スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メディカルアストロロジー

 21,2010 23:07
 「アロマテラピーのための84の精油」という本の
 著者で、アロマセラピストでもあり占星術家でもある
 英国のワンダ・セラーさん。。。

 彼女は「メディカルアストロロジー」という本も書いていて
 先日、日本でも翻訳され出版されたのですが、
 その内容についてのワンダ先生直々の講座が昨日、
 都内でありましたので、行ってきました。

 占星術と精油を組み合わせて癒しのツールにするのですが、
 日本では法律の関係もあり、実際にこれを治療に用いることは
 出来ません。

 ワンダ先生から直接学ばれた岸延江先生に、以前この
 医療占星術を教えていただいたのですが、その時岸先生は
 これを「ハーバルアストロロジー」と命名されていました。

 やはり日本では、「メディカルアストロロジー」と言ってしまうのは
 微妙なのだそうです。

 そんな感じで、日本ではいろいろと規制があるのですが、
 それでも、植物と占星術を使って、不安を抱えている人や
 辛い思いをしている人の心を、少しだけ軽くしてあげられる
 ことは出来ると思うのですよね。

 だからこれは、癒しのための素晴らしいツールになると、
 私は思っているのです。


 アロマやハーブ、そして占星術に興味のある私としては
 もう、このうえなく面白い分野ですし^^


 ただ。。。
 深い。。。
 ものすごく、深いです。。。


 ワンダ先生もおっしゃっていましたが、
 昨日の講座での内容は、ほんの
 入り口にしか過ぎない・・・と。。。

 え~、今でもこのチャート読むのは、
 かなり難しいのに~~
 って思いながら聞いてましたよぉ(苦笑)

 これを使いこなすには、アロマテラピーと占星術の
 しっかりした知識がなければいけないのだそうです。。。

 でもなんだか、そういうことを聞くと、私はテンション
 あがってくるのです(笑)
 もっと勉強頑張るぞ~~~って(笑)

 そんな私なので、いつまでたっても「勉強中」になって
 しまうわけですが^^;

 でもどうやら射手座にはそういうところあるみたい。。。

 昨日は通訳として、日本の占星術研究家の
 鏡リュウジさんもいらっしゃっていましたが、
 彼の占星術の本もあったので、一冊買ってみました。


 その本に、射手座のそんな部分のこともちょうど書かれていたので、
 思わず苦笑いしてしまいましたよ。


 医療占星術を使いこなすには、ホラリーの知識も
 必要になってきます。
 そして、「癒す」ということをメインに考えてしまう私は、
 やはり心理占星術も深めたいのだけれど、そうすると
 心理学にも繋がってくるし、、、で。。。

 アロマだって、まだまだ勉強したいことたくさんある。

 あぁ、やることたくさんだわ。。。
 (↑と言いつつ、ワクワクしてる 笑)

 ワンダ先生の講座はとても有意義で楽しいものでした。
 けれど昨日はそれだけではなくて、岸先生のお招きで
 そのあとの懇親会にも出席させていただくことが出来ました。

 思っていたよりも人が少なくて、だいぶ少人数なお食事会。。。
 もっと大勢くるのかと思っていたので、ちょっと緊張しました。
 なんだか自分がものすごく場違いな感じがしてしまった^^;
 お世話になっている方がご一緒だったので、
 心強かったですけど^^

 途中、岸先生のご配慮で、鏡リュウジさんともお話
 出来る機会をいただけました^^

 本当はこのチャンスにいろいろ、マニアックなお話聞きたかったのですが、
 それこそ場違いになりそうだったので、やっぱりやめました^^;
 けれど、しっかり一緒に写真はとってもらっちゃいました(笑)

 鏡さんだけでなく、ワンダ先生やIFAのバーグ文子先生にも
 一緒にとっていただけたので、また宝物が増えました^^

 昨日はいろいろと盛りだくさんな一日でした。
 いろんな方に、感謝です^^

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。