01,2013 パリ・オペラ座来日公演 『天井桟敷の人々』 READ MORE

 04,2013 暗譜 READ MORE

 09,2013 Good Energy READ MORE

 16,2013 Brain Magic READ MORE

 22,2013 Emile Claus and Belgian Impressionism READ MORE

 29,2013 蟹座エネルギー READ MORE

 30,2013 スライヴ READ MORE

welcome-image-photo
 昨日は、パリ・オペラ座バレエ団の来日公演、『天井桟敷の人々』を 観に行ってきました。  この公演のことは以前、オペラ座のガラ・コンサートを観に行った時に、 配られた広告で知りました。 ガラに行った時は、絶対に観に行く!と思っていたのですが、 実際にチケット予約が始まった頃は、またテンションも変わっていて。。。 チケット代もとてもお高いので、どうしようか。。。と思ったのですが、 その時点で予約すれ...
  声楽の発表会までは、ずっとそちらに集中していたので、 次のライヴで歌う歌の歌詞の暗譜はそのあと。。。と、後回しにして きていたのですが、考えてみたら、残りあと2週間しかないことに その時になって気づき。。。 でも、サビの部分はほとんど覚えていたので大丈夫だろうと思いきや、 意外とその歌詞は覚えづらく、だんだん自信がなくなってきました。 ある日、「絶対に今日中に覚える!」と決意し、一生懸命練習し...
  昨日の、ヴォーカル教室のライヴコンサート。。。 すごく楽しかったです。 先日の声楽の発表会の時とは違って、テンションも高まったし、 とても気持ちよく歌えました。 なによりも、「場」の雰囲気がとてもよかったです。 やはり、場の雰囲気というものはとても大切なのだな。。。と、 改めて思いました。  でも、その「場の雰囲気」というものを作りだすのは、、、 強烈なパワー・スポットなどは別としても、多くの...
 死と神秘と夢のボーダーランド: 死ぬとき、脳はなにを感じるか(2013/02/05)ケヴィン ネルソン商品詳細を見る 今日、この本をやっと読み終えました。  『洞窟のなかの心』という本を読み終わったあとくらいから、、、 移動の電車の中や、外出先でひとりでランチしたりする時間を使い、 地道にコツコツと、この本を読んでいました。 ですので、読み終わるまでにすごい時間がかかってしまったし、 ブログなどにメモする暇も...
 死と神秘と夢のボーダーランド: 死ぬとき、脳はなにを感じるか(2013/02/05)ケヴィン ネルソン商品詳細を見る モネが細かい筆勢で置き並べた色彩を融合させて私たちに睡蓮と知覚させるのは、 脳の仕業である。死の淵を覗きこんだジョーに異常なまでに臨場感のある映像を 見せたのも、その脳であることは分かっていた。 <中略>ジョーにとっては疑うべくもなくきわめて重要な宗教的体験をもたらした 脳の活動領域は、果たし...
 声楽レッスンで、次に練習する歌。 『Caro mio ben』  イタリア古典歌曲の中ではかなりポピュラーな歌で、、、 特にクラシックに興味のない人でも、どこかで聴いたことある? みたいな歌だと思います。 最近新しくついた声楽の先生が、ちょっと不思議そうな顔をしていました。 「あれ?Lyricaさんは、これはまだやってなかったんですね。」 ・・・と。 それくらい、みなさんご存じで、初期の頃に習うような歌みたい。 ...
 ニューエイジ系スピではよく、「そのままのあなたでいいのです。」という 言葉を目にします。。。  完璧を目指すな。。。と。 ファーストソースの視点で見たら、それこそ、そのままで、 すべてが完璧な世界であり。。。 SMAPの歌ではないですが、誰もが「世界でひとつだけの花」であり。。。 でもそれは、スピリットの視点からの言葉であり、、、 そのことを根底に置きつつも私はやはり、人間、「努力」というものは 必...
今日は、ヴォーカルライブに向けて、そのリハーサルに行ってきました。 当日は、生バンドで演奏してくださるのですが、その方々との 音合わせでした。 その場で生で演奏してもらって歌うのは、、、ウン十年ぶり(笑) 今回演奏してくださるのは、みなさんその筋のプロなので、 安心して歌えました。 昔はね、、、 バンドを組んでいた仲間たちは、みんなよちよち歩きだったので、 いろいろ心許なかったけど(笑) でも、あ...
 東京ステーションギャラリーにて、、、 『エミール・クラウスとベルギーの印象派』展を観てきました。 エミール・クラウスとベルギーの印象派 エミール・クラウスは、ベルギー印象派の先駆的存在です。 最初は彼も写実主義だったようですが、次第にパリの印象派の 影響を受けるようになりました。 リュミニスム(光輝主義)の画家・・・  彼は、絵の中で光を再現することを追及していたようです。 ・・・と、以前の日記...
  「スーパームーン」、世界各地で神秘的風景 私の住んでいるところでは、空一面雲に覆われていて、小雨まで降っていて、 月は全く見ることは出来ませんでした。 でも、、、 今回の天体ショーに関しては、私はなぜかテンション低めだったなぁ。。。と 感じています。 2012年に起こった金環日食とか、ヴィーナストランジットの時とは、 意識の向け方が全然違っていました。 スーパームーンには、私はあまり縁がないのかな...
  私の太陽星座は射手座ですが、ある時までは月星座の乙女座エネルギー 全開で生きてきたような気がします。 昨日、ボーッと考えていたのですが、、、 父は太陽星座が乙女座だったのですが、月星座は魚座だったのです。 父に魚座が入っていたなんて、ちょっと信じがたい感じがしたのですが、 でも、父の人生を振り返ってみた時、納得出来た。。。というか、 なんとなく見えたものがあり。。。 父も人生の中、傷ついたり苦...
 先日も書いたように、父は乙女座だったのですけれども。。。 そのせいか、O型のわりには、整理整頓好きな人でした。 ただしそれは、自分が大切にしていたものに限りましたけど。 音楽もそうでしたが、映画が大好きだった父は、テレビで放送された 映画を片っ端から録画して、それをラべリングして番号までふって整理した上、 それらをノートに50音順に細かく記録して、そのリストを作成したりしてました。 そういう、ちょ...
  数年前までは、「魚座的エネルギー」を理解しなさいね。。。というような 流れが自分の中で起こっていたような気がするのですが、それがここ 最近は、「蟹座的エネルギー」にフォーカスさせられているような 気がしています。 これは、全体のお話ではなくて、個人的な流れのお話なのですが。。。 でも、先日の6月26日に、木星が蟹座入りしましたので、、、 もしかしたら、私と同じように感じている人、他にもたくさんい...
  昨日YouTubeで、あの『スライヴ』を観ました。 スライヴ THRIVE 【日本公式盤】 [DVD](2012/05/05)フォスター・ギャンブル商品詳細を見る もう何年も前からあちこちで話題になっているのは知っていましたが、 私はなぜか、あの映画から漂ってくる匂いがあまり好きになれなくて、 今まで観る気持ちが起きませんでした。 な~んか、嫌な印象を受けていたのです。 でも、ふとしたきっかけで『スライヴ』が目につき、、、 ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。