スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日の夢から思うこと

 05,2010 12:31
 古代遺跡とか神話とかは昔から大好きで。。。
 大昔ってどんなだったんだろうなんて考えると、
 なんだかロマンを感じます。。。


 当時の人達の文化を理解するには、やっぱりその
 宗教を理解するのが手っ取り早い?ような気がする私は、
 この頃そういった本を読み返したりしているのですが、
 神話にこめられたテーマのひとつに、やっぱり
 「死」というものがあるのですよね。。。

 大昔から人間にとって「死」というものは大きな
 大きなテーマになっていたのだろうし、どうしたら
 その死から逃れられるのか。。。ということを
 やはり人は、考えたりしたのでしょうね。。。

 西魔女の物語でも、それに触れた部分が少しありましたから、
 今も昔も。。。基本的なところは変わっていないのかも
 しれないですね。。。


 私自身は、普段は死への恐怖というものは
 感じていませんが、でも、時々ものすごく怖い。。。と
 感じる時はあります。。。

 
 だいぶ前ですが、夜道を歩いていたら、私の前に
 おじいさんが歩いていたのです。。。
 おそらく農家のおじいさんだったのだと思うけど、
 手に鎌を持っててね。。。^^;
 で、おじいさんだから歩くのが遅かったので、
 抜かしたのですけれど。。。

 ちょうどその頃息子がやってた怖いゲームの影響も
 あったのだと思うけど。。。その時私は。。。

 「もしおじいさんが鎌を振り上げてきたらどうしよう~~」

 ・・・って(苦笑)

 馬鹿馬鹿しい想像だとどこかで解ってはいてもね。。。
 ものすごい怖かったよ。。。


 私は時々、こういう「想像」で。。。
 「死」に対する恐怖を感じてしまうことが
 あるのだけれど。。。

 でも、だからね。。。
 普段は死ぬことは怖くない。。。と思っている「つもり」
 なんだろうな。。。と感じています。。。

 死を受け入れているつもりだけれど、いざとなったら
 やっぱり怖いのだろうな。。。と。。。
 そんな風に思っているの。。。


 そういう感覚というのは。。。
 「夢の登場人物としての私」に最初から備わっている
 本能だと思うし、そういうものがなければ、この
 夢の世界は成立しませんね。。。


 だから人は。。。
 死ぬことが怖いし、死にたくないと思う。。。
 失うことをおそれること。。。というのはきっと、
 「正常」なのですよね。。。


 神話でも、「死は、免れることは出来ないよ」。。。と。。。
 遠まわしに伝えられています。。。

 けれど神話はそれだけではなく、「復活と再生」も
 伝えているし、「死を超越すること」についても
 伝えています。。。


 いろんなパラドックスが。。。
 ここにも存在しているよね。。。


 「夢の登場人物としての私」と「もとの私」が。。。
 同時にここに、存在しているから。。。


 ・・・なんて、そんなことを考えていたせいか、
 こんな夢を見ました。。。


 子供の頃に飼っていた犬が出てきたの。。。

 その子はもうずっとずっと前に亡くなったのだけどね、
 私は、その子の死から立ち直るのに、かなり時間が
 かかったんだ。。。

 夢は、その子の死の数日前という設定で。。。

 もういつ死ぬかということが。。。
 その日まで、あと何日残っているかとかが、
 その子も私もしっかり解っているの。。。
 なんだか。。。お互い、別れを惜しんでた。。。

 夢の中で私は。。。

 「この貴重な時間。。。
  他のものはすべて犠牲にしても、この子のそばにいて
  あげよう。。。
  この子が喜ぶようなことをたくさんしてあげよう。。。」

 なんて思っていたんだ。。。


 あの夢って。。。
 私の中に残っていたかすかな後悔。。。
 そういう気持ちの現われなのかなぁ。。。



 動物というのは本当に。。。
 「自分の死」がいつなのか、解っているのですよね。。。

 あの子は死の前日、台所で洗い物をしている
 母のことを長い間じっと見つめていて、
 全く目を離さなかった。。。
 
 次の日。。。
 もうぐったりして起き上がれなかったその子は。。。
 横になりながらも、学校に行く私のことをずっとずっと
 見送ってたの。。。

 私はその時、後ろ髪引かれて何度も家に戻ってきては。。。
 「学校に行かなくちゃ。。。」と。。。
 その気持ちを振り払って、出かけていきました。。。


 私はあの子に死がせまっていると知っていたはずなのに、
 まだどこかで。。。
 「まだ死ぬはずない」って思っていたのです。。。

 今思えば、そうだった。。。


 だからその日。。。
 学校から帰ってきた時その子が亡くなったと聞いたときは。。。

 「あぁ、あれはお別れだったんだね。。。
  なんで気づいてあげられなかったんだろう。。。」

 ・・・って。。。
 ものすごくものすごく後悔したんだ。。。


 ガンジーのあの言葉のように。。。

 明日死ぬかのように生きること。。。


 そういうことを。。。
 「夢の登場人物の私」は。。。
 ついつい忘れてしまうんだよね。。。


 願わくば。。。
 出来るだけ後悔が少ない生き方をしたいと思うけど。。。
 でも。。。

 失うことをおそれること。。。
 ここはずっとずっと続くリアルな世界だ。。。という。。。


 そういう「感覚」を「夢の登場人物」から完全に
 取り去ってしまったら。。。

 
 この世界は。。。
 一体どんな世界になるんだろう?


 後悔することさえもきっと。。。
 貴重な体験なのかもしれない。。。


 そんな風に思う私は。。。
 変?

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。