08,2012 ドビュッシー、音楽と美術ー印象派と象徴派のあいだで READ MORE

 09,2012 『夢』 国吉康雄 READ MORE

 11,2012 ペレアスとメリザンド READ MORE

 22,2012 『晩鐘』 ジャン=フランソワ・ミレー READ MORE

welcome-image-photo
 先日、ブリヂストン美術館に行ってきました。 観てきたのは、こちらです。  ドビュッシー 、音楽と美術 ー印象派と象徴派のあいだで  クロード・アシル・ドビュッシー(1862-1918)は、19世紀末から 20世紀初頭にかけて活躍したフランスを代表する音楽家です。 その作品は、伝統的な楽式・和声を超えて、自由な音の響きを重視した 感覚的な印象を表現する革新性によって知られています。  音楽史上でドビュッシーを最...
 『夢』(Dream) 国吉康雄 1922年 先日の「ドビュッシー展」に行った時に、最後の部屋に飾られていた 1枚です。 これも思いきり異次元の世界だなぁ。。。と思いながら、なんとなく 引きこまれてしまった絵でした。 あとで図録で確認しようと思ったらこの絵は載っていなくて、 ポストカードを探してもなくて、どうしてだろう?と思ったら、どうやら 最後の部屋にあった絵は、ドビュッシーとは関係なく、ブリヂストン美...
 相変わらず、デアゴスティーニのバレエDVDコレクションは継続して いるのですが、このところ、全然観ていませんでした。 気分が乗らなくて。 昨日、久しぶりに一番新しいDVDを観てみました。 Tchaikovsky Gala [DVD] [Import](2008/11/24)Roberto Bolle商品詳細を見る スカラ座の『チャイコフスキー・ガラ』 これは元々は輸入盤でしか手に入らないもののようですね。 公演は、2007年の大晦日の夜に行われたものです。 『...
 ドビュッシー展に行った時、『ぺレアスとメリザンド』というタイトルが すごく気になっていました。 そこには、その舞台用の衣装や舞台装置の絵コンテのようなものもたくさん 展示されてしました。  『ペレアスとメリザンド』のオペラのDVDは家にあることはあったのですが、 観たことはありませんでした。 我が家には、オペラのDVDはたくさんあるのですが(両親も好きですし) 私自身は、オペラを観るにはかなり気合がい...
 『晩鐘』 ジャン=フランソワ・ミレー 1857-59年 この絵は、ミレーが幼い頃、祖母から、、、 「夕刻の畑で鐘の音に合わせて死者のためにアンジェルス(天使)の祈りを  しなさいね。。。」 ・・・と教えられたことがもとになって描かれた絵なのだそうです。。。 「農民画家」と言われていたミレーは、その名の通り、自身も農民出身で、 この絵もそうですが、有名な「落穂拾い」とか、、、 「額に汗して働く人達」の絵...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。