スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魂の目的

 17,2010 22:19
 ミシャールは、今回みんなにくれたメッセージの中で
 こんなことを言っていました。。。


 人生は短い。。。
 その中で経験すべきことや追求すべきことがたくさんある。。。

 そして。。。
 私たちは、それぞれの至福のために生きるべきです。。。
 それがどんなことでも。。。


 ・・・と。。。


 なんか。。。
 こんなこと、ずーーっと前に、どこかの誰かにも
 言われたことがあったなぁ。。。なんて。。。

 そんなことを思い出した。。。


 また巡ってきたわ。。。
 このテーマ。。。なんて感じた。。。



 でも、あの頃の私と今の私。。。
 だいぶ変わったなぁ。。。って思う。。。

 これを聞いても。。。
 もう、混乱しなくなったもの。。。



 私の魂は。。。
 きっと、ミシャールのように生きたいと願っている。。。

 だからこんなに。。。
 彼女に惹かれるのだろうと思う。。。


 でも。。。
 太陽も月も魚座の母に育てられた私にとって。。。
 そう生きることは、容易ではない。。。

 ということが、今はものすごく解る。。。


 超えないといけないものが、たくさんある。。。


 母だけでなく、娘も魚座。。。
 そして、彼女達だけでなく、私の周りになぜか
 たくさんいる魚座の人達みんなから。。。
 共通して感じる「匂い」がある。。。

 それは。。。
 生まれながらにして自然と持っている「自己犠牲」の精神。。。

 自己犠牲。。。っていうと、聞こえが悪いかもしれないけど。。。
 彼女達は、誰かのために、周りのために自分の本当に
 やりたいことをやめてしまうこと。。。
 まずは、自分より誰かのことを優先させること。。。

 そういうことが、当たり前の人達。。。

 彼女達は。。。
 頑張ってそうしているわけではなくて、それが当たり前。。。なの。。。

 なぜならそういう人達は。。。
 生まれる時に、選んで魚座的エネルギーのフィルターを
 まとってきたからなのだと。。。
 そんな風に思う。。。

 そういう生き方を通して。。。
 学んでみたいこと、体験してみたいことが
 今回はあるのでしょうね。。。



 以前も書いたけど。。。
 私のホロスコープの中には、魚座はほとんどない。。。


 けれども、前世にかかわる部分が。。。
 この魚座と関係してる。。。


 そういうのを見てたら。。。
 な~んか、解っちゃったんだよね。。。


 私ってもしかすると。。。
 多くの過去生の中で、魚座的な価値観を通して
 人生を体験してきていたのかもしれない。。。って。。。

 でもそういうことを経験しきった魂は。。。
 今回でものすごくトライしてみたいこととか、
 大幅にチェンジしてみたいことが。。。

 きっとあるのかもしれないな。。。って。。。

 そんな風に思った。。。


 自分にとって最も影響力を与えるであろう同性。。。
 自分の「母親」に。。。

 私が一番超えたい部分を色濃く持っている人を
 わざわざ選んで生まれてきたということは。。。
 
 かなり。。。
 ハードル高くしたなぁ。。。自分。。。

 なんてね。。。
 つい思っちゃうよ。。。(苦笑)

 かなりチャレンジャーだったのかも、私。。。(笑)



 正直。。。
 これはまだ確信ではなく、なんとなくそんな感じが
 する。。。という段階だけど。。。


 でも。。。
 こういうことがうっすらとでも見えてきたから。。。


 だからもう。。。
 混乱しない。。。



 そんな重要なこと。。。
 そう簡単に変えられないよ。。。

 でも。。。
 簡単ではないけれど、いつかは絶対変えられる。。。

 ・・・というか、気づいたらきっと「変わってる」。。。
 歩みさえ止めなければ。。。

 それが、魂の望むことだもの。。。


 現に。。。
 あの頃と今の私は。。。
 変わってるのだから。。。



 人生は短い。。。
 確かに短いけどね、でも、たった一回きりの
 人生というわけではないのだし。。。

 焦ることはない。。。


 最後の最後には。。。
 どんな人でも必ず。。。
 笑顔で「それ」を迎えるよ。。。


 これを読んで。。。
 歯がゆく感じる人もいるかもしれないけど(笑)


 そういうことすら。。。
 今は気にしなくなった。。。



 どんな人生であろうと。。。

 素晴らしきかな。。。この人生。。。^^

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。