スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平和への鍵

 28,2010 23:26
 中国との出来事をニュースで見ていたら、ダライ・ラマの
 自伝を読んだ時と同じような感覚が起こってきて、、、
 またいろんなことを考えました。

 スピリチュアルの世界ではよく「他者は自分を映す鏡」なんて
 言われますが、私的にはこのことを、、、


 自分と関わる相手やあとは起こる出来事などを見て、
 今、自分がどう思っているか、どう感じているか。。。
 そういう自分の思考や感情を観察することで、
 そこに今の自分が浮かび上がってくる。。。

 ・・・という感じで捉えているのです。

 今回の中国との出来事に対して、どう感じていましたか?
 何を考えたり思ったりしたでしょう?

 そこに浮かび上がったものを、良いとか悪いとか
 ジャッジするのではなく、まずはそれが、今の自分自身の
 状態であると知ることです。

 これが、自己観察。。。

 本当の「問題」は、中国ではなくて、自分自身の内側に
 あるのですよ。。。

 チベットは、今の日本以上に理不尽で大変な目にあったと
 思うのですが、ダライ・ラマはそれでも、「愛」と「非暴力」を
 徹底して貫いていました。
 今でもその姿勢は全く変わっていません。

 事実を率直に語る。正当な権利も主張する。
 そういうところは妥協しない。
 けれど、中国を誹謗中傷や攻撃したりなどは
 決してしなかった。

 ダライ・ラマが。。。
 深い深いところでは、愛をもって全てを赦しているのが
 解るのですよ。

 私は仏教徒ではないけれど、それでも彼を偉大な人だと
 心から思いますし、それが仏教の教えの成果なのだとしたら、
 すごいな。。。と。。。
 仏陀を尊敬してしまったりもするのです。


 それは、「平和への鍵」になるとも思う。


 昨今のスピリチュアルの世界では、「愛」だとか
 「赦し」だとか、簡単に口にする人は多いけど。。。

 それが本当に実践できている人、一体どれくらい
 いるのでしょうか?
 もちろん、私も含め・・・

 こういった出来事が起きた時こそ、自分自身を見つめる
 チャンスでもあり、日本人、中国人、チベット人。。。
 世界中の人達が、深い深いところではみんなで協力して、
 人類全体を進化させるためのイベントを起こしてる。


 私は、そう思う。


 カルマなどを重視するため、西洋占星術に比べると
 ちょっとシビアな感じがするインド占星術。。。

 それを実践している人が以前言っていましたが、
 日本は、星の巡りからすると2012年頃から変わってくる
 ようになっているのだとか。

 そしてそれまでは、ちょっぴり苦しい時期が続くのだと。

 それをどう捉えるかは、今は置いておきますが。。。

 けれども。。。
 「コツ」を知ってしまえば、苦しさも、踊りながら
 通り抜けることが出来るようになります。


 試練は、成長するためのチャンスでもある。。。

 だから。。。

 この貴重な機会を逃さずに、スピリチュアル的に
 大きく羽ばたきたいですね。

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。