09,2012 メトロポリタン美術館展 READ MORE

 23,2012 『罪』 フランツ・フォン・シュトゥック READ MORE

 27,2012 Aria di chiesa READ MORE

welcome-image-photo
 今日から12月ですね。。。 すごい勢いで11月が通り過ぎていったような気がします。 ここ数年は、時間が経つのがものすごく早く感じますが、 11月は特に早かった。。。 あっという間に1日、1週間、1ヶ月が過ぎていく割には、 つい先日のことが、遠い昔のような感じがすることもあり、、、 不思議です。。。 最近の個人的な流れの中、、、 ひとつの方向からだけではなく、様々なことが絡み合い、 私に何かを伝えようと...
 メトロポリタン美術館展に行ってきました。 メトロポリタン美術館展 大地、海、空 4000年の美への旅  今回は久しぶりに、夫婦で行ってきました。 夫が珍しく、「ゴッホの糸杉、観てみたい。」と言い出したからです。 そのゴッホの糸杉は、やはり光っていました。  『糸杉』 フィンセント・ファン・ゴッホ 1889年  ゴッホは「ひまわり」と共に、この「糸杉」の絵もたくさん描いて いましたよね。。。 ゴッホの絵っ...
 いつも行く美容室の美容師さんは、私とほぼ同世代で、 成人したお子さんと、保育園に通うお子さんふたりのママなのだけど。。。 話しているといつも思います。。。 子供を一人前に育て上げた女性というのは、、、 ホント、たくましいと(笑) 最近、ママ友とはあまり会う機会もなくなったせいか、、、 こういう「たくましいノリ」というのは新鮮で、リフレッシュしたりします(笑) やっぱり、自分に合っているのですよね...
 次の発表会で歌う、モーツァルトのアリアは、以前歌ったプッチーニの アリアよりも、難しい感じがしています。。。 私にとっては。。。ですが。 夏に声楽の発表会があった時、その日近くになってきた頃は 毎日毎日、たくさん練習をしていました。 やはり練習するのとしないのとでは、声の出が全く違うのですが、 そういうこと分かっていながら、私はいつも間近にならないと 本気を出せない(苦笑) アロマやハーブの試験...
 『罪』 フランツ・フォン・シュトゥック 1893年 フランツ・フォン・シュトゥックは世紀末ドイツの画家で、もともとは 象徴主義ですが、のちに分離派の創始者のひとりとなったようです。 フランツ・フォン・シュトゥック あのカンディンスキーも、彼の教え子なのですね。  先日娘とテレビを観ていたら、この『罪』の絵が紹介されて、 ふたりで釘付けになりました。 「なんか、すごい不気味。。。すごい怖い。。。」 ・...
 今日は久しぶりに、「不思議な夢」と言えるような夢を見ました。。。 しかもそれが、3本立てになっていました。。。 最初の夢にはまず、「海」が出てきました。。。 その海を見たいのに、なかなか良いスポットが見つからずに あちこちさ迷い、結局、デパートのエスカレーターで地下に下りていくと そこには大きなガラス張りの壁のある部屋があって。。。 そこから海を眺めることができるのだけど、そこはもう既に 人がた...
 『Aria di chiesa』 これは『教会のアリア』というイタリア古典歌曲のタイトルから とったものでした。。。 あのブログを書き始めた時に、たまたま流れていた曲のタイトルを、 そのままブログの名前にしたのです。。 声楽を習い始めた時に、コンコーネとイタリア歌曲の楽譜から 入ったのですが、私はその歌曲の中で、この曲に一番惹かれました。。。 曲のタイトルを見た時、私って本当にキリスト教関係に縁があるのだなぁ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。