個別記事の管理2009-10-26 (Mon)
 昨日の先生の何気ないお話から。。。
 いろいろと思いめぐらせていました。。。


 私は子供の頃から本当に無意識に、無邪気に。。。
 人の一番触れられたくない痛いところ。。。
 下手をしたら、その本人さえも気づいていなかった
 ような部分を突いてしまう。。。なんてことがよくあって。。。

 だから、小さい頃はなぜ相手が怒りはじめるのかが
 理解できなくて混乱したりもしたのですが。。。
 いろいろと経験を重ねるうちに、自分のそういった
 長所なのだか短所なのだか解らない部分に気づく
 ようになり、いろいろと理解するようになりました。。。

 なので、大人になってからは、そういったことは
 極力言わないように気を遣うようになりましたが、
 時には覚悟した上で、あえて言う時もあってね。。。

 そういう時は大抵、人間関係が崩れますので。。。
 ここは。。。という時にしか言いませんけど。。。


 
 このブログは最初、「光のシェラザード」というタイトルでしたが、
 ある時から「リリス」に変更しました。。。

 リリス。。。って、少しダークなイメージがあったりしますが、
 私は好きなのです。。。

 瞑想している時に、リリス。。。と名乗る存在が出てくることが
 何度かありました。。。
 最近は少し、瞑想サボリ気味なので会ってませんが。。。

 あれが単なる妄想だったのかどうか。。。
 それはいまひとつよく解りませんが、
 でも本音を言えば。。。
 私はあの存在はリリスだったのだろうなぁ。。。と、
 実はどこかで信じていたりもするのです。。。


 リリスは、たとえばテレサさんの妖精バイブルの中では。。。


 何世紀ものあいだ、文化的に受け入れ難いことを
 体現してきたリリスは、魔物と考えられてきました。
 つまり、リリスは独立した女性だったのです。

 <中略>

 リリスは、一筋縄ではいきません。
 きちんと土をならして整えた花壇を掘り返し、その下に
 うごめく虫を白日のもとの晒すのが得意です。

 リリスのもたらす知識を最初は不快に思うかもしれませんが、
 それを知ることで人はより強くなれます。
 
 眠りに落ちる瞬間にリリスのささやきを聞いても、
 恐れてはいけません。
 その声に耳をすまし、敬意を払いましょう。

 そうすればリリスは、建設的な言葉をかけてくれ、
 独創性を授けてくれるでしょう。。。



 ・・・と書かれていたり、リリスのタリスマンを買ったお店の
 サイトでは。。。


 リリスの、自由や理想現実化のエネルギーを保有する。
 リリスの伝説的なシンボルは、女性の統一。
 フェミニスト文化はリリスを女性の平等、選択の自由、
 表現の自由の象徴に採用しました。
 そして、多くの神話では、伝説的な素晴らしい女性だと
 語られていましたが、性的な自由を持つことについては、
 リリスはダークサイドと言われていました。
 リリスはアダムの初の妻であったと言われています。
 そして、リリスは卑屈なパートナーであることを拒否しました。
 リリスはエデンの園から逃げて、デーモンと魔女として
 民間伝承が残ることとなりました。
 リリスは残念ながら、その自由さと奔放さが誰からも
 受け入れられるということはないのです。
 時として怖がられてしまいます。
 しかし予測できない行動と、誰もが考え付かない発想
 そして実現力は、彼女の一番の魅力です。



 なんて紹介されていてね。。。


 なんだか、本来の私というものは、こういうリリス的な部分が
 かなり強い人なのかもしれないなぁ。。。と、この頃とても思うのです。。。


 リリスのタリスマンを身につけるようになったせいなのか。。。(苦笑)
 自分の中のこういった部分が、どんどん活性化されていく
 ような気がしてなりません。。。

 流れも。。。
 それを促すのです。。。

 ・・・というのは、最近、両親との間があまりよくないのですけれど。。。
 こうした出来事が起こるたびに、私の中のリリス的な部分が
 どんどん強くなっていくのを感じてしまうのです。。。

 自分の思いとは裏腹に、なんかこれって辛いなぁ。。。と
 感じてしまう場面が毎日のように起きて。。。
 

 あぁ。。。
 私は修道女とか仏教のお坊さんみたいなのがいいのに~~
 。。。って思っているはずなのに。。。(苦笑)
 流れが、どんどん理想とは違う方へひっぱっていくような。。。

 そんな気がして。。。


 一見、自分の思いとは違う方向に流れているように
 見えるこの流れも。。。
 あとになって、「やっぱりよかったんだ。。。」と気づく日が
 必ず来ることだけは解ってる。。。
 だから、これが、私の魂の望むことだったのならば。。。
 仕方ないね。。。
 このまま、流されていこうと思ってるけど。。。



 昨日。。。
 「木星」のお話が出ました。。。

 木星というのは、幸運の星。。。と言われていて、なので
 木星が入っている星座の人は、その年はハッピーな年に
 なる。。。なんて言われていますよね。。。

 私の場合。。。
 木星が射手座に入っていた時、全然ハッピーでは
 ありませんでしたが。。。(苦笑)

 でも、昨日の先生のお話を聞いてなるほど。。。と思いました。。。


 今日、法廷が開かれる酒井法子さんは、水瓶座なのだ
 そうですが、今年。。。木星は水瓶座にいるんだそうですよ。。。

 ホリエモンが逮捕された時、木星は乙女座にいたそうですが、
 ホリエモンは乙女座なんだそうです。。。


 木星がもたらす幸せには。。。そういう意味の幸せも、
 あったのか。。。と思ったら、射手座の木星の時に経験していた
 自分の体験も納得だったのでした。。。


 だから今も。。。
 この流れをそのまま受け入れて。。。
 感謝して流されていこう~~。。。ってね。。。


 そう思うのでした。。。


 半分は本音。。。
 そして、半分は自分に言い聞かせながら。。。(苦笑)
* Category : 徒然日記
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2009-10-28 (Wed)
 酒井法子さんが、「今後、介護の仕事をしたい。」と
 法廷で言っていた。。。というのテレビで見たとき。。。
 なんとなく、「似合ってるような気がするな。。。」なんて
 思いました。。。


 今回のことは、手痛い制裁だったのかもしれないけど。。。
 長い長い目で見たら。。。
 彼女にとっては「良かったこと」。。。
 になっていくのかもしれないね。。。


 頭とハートって。。。
 なかなか一致しない。。。

 でももしそれが一致したときは。。。
 これ以上ないくらい、全てがスムーズに流れていくのだろうな。。。
 なんて思います。。。


 この前聞いたのだけど。。。
 射手座というのは、支配星が「発展」の星「木星」なだけあって、
 どんどん外に広がっていって。。。
 広い視野で物事を考えたい。。。となることが多いそうです。。。
 けれど、それがネガティヴに出る時は、広がりすぎて収集が
 つかなくなってしまうこともあるんだって。。。

 私も。。。まさにそんな感じのような気がする。。。(苦笑)

 好奇心が旺盛すぎて。。。
 いろんなことが面白すぎて。。。
 あちこち少しづつ手を出してはすぐに飽きちゃう。。。
 みたいな。。。(苦笑)

 この頃は、自分が何に興味を持ちはじめるか。。。
 というのが季節ごとにサイクルのようになっていることに、
 なんとなく気づいていたりして。。。

 そして自分が何に関心を示すか。。。というのは、
 その時の自分の身のまわりで起こっていることが、
 かなり関係してくるので。。。
 結局は。。。
 そういった出来事のほうにサイクルがある。。。って
 ことなのでしょうね。。。


 自分の周りにあまり波風が立たなくて、気持ちも穏やかで
 いられる時は。。。
 簡単に人に優しく出来るし、他者を受け入れることも出来る。。。

 そういう時は、仏陀とかイエスのお話を読んで共感し。。。
 日々精進だわ。。。とか思う。。。

 でも身の周りが荒れ始めると。。。
 私はどうやら、魔女の世界に共感し始める。。。

 ・・・そんな気がする。。。(苦笑)


 私の月である乙女座が、私を支配している時と。。。
 私の太陽である射手座が強く出てくる時とでは。。。
 なんだか、私は別人みたいになる。。。


 普段は月の乙女が強いのだけど。。。
 周りが抑圧チックな雰囲気になってくると。。。
 射手座の性格がどんどん強くなってくるように
 感じるのです。。。


 射手座と乙女座は、お互い90度の位置にあってね。。。
 自分の太陽と月がこういう関係の人は、
 自分自身の内面の葛藤が激しかったりするって
 聞いたことがあるのだけど。。。


 ホント。。。だよねぇ。。。(苦笑)


 どんどん行きたいのに、乙女の月がすぐにそれに
 ブレーキをかけるのだもの。。。


 そんなわけで。。
 思考感情にとらわれず。。。
 本質の赴くままに進んでいったら。。。


 私の生き方は。。。
 だいぶ変わりそうな気もしなくもないです。。。 
* Category : 徒然日記
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2009-10-30 (Fri)
 今からもう10年以上前かな。。。
 自分の前世らしきヴィジョンを見たとき、それについていろいろ
 調べたくて、ある時、占星術にも興味を持ったことがありました。。。


 そんな中、とても面白い本に巡りあいました。。。


 
正統西洋占星術大全 (GAKKEN MOOK elfin Special)正統西洋占星術大全 (GAKKEN MOOK elfin Special)
(1995/01)
不明

商品詳細を見る



 でも私は、この本を参考に自分の誕生ホロスコープを手書きで
 作成した時に、力尽き果てて。。。

 なので、自分には向いてないんだ。。。と、それ以来奥の方に
 しまいこんでしまったままのこの本を。。。
 この前、引っ張り出してきました。。。


 なんだか。。。
 それをパラパラしていたら、面白い。。。というか。。。
 苦笑い。。。というか。。。

 そんな部分をチラホラと見つけましたよ。。。


 まず、「月」についてなのですが、こんなことが書かれて
 いました。。。


 「月が入った星座は、女性的、母性的な原理を示し、
  母親や母親から受け継ぐ気質、幼児期の体験に
  よって培われた意識を示します。」



 その他の星にもいろいろ思うことあったけど、
 なかでも、自分の前世を表している星を見たら、
 こんな風に書かれていました。。。


 「前世で社会から離れた暮らしをしていた人々。。。
  たとえば宗教家や、恵まれない人々の為に援助して
  あげたことを示しています。。。
  前世で宗教や芸術にひかれたり、病弱だったために
  社会から離れた生活を送ったことを示します。。。」



 私のような星を持つ人は。。。
 前世でこんなだったから、現世では社会適応に
 苦労することがあるかもしれません。。。
 だって。。。


 これを読んで。。。
 あぁ、もう。。。
 ホントに笑うしかないよ。。。って思ったのですけれど。。。(苦笑)


 あとは、カルマ的なものを見るところでも。。。


 「この星座は、あなたが前世で不自由な人生、束縛された
  生涯を送り、その心の中にはもっと人生を楽しく過ごしたかった、
  という無念な思いが残されていることを意味します。。。」



 ・・・とあって、それは家を継ぐために将来の夢をあきらめて、
 その思いをずっと持ち続けていたのかもしれないし、
 神にその身を捧げながら、一方では俗世界への執着を
 断ち切れずにその生涯を終えたのかもしれないし。。。って。。。


 なんだか。。。
 塔の前世(らしきもの)とそれ関連の記憶とか。。。
 お金持ちの女性のところに婿入りした寂しい前世(らしきもの)とか。。。
 あとは。。。
 あまりよくない。。。というかかなり嫌なヴィジョンだったので、
 ここではほとんど書かなかったけど。。。
 カトリック系の厳しい男子校に通っていた前世(らしきもの)とかも
 あってね。。。

 そういったものがつい。。。
 チラチラと浮かんでしまったりして。。。


 私は今でも。。。
 宗教的なものに妙にひかれるところがあるけど。。。
 それは私の魂の好み。。。というか。。。

 やっぱり、慣れ親しんだ世界に落ち着きを感じるところが
 きっとあるのでしょうね。。。

 でも。。。

 今生では、私の魂はきっと。。。
 再びその道に進むことは望んでいないのだろうなぁ。。。と、
 そんな風に思いました。。。
 今生でまたそれをやってしまったら、私の本当に得たいと
 思っている体験は、出来ないのだろうと。。。


 お金持ちの家に婿入りした前世でも。。。
 あれだけ寂しい思いをして死んで。。。

 だからきっと。。。
 今生は、親の言うことを聞くのはやめて、今度は。。。自分自身の意思で。。。
 温かい愛に満ちた家庭。。。というものを築く!!!と。。。

 強く。。。そう思っていそうです。。。


 そんな前世があるから。。。
 私は自分の不遇を、周囲や環境のせいにして、恨む気持ちが
 強く出やすい面もある。。。と、本には書かれていました。。。

 これも解るなぁ。。。と。。。
 昔の自分を振り返ると。。。そう思います。。。


 でも、そういう運命に不満を感じている限り、反対に運命に
 翻弄されてしまって、不安定な人生になる。。。
 そんなカルマを抱えている。。。って書かれていて。。。


 今の私は。。。
 全くその通りだと。。。とてもとても。。。
 心からそう思うのです。。。



 今の私が形成されるのに、母や。。。
 過去生の影響。。。というのは、本当にとても大きいと思います。。。

 でも、思うのは。。。
 「母の育て方のせい」で、本来の自分を出せないような性質が
 形成された。。。のではなくて、そういう性質にならなければ
 学べなかったことを学びたかったから、だからこそ今生私は、
 そういう母の元に。。。
 自分の意思で生まれたのだろうなぁ。。。と。。。

 そう思っています。。。

 だから。。。
 乙女座の月だからこういう運命になったわけではなく。。。
 こういう運命を辿りたかったから、乙女座の月の時間に
 生まれたのだろうと。。。


 そんな風に考えています。。。


 大変なこともいろいろ起こるけど。。。
 深いところではそれを、受け入れてる。。。


 だから。。。
 今生。。。私は決して、運命には翻弄されない!!!


 その自信は。。。
 あったりします。。。(笑)


 そして。。。
 そういうことに気づいたのだから。。。
 そろそろもう。。。変わってもいい頃なのかな。。。と。。。

 本来の自分を出し始める時期なのかも。。。と。。。

 そんなことを思ったりもします。。。



 こうしてみると。。。
 誕生時のホロスコープというのは、本当にその人のことを
 見事に表しているなぁ。。。と、とても思います。。。
 だから、自分を知るにはとてもいいツールですよね。。。

 けれど私はあまのじゃくなので(笑)、最初からそれに
 頼りたくはなくて。。。

 やっぱり。。。
 まずは、直観勝負でいきたい。。。

 ホロスコープは、その、答えあわせに使いたい。。。と。。。

 そう思うのです。


 それにホロスコープは、私の場合。。。
 自然療法関連のことで使うほうが、今後多くなりそうかな?
* Category : 徒然日記
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2009-10-30 (Fri)
 先日のハーバルアストロロジーの講座でブレンドオイルを
 作ったお話を書きましたけれど。。。
 その後記です。。。


 あの日、自分の太陽星座か月星座か、どちらかをテーマに
 作ることになったのですが、私は自分の太陽星座である
 「射手座」で作ることにしました。。。
 ベースオイルは、ホホバでした。。。

 射手座の支配星、木星に対応している精油でその日
 挙げられていたのが、メリッサ、ジャスミン、そしてシナモン。。。

 3種類くらいのブレンドで。。。と言われたのだけれど、
 あの日、私はなんとなくジャスミン。。。という気分では
 なかったのですよね。。。
 シナモンも。。。
 ハーブのシナモンは好きですが、精油のシナモンは
 イマイチ苦手で。。。

 メリッサは大好きだし、気分的にもそんな感じでしたので
 使うことにしましたが、他の精油は、惑星太陽に対応した
 精油から選ぶことにしました。。。

 太陽に対応している精油は、たくさんありましたが
 その中から選んだのは、カモミール・ローマン。。。
 
 でもね。。。
 この2種類だと、なんだか香りが広がりすぎてしまうような
 気がしたので、何か締める精油が欲しいと思い。。。
 先生に伺ったところ、必ずしも星に対応している精油でなくても
 OKと言われたので、最終的に私が選んだのは
 サンダルウッドでした。。。

 あとでワンダー・セラーさんの本で調べてみたら、
 サンダルウッドは、「土星?」となってましたけれど。。。

 でも、気づけば、トップ、ミドル、ベースと。。。
 なんとなくいいバランスでブレンド出来たようですし、
 香りがとってもいい感じ。。。

 だからとてもお気に入りになって、ここのところ足や腕に
 塗っていたのですが、ふと気づいたのは。。。


 このところ、私の中の射手座要素が、随分強くなってきているような
 気もしないでもなく。。。


 もしこれが、精油のパワーが手伝ってくれていることなの
 だとしらた。。。


 これって、すごいかも。。。ってね。。。
* Category : 月・星
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2009-10-31 (Sat)
 今日は、来日されているダライ・ラマの法話を聞きに、
 東京の両国国技館に行ってきました。。。


 リアルでお会いするのは初めてなので、どんな感じが
 するのか、とても楽しみでした。。。


 ダライ・ラマ法皇が、出てきた瞬間。。。
 自分でもよく解りませんが、なぜか
 急にこみ上げてくるものがありました。。。
 目頭が熱くなってきて。。。

 でも、今日はひとりだったし、周りは知らない人ばかりだし、
 思いきり泣くに泣けず。。。(苦笑)
 少し焦りました。。。


 ダライ・ラマの声を。。。
 今までは、テレビの画面を通してしか知らず。。。
 でも今日は、マイクを通してではありますが、
 リアルで聞けるのでそれをとても楽しみにしていました。。。


 「あれ?
  この声。。。どこかで聞いたことがある。。。
  誰かの声に似てる。。。」

 
 ・・・と思ったのですが、誰に似ているのか。。。
 なかなか思い出せませんでした。。。


 結局、途中で思い出したのですが。。。
 それがなんと。。。
 あの、先日引退された、野球の野村監督でね。。。(苦笑)
 野村監督の声をもっと澄んだ感じにした声。。。
 みたいに感じました。。。
 心なしか。。。お顔まで少し似ているように見えてきてしまって。。。^^;;

 法話を聞きながら、こんなこと考えていていいのかしら。。。
 ・・・と、思ったけど。。。
 そう思ってしまったのだから、仕方ない。。。と。。。(笑)
 なんか、自分の中で変な葛藤をしてたりしてね。。。^^;


 法話のテーマは。。。

 「さとりへ導く三つの心と発菩提心」。。。

 ジェ・ツォンカパというお坊さんが弟子に授けた
 「修行道の三要素」という教えから。。。
 出離のこと、煩悩のこと、慈悲の心のことなどを、
 解りやすく教えて下さいました。。。


 この「ジェ・ツォンカパ」という方はゲルグ派のお坊さん
 だったのだそうですが、ダライ・ラマによると、この
 お坊さんは、ゲルグ派以外にも、宗派を超え、様々な
 ところから素晴らしいものを吸収された方だそうでね。。。


 ダライ・ラマは。。。

 「宗派にとらわれずに、いろいろなところから
  学ぶことは素晴らしいことです。」

 ・・・とおっしゃっていました。。。

 ダライ・ラマご自身も、そういった姿勢をとられ、
 チベット仏教のゲルグ派以外の宗派の教えのみならず、
 キリスト教とか、科学のこととか。。。
 たくさんのことを勉強されていましたね。。。


 なんだか。。。
 この言葉が、今日は染みました。。。

 ダライ・ラマが今日という日に。。。
 こうおっしゃってくださったおかげで。。。
 最近考えていたことに対して、自分自身で答えを
 出すことが出来ました。。。

 ありがとうございます。。。
 
 
 法話のあとに質問の時間がありましたが、ある女性の方が
 こんな質問をされていました。。。


 「常に愛情いっぱいで過ごしていたのに、ある日突然、
  愛する家族を交通事故でなくされた方の支援をしています。。。

  たとえばその事故の相手が悪質な飲酒運転だったりとか
  した時。。。

  それでも、その相手に対して利他の心や慈悲の心を
  持つことが、私には難しく。。。とても出来ないのですが。。。」

 ・・・と。。。


 この質問に、ダライ・ラマは。。。

 「それでも。。。慈悲の心を持つのです。。。」

 ・・・と、言い切っていらっしゃいましたよ。。。


 こういう場面で、こう言いきる事というのは。。。
 とてもとても勇気の要ることですね。。。

 さすがだ。。。と。。。
 そう思いました。。。


 帰り道、国技館を出て歩いていたら、近くを歩いていた
 結構年配の女性二人の話し声が耳に入ってきました。。。


 「ダライ・ラマは。。。あれでしょ。。。
  兄弟とかは亡くされなかったのよね。。。
  だから。。。解らないわよね、やっぱり。。。」


 ・・・と、その方たちはおっしゃっていました。。。

 なんだか。。。
 とても複雑な気持ちで。。。
 その方達の横を通り過ぎました。。。


 私はやっぱり。。。
 ダライ・ラマが大好きです。。。
 とてもとても尊敬します。。。 



 本当は。。。


 「自分も含め、自分以外の全ての人が心の底から、
  本当に深いところでホッとしながら生きていくことを
  願っています。。。
  そうすれば、真に平和になると思っています。。。
  でも。。。
  これも。。。この世への執着なのですか?」

 
 ・・・と聞いてみたかったのだけど。。。
 さすがに聞けませんでした。。。(苦笑)



 明日は、ダライラマと科学者の方たちで
 「仏教と量子力学」のことについての講演があります。。。


 楽しみです^^ 
* Category : 神話・宗教・哲学
* Comment : (0) * Trackback : (-) |