそうにないかも。。。^^;

 
 だから。。。
 たとえ話を連発するしかなくなるの。。。(苦笑)


 ある方にも。。。
 ちょうどメールでこんなお話をしたばかりです。。。


 母に対して昔から私が怒っていたことは、

 「言ってることと実際やってることが違うじゃない。」

 ・・・ということでした。。。


 たとえばそれは、こんなこと。。。

 やっぱり私がまだ子供の頃。。。
 母は母でいろいろ思うこともあったのでしょうね。。。
 ある日私にこういいました。。。

 「お母さんに何か悪いところがあったら、言ってね。」

 それからしばらくたった頃、それを鵜呑みにした私が、 
 「お母さんのこういうところ、よくないと思う。」
 ・・・と言ったら、やはり猛烈に怒られました^^;


 今の家に越してきて、私の両親と同居することになったのには、
 実はけっこうな事情があってね。。。
 これについても、いつか書けるときがきたら書こうと
 思っていますが。。。
 ただこの同居は、私の父も母も主人も私も子供達も。。。
 誰一人として望んでいなかった同居です。。。

 なのでこの同居が決まった時、母はかなり不安だった
 ようです。。。
 それは、父と私がぶつかり合うのではないか。。。と
 いう、そんな心配だったみたい。。。

 そんな時、母は言っていました。。。

 「こっちの家に来ても、自分の家だと思って、
  家事はあんたの好きにやっていいよ。」

 ・・・と。。。

 でも実際は何一つ好きに出来ない。。。(苦笑)

 何かあると母から決まって出てくるセリフは。。。

 「ここはお父さんの家なんだからね。」

 それをあえて父の前で言う母。。。
 そのたびにプチッとなる私。。。

 同居する前、私の家に来てさんざん父の悪口
 言ってたの誰だったっけ?。。。ってね。。。(笑)

 この家の中で、私にとって本当の自由はありません。。。
 自由そうに見えても、かなり不自由に感じていることは
 事実です。。。
 だから射手座の私は、時々死にそうになる。。。(苦笑)
 
 時々死にそうにはなるのだけれど。。。(笑)
 でも実際そのことは私にとって、そんなに重要では
 ありません。。。
 そこらへんはうまく他でガス抜きもしてるし。。。(笑)

 それよりも、本気でイヤだと思ったことは。。。

 母の「言っていることとやっていることの違い」。。。

 そこに腹が立っていたのです。。。

 口先では綺麗ごとを言っても、態を伴わないこと。。。
 それが私には、とってもずるく。。。
 弱く見えていたわけです。。。


 けれどね。。。
 だんだん解ってきたのですよ。。。

 「お母さんに悪いところがあったら言ってね。」と
 いうのも、「あなたの好きにしていいよ。」というのも、
 それは本当に、その時の彼女の心からの本心なのです。。。
 優しいのですよ、本当に。。。


 そういう優しさが、魚座の優しさ。。。


 でもね、うお座の人は「衝撃」に弱いの。。。
 そしてそういう時、感情に巻き込まれて大局が
 見えなくなってしまうのが、魚座。。。
 感情をコントロール出来ないのです。。。
 そして本人、それに気づいていない。。。(苦笑)

 何に一番衝撃を受けるか。。。というと、
 「自分を受け入れてもらえなかった時」。。。
 そういうのは、誰にでもあるけれどそれが
 魚座は、特に強そうで。。。混乱するみたいだね。。。

 「すべてはひとつ」

 ・・・という感覚がポジティヴに働いたり、
 時にはネガティヴに働いたりするように。。。
 そんな風に見えたりします。。。

 そこらへんに、「我が強くないのだけれど、
 案外受け入れられない。」と私が感じるところの
 エッセンスが隠されてそうな気がします。。。


 今までの私は。。。そこでも怒っていました。。。
 「なぜ、そんなに弱いの?」。。。と。。。
 私にはそれが、母の「甘さ」に映っていたのですよ。。。

 でもね。。。
 それを「甘さ」や「弱さ」と勝手に定義しているのは
 私であって、「私」ではない違うフィルターを通して
 みたら、「それ」はまた違うものになるのだということに。。。
 ある時、気づいたの。。。


 魚座の人がその感情をコントロールすることは、
 たとえば、射手座の私がそれをすることの、
 100倍くらいの努力が必要になってくるのだな。。。と。。。
 そんな風に感じます。。。

 私が魚座の人と同じように、人に優しくすることが
 困難なのと一緒なのです。。。


 この根本的な「違い」。。。というもの。。。
 昔から本能で感じてはいたけれど、その仕組みをしっかりと、
 思考にのぼらせるまでに。。。
 私はかなり時間がかかりました。。。

 それを一番助けてくれたのは、占星術です。。。


 人は生まれる時を選んで生まれてくる。。。

 その人が魚座に生まれたということは、魚座という
 「フィルター」をかぶって生まれることを選択した。。。と
 いうこと。。。

 衝撃に対する弱さや、感情に巻き込まれやすい。。。
 という、そういうフィルターを自ら選択して
 生まれた。。。ということです。。。
 そういった性質でなければ出来ない体験を、
 今生で必要としていたからなのでしょうね。。。

 
 占星術で自分を知る。。。
 人を知る。。。

 
 自分というものがハッキリ見えたその時、
 「自分とはこういうものなんだ。」と
 そこであぐらをかいてしまっては、止まってしまいますね。。。

 自分をしっかりと知って。。。
 自分にあったやり方で自分の弱いところを「愛」へと
 変換する努力をする。。。


 これはきっと。。。
 一生続きそう。。。


 だからこそ。。。
 長所だけでなく欠点も、神様からの「ギフト」なのですよね^^


 どんな星のフィルターをかぶったとしても。。。
 すべてはみんな「愛」を思い出すために。。。だよね^^
* Category : 月・星
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2010-02-24 (Wed)
 私のホロスコープを見てみると、魚座には星が
 あまりないのですが、ちょっと面白いところに
 魚座を持っていてね。。。

 それは、「リリト」です。。。

 リリトとは。。。
 本からの抜粋です。。。


 バビロニアに占星術が生まれた頃の遠い昔から、占星術師たちの
 間では、天空に輝く月のほかに、目に見えない第2の月があると
 信じられてきました。

 それが幻の月「リリト」です。

 占星術では、月は心の象徴とされますが、目に見えない幻の月
 「リリト」は、ふだん、私達が意識していないもうひとつの
 意識、つまり心の奥底に眠ったままで、しかもあなたの心に
 影響を与えている、前世での生涯の記憶を象徴していると
 考えられているのです。
 「リリト」を知ることで、もうひとりのあなたに出会ってみて
 ください。

 ~正統西洋占星術大全より~



 リリトとはつまり、「Lilith」のことですが、占星術上では
 「リリス」はもうすでに使われていて、それは月の軌道が
 地球からもっとも遠ざかる遠地点で表され、それが抑圧された
 願望のうちでも特に、セックス、情欲といったものに関係した
 部分を調べることが出来るもの。。。とされているようです。。。

 なので、前世にかかわるほうの「Lilith」はそちらのリリスと
 区別するために、「リリト」と表記した。。。と、
 秋月さやかさんが書かれていました。。。
 そしてこの「リリト占星術」というものは、かなりマイナー
 みたいなのですよね。。。^^;

 私はまだまだ素人なので、このリリトをどうやって
 割り出すのかはよく解らないのですが、とにかく、
 表を見てみると、私のリリトは、魚座になるようなのでした。。。


 さて。。。
 魚座のリリトを持つ人は、どんな前世を持つ人か。。。というと、
 本によると、こうです。。。


 魚座のリリト、それはあなたが前世で不自由な人生、束縛された
 生涯を送り、その心の中にはもっと人生を楽しく過ごしたかった。。。
 という無念の思いが残されていることを意味します。

 もしかしたら生まれながらに病弱で、そのため外の世界に強い
 憧れを抱いていたのかも。

 あるいは家を継ぐために将来の夢をあきらめ、その思いをずっと
 持ち続けていたのかもしれません。
 また、神にその身を捧げながら、一方では俗世界への執着を
 断ち切れずにその生涯を終えた人もいることでしょう。。。

 そのため、現世でのあなたの心の中には今度こそ人生を
 思いきり楽しみたい、という強い願いが隠されています。
 


 ・・・と、これを初めて読んだとき、私は思わずゾッとして
 しまいました。。。(苦笑)


 前世体験CDで観た物語は3つある。。。と以前書きましたが、
 その3つには共通したテーマがあったように、私は
 感じていたのです。。。

 それは。。。

 「本当は自分はこうしたかった。。。
  それは、本当はやりたくなかった。。。
  けれど、周りのことを考えて我慢して。。。
  そして周りの言うとおりにした。。。
  それが、自分の使命だと思っていたし、
  それが自分の喜びでもあった。。。」

 そんな感じ。。。

 言われてみれば、なんとなく、魚座っぽいよね。。。(苦笑)


 前世というものがあると仮定したとき。。。
 それがたった3つだったということは、ありえないと
 思うのです。。。

 それなのに、今生で私が見た物語がその3つだったということは、
 それらが今の私の人生に、かなり深い影響を与えている。。。
 今の私に必要な記憶だからだと。。。私は思うのですね。。。

 それが、魚座のエネルギー。。。

 前世。。。という言葉を使わないとしたら、それはきっと。。。
 今の私の深層心理。。。というか、深い深いところに
 眠っているエネルギーです。。。きっと。。。


 振り返ってみればね、私は今まで。。。
 重要な決断をしなくてはいけないところに限って、
 周りの意見を聞いてしまう。。。という傾向があって。。。

 普段は人の言うこと聞かないくせにね。。。(苦笑)
 ここ一番。。。という時に限ってなぜか、そうして
 しまって。。。
 そしてそれが後悔となって残るのです。。。

 解りやすいひとつの例は。。。結婚式。。。

 私はウェディングドレスを着て、チャペルでやりたかったの。。。
 それが、子供の頃からの夢でした。。。
 でもね、あの時、私はなぜか主人の両親の気持ちを考えてしまって、
 主人の家の薦める式場で、白無垢で神前式でいいよ。。。と、
 自ら言ってしまったの。。。
 その方が、あちらの両親が喜ぶだろうと。。。
 そう思ってしまったのです。。。

 女性にとって、自分の結婚式ってかなり重要だと
 思うのだけれど、なんだか、主張出来なかったんだよね。。。


 もし「今の私」の太陽とか月が魚座だったとしたら、
 きっと「ま、いっか」。。。と、心から思えたのだと思います。。。

 でも、今の私は魚座ではない。。。(苦笑)

 だからね、そんな些細なことがずっと後悔となって
 残ってしまうのでした。。。
 なんであそこで自分を貫かなかったんだろう。。。ってね。。。

 それを「人のせい」にしていたら、私はきっと、
 もっと悲惨な思いで過ごさなければいけなかっただろうけれど、
 どうやらそのあたりはもう、クリアしているみたい。。。


 こんな感じで。。。
 前世からの「癖」が、たまに今もチラチラと出てしまう
 ようなのだけれど、でも今もまたそれに引きづられて、
 今回もそこを変えずにいたら、今生、なんのために
 射手座に生まれてきたのか。。。
 ・・・ってね。。。

 この頃、そんな風に思うのでした。。。


 あの前世CDの中で見た自分。。。
 その時の感情、感覚。。。

 そういったものを感じてみると。。。
 魚座の人の感覚が、少しは実感として理解出来るのかな??

 なんて思ったりしたのでした。。。
* Category : 月・星
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2010-03-08 (Mon)
 占星術を少しづつ勉強するようになって。。。
 それでもまだ思うことは。。。

 その時の流れは。。。
 すぐに星を見て判断したくない。。。

 ・・・ということで。。。
 
 未だに、「今月の運勢」とか「今年はこういう年になる」
 みたいなものを読むと、拒否反応を示す自分がいる。。。(苦笑)


 この拒否反応も。。。
 時期がきたら。。。消えるのかな?



 もともと。。。
 まず体験あって、自分で感じ考え。。。
 それをあとから本で確認して納得。。。
 というパターンが多かった私ですので。。。

 最初に、「知識」から入っていくことには。。。
 どうもどこかで抵抗感があってね。。。


 自分のネイタルチャートを見て、確認していく作業は
 楽しいけど。。。
 それも「今」だからであって。。。

 最初からチャートを見て、それで納得してしまって
 いたら。。。
 ちょっとつまらなかっただろうな。。。

 なんてどこかでそう思っている自分がいるのです。。。


 星のメッセージを素直に受け取って、それに従って
 行動すれば、スムーズにはなると思うけど。。。

 ドラマが減ってしまうような気がしてね。。。

 
 いろんなドラマが起こる中、それを経験しながら。。。
 感覚で。。。

 「あぁ、今はこういう流れなんだ。。。」

 ・・・と感じていたいんだなぁ。。。私はきっと。。。


 数年前、数ヶ月前のチャートを、今になってから
 確認して、自分の中で答えあわせをする。。。


 あぁ、あの時はやっぱり。。。
 こういう時だったんだね。。。と。。。


 そういうのが。。。
 結構楽しい。。。


 当時、自分が感じていたこと。。。
 それがあっていたんだな。。。と実感すると、
 だんだんと、自分の感覚。。。というものに
 自信が持ててきたりして。。。


 余計に冴えてくる。。。??


 ような。。。気がする。。。(笑)


 占星術は。。。

 政経占星術、時変占星術、気象占星術、占星医学、心理占星術、
 正統人事占星術などなど。。。

 いろいろ分類出来るそうです。。。
 やっぱり基本。。。というものはあるけど。。。

 なので、一言で占星術。。。と言っても、
 どんな占星術に興味を持つか。。。というのは
 人それぞれなのかもですね^^
* Category : 月・星
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2010-04-08 (Thu)
 201004080849305c3.jpg


 今日、土星が乙女座に戻ってきますね。。。
 この土星、また数ヶ月、乙女座にいるようです。。。

 私は月が乙女座なので、きっとまた、いろいろ
 関わってくるのでしょうねぇ。。。


 なんとなく。。。
 どんな感じになりそうなのかは、予想がつくけどね~(泣笑)
 もうすでに2、3日前から、空気が変わりかけている
 感じはしてたし。。。



 数年前、お友達のお父さんが亡くなり、そのあとすぐに
 お母さんも、お父さんの後を追うようにお亡くなりになったの。。。
 彼女はもう何年も前にお姉さんも亡くされていてね。。。

 結婚してるから、まるっきり一人ぼっち。。。という
 わけではないけど、でも、立て続けにご両親を亡くされて
 いろいろバタバタしただろうし、彼女はさぞガックリ
 きていることだろうな。。。なんて思っていました。。。


 でも、落ち着いた頃久々に彼女に会ったら。。。
 ものすごく生き生きしていてびっくりしました。。。


 それまでは、どこか引っ込み思案なところがあった
 彼女が、なんだか堂々としていて。。。
 親が残した会社のこととかで、いろいろ忙しくて大変。。。
 なんて口では言っていたけど、ものすごく楽しそうだった。。。


 親を亡くして悲しんでいるのかと思ったら。。。
 なんかね。。。心からホッとしてるという印象を
 受けたの。。。

 あの時。。。
 あまりに解き放たれていた彼女を見て私は。。。
 いろいろ考えちゃったよ。。。


 「親」って一体何なのだろう???ってね。。。



 思い出になった時は。。。
 嫌なことは忘れ去って、綺麗な思い出だけをいっぱい
 思い出すのかもしれない。。。

 その時。。。
 心の底からの感謝の気持ちと同時に、ああすればよかった、
 こうすればよかった。。。っていう
 後悔も生まれるのかもしれないけど。。。


 親孝行。。。
 したいときには親はナシ。。。


 なんて、よく言うけどね。。。


 その時そういう後悔をしないように。。。って
 今から考えて、一生懸命自分の思いを変えようとしても
 それは「無理」だよね。。。

 「出来ない」という無理ではなくて。。。
 自分に無理をさせている。。。という意味の「無理」。。。


 いろいろ無理してみたこともあったけど。。。

 無理しても、結局、いいことってない。。。

 ・・・というのが、私の結論。。。


 ありがとう。。。という感謝の気持ちは、
 無理に形だけ作ってもその時一瞬変わるだけで、
 すぐ消滅してしまう。。。
 長続きしない。。。

 表面的にだけ良くしていくことは、簡単だけど。。。
 なんか。。。
 そんな単純なものではないな。。。と、やっぱり思う。。。



 こっちの家に越してきてからのこの重い気持ち。。。
 結婚してから今までの、長い長い間の大変だった
 こといろいろの。。。
 最後の総仕上げのような気がするこれを。。。


 早くスッキリさせたいなぁ~~(泣笑)



 韓国の彼女も乙女座。。。
 父も乙女座。。。

 私の周りには乙女座の人いっぱい。。。

 そして、乙女座と真逆に位置するうお座の人もね~


 運命に。。。
 流れに。。。
 大いなるものに感謝すること。。。

 どんなことが起きたとしても、深い深いところで
 安心と喜びを感じ続けていること。。。

 私にとっては、こっちの方がよっぽど簡単だ。。。

 魂の部分で親に感謝すること。。。
 こっちの方が簡単。。。


 でも。。。


 夢の登場人物としての私が、その夢に登場するものたちに
 対して、夢の物語の中で感謝すること。。。


 これは、なかなか難しいことね。。。



 難しいからこそ。。。
 神様は。。。
 チャレンジしたくなったのかもだけど。。。
* Category : 月・星
* Comment : (0) * Trackback : (-) |