25,2006 『不思議の国のアリス』と『リリス』 READ MORE

welcome-image-photo
 会社のおじさんがポンッと肩を叩きながら「今日も洋服似合ってますね~」 なんて言いながらニコニコしていました。 このおじさん、いつも顔を合わせるたびに「お!今日の髪型いいね~」とか 「いつも素敵だね!」とかなんとかそんなことばっかり言ってるのです。。  今から何年も前の。。まだ若いOLだった頃は、おじさんにこういう言葉を かけられると、とってもイヤな気分になったりしたものですが(苦笑)  最近では...
 帝政ロシア末期のロマノフ王朝時代、宮廷に君臨していた謎の僧侶がいました。 「暗黒の勢力」とも呼ばれていたこの人は、 「グリゴーリ・イェヒモビチ・ラスプーチン」 といいます。  ラスプーチンはシベリアの貧しい農家の出身だったそうで、きちんとした 学校教育などは受けていなかったそうですが、とても優れた知力を 持っていたそうです。  彼が20歳の時、突然「巡礼の旅に出る」と言いだし、彼の父親と妻を残し...
 通っていた高校はキリスト教の学校だったので、いろいろな所から 牧師さんやクリスチャン関係の人を招いては、お話をきく機会が しょっちゅうありました。 あとは、週に2,3回くらい聖書の授業がありましたが、 その先生もクリスチャンでした。  学生時代の3年間、「隣人を愛しなさい。」「奉仕しなさい。」ということを 言われ続けました。そして教会へ奉仕に、半ば強制的に行かされていました。  当時の私は、こう...
 昔、夢中になっていて、ライヴ通いをしていたのが中川勝彦さんという 歌手がいました。。 一部マニアックなファンはいましたが(私達みたいな)世間一般では あんまり有名ではなかったかな。。 でも、実は角川映画の「ねらわれた学園」とか「転校生」に出ていたりするんです。。 あとは、1986年の日テレの年末時代劇「白虎隊」では沖田総司役で出演されていましたが、 これがもうハマってるのハマっていないのって。。もう...
 一昨日の夜、娘が見たそうです。 洗面所でひとりで歯を磨いていた時だそうです。ドアを開けっぱなしに していたため、そのドアで廊下をふさぐ形になっていたので、そこを通るには そのドアをいったん閉めなければ誰も通れないはずだったそうです。  それなのに、急に自分にそっくりの女の子がそこを音もなく走り去って いったそうです。。ドアも動かさずに。。  昨日、その話を娘から聞きました。「なんですぐに教えてく...
 色って不思議です。。 ゲーテの「色彩論」という本を、以前に買ってみたのですが、 全然読んでいなくてそのままで。。。^^; なんとなく流れ的にちょっと読んでみようかなぁ。。という気に、 今なっています。 色彩論 (ちくま学芸文庫)(2001/03)J.W.V. ゲーテ商品詳細を見る 先日ボ~ッと考えていた事があったのですが、自分でも苦笑いしてしまうくらい、 あまりにもバカバカしい考え。。。  色。。私は赤はこういう...
 やっと「ユダの福音書を追え」読み終わりました。 ユダの福音書を追え(2006/04/29)ハーバート・クロスニー商品詳細を見る この本を読み終わってちょっと考えが変わったかもしれません。 ナグ・ハマディ文書とか死海文書とか。。あとはユダの福音書の原典とか。。 読まなくては!!という気があんまり起きなくなってしまいました。 聖書はちょっとアレンジが加わった歴史物語としてはおもしろそうですが。。  この本は原典...
 今日、また変な夢をみました。 忘れないようにメモメモ。。  足元に草が生えていました。目の前は海? いえ、どちらかというと湖かもしれません。 遠くの方になにやら白っぽい建物が見えます。 この風景をちょっとの間だまって見ていただけでした。  突然、変な言葉が聞こえた?イメージ?自分で言った? よくわからないけれど。。 「アーマ・デイトライ」 その言葉のあと、突然目の前は真っ赤になってしまいました。...
 まだ読み始めたばかりなのでなんとも言えないところですが、 ゲーテ本人はかの有名な「ファウスト」よりも「色彩論」のほうが重要だ。。 と思っていたそうです。 少し抜粋してみます。 そこでわれわれは光を既知のものとして前提にしたが、ここでは 眼についても同様のことをしたい。<中略> 自然の全体は色彩を通して眼という感覚に自己を啓示する。  でも、そのあとゲーテは、「眼は形を見ない」とも言っているのです...
 記憶に関する偶然の一致がここまで続くと、いくら懐疑的な私でも 「う~~ん。。」と思ってしまいます。 懐疑的。。と言っても、みなさんのお話を疑っているというのではなく、 この「自分の思いこみかもしれない。。と思っていたものが、一致してしまう。。 それも一度やニ度ではない。。」という現象に対してです。 どこかでそれをそのまま丸ごと受け入れてしまうことに、まだなんとなく 抵抗を感じている自分がいて、そ...
 またまたWMフォーラムの書き込みからの転写。。2005年7月28日 ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~ 先日「グレゴリオ聖歌には、ハートチャクラを開く力がある」 というお話があったのを思い出して、うちにあるグレゴリオ聖歌の CDを引っ張り出してきて聴いていました。 グレゴリオ聖歌(2001/12/29)サン・ピエール・ド・ソレーム修道院聖歌隊商品詳細を見る ご興味のある方は。。...
 先日の記事で書いた娘の生活科バッグの不思議体験。。 今日もう1回詳しく聞いてみたら微妙に違っていたところと、 私が忘れていたところがあったので訂正します^^;  今日の娘の証言によると、一人で部屋に行くと、そこはおもちゃやら 何やらでものすごく散らかっていて、これを片付けなくてはいけないのか。。 と思ったら、「うわ~~、これどうすればいいの~~」とプチパニックに なったそうです。 その時、ピカッ...
 夜ごはんの時に、私も懲りずに^^; またもや子供達相手に変な質問をしていました。  私「ブロッコリーって何色?」 娘&息子「緑!」 私「緑ってどんな色?」 娘&息子「ブロッコリーの色。」  こんな感じでレモンは?黄色。。黄色って?レモンの色。。 みたいに冗談でずっとやっていたら、隣で主人がホトホトあきれた顔で 「ねえ、何やってるの?」と一言。。。  「だってさ。。パパの見ている色と私の見ている色...
 今日は朝からバタバタスケジュールでしたが、やっと 「ダ・ヴィンチ・コード」を観てきました。。 ダ・ヴィンチ・コード (1枚組) [DVD](2011/02/23)トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ 他商品詳細を見る 前々からの噂のように、やっぱり2時間半の中に無理矢理つめ込んだ感ありで、 なんていうのかこう余韻に浸る間もなく次から次へ。。という感じでした。 ルーブル美術館の中は、え。。これだけ??というくらい少なかったし...
 ゲーテの色彩論から。。 色彩論 (ちくま学芸文庫)(2001/03)J.W.V. ゲーテ商品詳細を見る 以前、「眼は内なる光が外の光に向かって現れ出たもの」「眼が太陽のようで なければ、光を見ることはできない」という事を書きましたが、 今日読んだところでは、「(ゲーテが生理的色彩と名付けた)色彩は、 視覚のそれ自体の内部における、また外部に対する活発な交互作用を 指し示しているのである。」とありました。  おもし...
 ラピスは、私の誕生石です。 ターコイズもそうだとは知っていましたが、ウィキペディアではブルートパーズや ジルコンも誕生石になっていました。 ジルコンって何だろう?と思ったらジルコニアの事みたいでした。 この際だからとちょっと調べてみたら、ジルコンは「水晶と同じく、 オールラウンドな治療石」とか「ダイヤモンドのもつエネルギー吸収の働きと、 水晶の持つエネルギー発散の力の両方を持つ。」「吸収し、保ち...
 不思議の国のアリス(2005/12)ルイス キャロル商品詳細を見る アリスの物語は有名ですからお話は知っていましたが、こうして本を読んでみると なんだかいろいろ深いのです。 読んでいて「う~~ん。。」と思ってしまうところが多々あります。  作者のルイス・キャロルは、本名チャールズ・ラトウィッジ・ドジソン(ドッドソン) という、オックスフォード大学の数学講師だっだそうで、一生独身のまま 「クライスト・チャー...
 まだ私が幼稚園生か、小学校にあがりたてくらいの頃のお話です。。 母の用事で一緒に外出すると、その用事が済むまで私はよく、 公園やおもちゃ屋さん、本屋さんなどで待っていたりしました。 あの頃は今よりのんびりしていたんですよね。。 今のご時世、小さい子供をひとりどこかに置いて買い物なんて、 とても心配で出来ませんものね(泣)  私はおもちゃ屋さんで母を待つ間、決まって直行するお気に入りのおもちゃがあ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。