スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラヴェンダーの甘さ

 23,2010 21:55
 20101023221753bd0s.jpg


 先日あるアロマ関係のワークショップに参加しました。
 

 その時に香りを感じてみる時間があり、いくつかの精油の
 ムエットが配られたのですが、私のところにまわって
 きたのは、ラヴェンダーの香りでした。

 その香りの感想を述べる時、私は。。。

 「爽やかで、少しだけ甘味があって、風が吹いてくる
  ような感じ」

 と言ってみました。


 占星術では、ラヴェンダーは水星と結びつけられています。

 水星は、ギリシャ神話のヘルメスで象徴されているように、
 なんとなく、軽やかなイメージがあります。

 ヘルメスは、羽の生えた靴を履いて、神々の伝令を運ぶ
 ためにあちこちを軽やかに飛びまわった神さまですものね。

 彼が移動する時、、、
 もしかすると、サーッと風が吹いたかもしれません。。。

 ラヴェンダーの香りから受けた印象は、、、
 なぜこの植物が水星対応になっているのかということを、
 私に納得させてくれました。


 何というか。。。
 
 そういった根底にあるものは、誰にとっても同じかも
 しれないけれど、でも、香りというものは、
 感じ方は人それぞれ、、、ということが多いですね。

 特に女性は「周期」というものがあるので、その時の
 気分や体調によって、感じ方も変わることが多々あります。

 
 私は個人的にはこのラヴェンダーの中に「甘さ」を
 感じるのですが、その時の先生は、、、
 彼女は英国人の先生でしたが、このラヴェンダーの
 中には、甘さは一切ない。。。と、おっしゃっていました。

 家で家族にラヴェンダーの精油を嗅いでもらったら、
 夫なんて、「苦み」とか「辛み」を感じていました。
 
 娘は、夫ほどではありませんでしたが、やはり
 「甘み」は感じなかったようです。

 
 私にとってはこの香り、、、
 こんなに甘いのに不思議だなぁ。。。

 でも、十人十色。。。

 だから、この世は面白かったりするのですよね。

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。