03,2008 神様と巨石 READ MORE

 03,2008 ケルトの他界思想 READ MORE

 03,2008 ラヴスプーン READ MORE

 03,2008 レッドドラゴン READ MORE

 09,2008 クリスマスページェント READ MORE

welcome-image-photo
 昨日の研修会で出たお話です。。。 ジャーマン・カモミールは牛乳と相性がよくて、ミルクティーなどに するととてもおいしく、夜、ぐっすり眠れたりします。。。 ・・・というのは、よく聞くお話だけど、昨日の先生は、カモミールで ババロアとか、レア・チーズケーキを作るとおいしいって おっしゃってました。。。 なるほど!です。。。 牛乳と相性がいいのだから、そうだよねぇ。。。 想像しただけで、おいしそうです...
 まず、今のウィッカは、ジェラルド・ガードナーが古代から続く古い宗教や、 黄金の夜明け系の儀式魔術的なものなどをいろいろと混ぜ合わせて興した、 いわゆる新興宗教だということが解りました。。。 時代的に、フェミニズム運動ともかなり関わりが深い感じがする。。。 そしてウィッカの実践の中には違和感を感じるものもいくつかあったので、 そういったものを一つ一つ取り除いていくと、どうも、ケルトのドルイド教の中...
 聖ロナンのお話やイスの伝説を読むと、ケルトの歴史や宗教に興味のある 方なら、なるほどぉ。。。と、思われるかもしれません。。。 ケルト人達の元々の宗教は、ドルイド教です。 アニミズムの精神と、そして、人は死んだら他界へ行きそこで新たな生が 始まる。。。 魂の不滅を信じる輪廻転生の思想。。。 キリスト教の思想とは、ある意味対立しています。。。 キリスト教は、魔女のお話でも触れたように、歴史の中、太古...
 ウェールズに行くと、お土産屋さんに必ず並んでいる工芸品があるそうです。  それが「ラヴスプーン」 これは、男性が心を寄せる女性への求愛の証にプレゼントするもので、 17世紀以降、ウェールズの風習のひとつになっているそうです。 もともと長い冬場、農夫が退屈しのぎの娯楽として木でスプーンをつくり、 それで肉汁をすすっていたりしたのが、いつしかハート、ベル、 ケルト十字架、花びら、輪、キーなどのデザイ...
 ウェールズの国旗は、上半分が白、下半分が緑でそのツートンカラーの地に ヤリのようなとがった舌を出して、クルンと一重に巻いた尾尻を持って、そして コウモリのような羽をつけた、四足の真っ赤なドラゴンが左を向いて歩いてます。。。 本に、この旗の由来について、おもしろいお話が載っていたので抜粋します^^  ドラゴンの名は、ギリシア語でヘビを意味するドラコン(dorakon)がルーツだと 言われている。ドラゴン...
 ~角のある神についてのメモ~  ●ケルヌンノス   *ケルトでパン神に当たる神は、ケルヌンノスであり、この名前は    「角のある者」を意味する。   *ケルヌンノスに捧げられた祭壇が、現在のノートルダム寺院がある    場所の下で発見された。   *デンマークの泥炭地で、1891年に発見された「グンデストロップの大釜」    と呼ばれる素晴らしい銀の釜(BC2~BC1世紀頃のもの)。。。    そこに...
 ヴァリアンテの本では、「魔女の倫理」について語っています。 ウィッチクラフトを未だに悪魔崇拝だと決めつけている人もいるかも しれません。。。 でも、悪魔という概念は、キリスト教が生み出した産物で、 悪魔を崇拝するには、悪魔を信仰していなくてはいけなくて。。。 なので、悪魔崇拝者は、実はキリスト教徒なのだ。。。 ・・・と、彼女は言っています。 これは、私の個人的な考えですが。。。 長い間、悪魔とい...
 月神降臨 (魔女たちの世紀 (4))(2003/11)マーゴット・アドラー、秋端 勉 他商品詳細を見る 本より抜粋 わたしは臆面もなくユング派であるから、精神と人格は心霊的大海のなかの 小島のようなものだと見なしている。われわれ自身として知覚されるもの すなわち意識と意志は、海面上に突出した島の部分となる。 突端や周縁部、高さや輪郭がかなり明確であるが、周囲の大海の干潮や 並みの具合で多少差異がでる。。。 この水...
 先日のアロマ検定も、合格しました 今回も。。。 嘘かと思われるかもしれないけど、ハーブ検定の合格の時と同じ現象が。。。 予知能力。。。っていうと大げさだけど、こういうのは、やっぱり ありなんですね。。。 ハーブ検定の結果が来た時、ある方が 「その感じを覚えておくといいですよ。。。」 ・・・って教えてくれたの。。。  今日も同じ感覚だったからポストに見にいったら、やっぱり結果が 来てました。。。 ...
 ちょうど一年前くらいに聞いたお話かな。。。 お世話になった松本先生に、先生の師匠にあたられる、ユダヤ人の カバラマスター、シモン・ハレヴィさんのお話を伺いました。。。 シモンさんのカバラや占星術の本は、日本でも数冊出ていて、その 翻訳を松本先生がされています。。。 シモンさんのカバラは、正統なユダヤ系のカバラで。。。 オーラ・ソーマとか、あとは、ゴールデン・ドーンのカバラとは微妙に 雰囲気が違う...
 ここ一週間の店長を見ていて思ったこと。。。 「ご機嫌だ。。。」 また今週も、彼についていろいろ考えましたが。。。^^; やっぱり、人って。。。 誰かに理解してもらいたいものなのだなぁ。。。ってね、 そんな風に思いました。。。 彼がやってること。。。 たとえそれが、周りから見て何か違うんじゃない?という方向に 走っていってしまっていても。。。 例えば、思いきり感情に巻き込まれているなぁ。。。と感じ...
 誰かと何かを話していて、胸のあたりに 「詰まり」 ・・・のようなものを感じるときがよくあります。。。 この詰まりを感じない人と話している時って、表面上で何を話して いようと、なんだかスッキリ気持ちがいいのです。。。 たとえケンカしててもね。。。(笑)  誰と話していても、100%、この詰まりを感じない人なんて 多分いないのだろうけど、それでも、この。。。 「スムーズさ」をたくさん感じる人と話して...
 ある方の日記を読んで、いろいろ思いめぐらせていました。。。 今の家に越してきてから。。。 私は、あまりお料理をしてません。。。  前の家にいた頃は、当たり前だけど自分で献立を考えて 自分の好みのものを作れたけど、今の家では、そういった 自由がききません。。。 「毎日お料理をしなくてすむなんて、楽でいいね~」 なんてママ友だちは言うけどね。。。^^; でも、それはそれで、また違った悩みもあったりし...
 今朝。。。 久々に、きちんとした?ルーン占いをしました。。。 ルーンは、毎日使っているのだけど、ちゃんとスプレッドを作って占う。。。 というのは、私はあんまりやらないの。。。 いつもオラクル的。。。 ルーンと私の相性はいいみたいで。。。 だから、ルーンがしっかり答えを示してくれるのは、もう重々 解っているのだけど。。。 やっぱり。。。 占い師になろうとは思えない私。。。 ルーンを教えてくれた先生...
 ある方と。。。 「PTSD」のことについてお話していて。。。 昔のことを思い出しました。。。 学生の時、クラスメートだった彼女は、一見どこも変わったところのない 普通の子だったのだけど。。。 なんて言うか。。。説明が難しいのですが、その子の雰囲気のせい なのかな。。。なんとなくみんな、どこか彼女によそよそしく、 女子はグループを作る。。。という、変な習性があったのですが(苦笑) その子は、どのグルー...
 私の通っていた学校は、ミッションスクールだったので、 この季節になると、行事が目白押しでした。。。 聖書の授業とかは大嫌いだった私でしたが、クリスマスのこういった 行事だけは、毎年、とっても楽しみにしてたっけ。。。 中でも、「クリスマスページェント」。。。は盛大でした。。。 その日は、校内のチャペルのライトは落とされて、一人一人に キャンドルを渡されるの。。。 聖書と讃美歌の本。。。そして、キャ...
 母は昔、滝行に行ったりとか、毎朝般若心経を唱えたりとか、 その他にもいろいろしてました。。。 今はそういうの、もうあまりやってないみたい。。。 ある時、母は言ってました。。。 「結局はね。。。解らないのよ。。。」 母のこの言葉。。。 ある意味、真理だなぁ。。。と思います。。。 けれど。。。 ある時期、これが「諦め」とか「逃げ」に聞こえてしまうことが あるのだなぁ。。。ということも、なんとなく解り...
 ハーブでポプリを作りたい。。。と思ってはいるのですが、 いろいろと他にやることがあって、なかなか手がまわらない。。。 やっぱり。。。 ドライフラワーから自分で作りたいし。。。 レシピを見ていたら、ポプリに使う保留材には、クローブとか ベンゾイン、それにラベンダーなんかもありましたが、やはり 一番多かったのは、オリスルートでした。。。 オリスルートは、アヤメ科イリス(アイリス)属の、ニオイアヤメの...
 最近、いつもブログにケルティックウーマンのクリスマスライヴの 画像を貼り付けていたら、なんだかもっと綺麗な画面で観たく なってきたので、ついDVDを出してきて観ていました。。。 クリスマス・セレブレーション~ライヴ・フロム・ダブリン [DVD](2007/11/14)ケルティック・ウーマン商品詳細を見る それを観たら。。。やっと、ひとつの謎が解けたんですよねぇ。。。 謎って言ったら、大げさだけどね。。。(笑)  この...
 昨日の夜、寝る時に子供達とお話してました。。。 その時、ふと思い出したこと。。。 息子が生まれたばかりの頃ね、赤ちゃんにはありがちなのだけど 頭に脂漏性湿疹がたくさん出来ちゃって。。。 でね、ホントはあまりよくないのだけど。。。夜中の授乳中とか、 ついつい私は、それを剥がしちゃったりしてたんです^^; そうしたら、頭の産毛まで一緒に抜けちゃって、息子は一時期、 ハゲになってしまったの^^;;;;...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。