スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シダーウッドの香り

 26,2010 22:15
 今日、シダーウッドの精油が到着いたしました^^

 早速開封して香りを感じてみたところ、
 う~~~ん。。。落ち着く香り。。。


 「サンダルウッドに似ていて、それでいて
 もう少しドライな香り」と書かれている本も
 ありましたが、日本人の私としてみますと、
 これは「ヒノキ」の香りに近いな。。。と
 感じました。

 

 ヒノキ風呂の香り。。。



 けれども、シダーウッドと一言で言っても実は
 様々な種類があるそうで、アトラスシダーウッド、
 デオドラントシダーウッド、レバノンシダーウッドなどは
 マツ科で、ポートオーフォードシダー、ヴァージニアシダー、
 テキサスシダーなどは、ヒノキ科。。。のように、
 マツ科とヒノキ科があるのだそうです。

 
 ちなみに、サンダルウッドはヒノキ科ですね^^


 私の購入したシダーウッドは、アトラスシダーですので
 マツ科のはずなのですが、なんとなくヒノキの香りに
 感じるのは、、、なぜなのでしょう?

 
 ・・・というか、森林の香り。。。と言えばいいのかな?(笑)


 ゆっくりと深く香りを吸い込むと、胸の下の方から
 胃の上部にかけてが気持ちよく開く感じでした。

 

 この感覚があまりにも顕著で、解りやすかったので
 何かで確認してみようと思い調べてみると、
 グリーンマンエッセンスの「アトラスシダー」の
 エッセンスも、やはり第4チャクラに対応している
 ようでしたので、納得しました。


 このアトラスシダーエッセンスのキーワードは
 「復元力」であり、グリーンマンエッセンスの
 効果としては

 「古いパターンを捨て去り、自分の道を歩むことが
  実現できます。変化と逆境に立ち向かうしなやかさが
  生まれます。」

 なのだそうです。


 この植物のエネルギーは、ハートや太陽神経叢あたりに
 働きかけていくようで。。。

 そのあたりの緊張を癒すと、、、

 「心の奥底で確信が定まり、新たな感覚で道をすすむこと」
 
 ・・・ができたり、
 
 「古いパターンを捨て去り、自分の道を歩むことが実現できる。」

 という結果に繋がっていくということなのかもしれませんね。



 今回一緒に、ラヴェンダーのフラワーウォーターも
 注文していました。

 ここのメーカーのラヴェンダーウォーター。。。

 シュッと一吹きした時は、「なんだかちょっと変な香り」
 という印象で、失敗したかな?なんて思ったのですが
 それがしばらく経つと、ものすごくよい香りに変わるのです。

 やはりここのメーカーのものは、、、
 なんだか深い。。。


 あと、だいぶ以前に購入してしまったままになっていた
 コリアンダーも、今回一緒に開封してみたのですが。。。
 その時誤って精油が少し手についてしまいました。

 でも、そのあともう一度シダーウッドを試してみようと
 ビンのフタを開けた時。。。

 その手についたコリアンダーと先ほどのラヴェンダーの
 残り香、、、
 そして、このシダーウッド。。。

 これらの香りが混ざって、なんとも言えない
 よい香りがしてきました。。。

 うっとりと、落ち着く感じの香りでした。

 偶然のブレンドだけど。。。
 これで、オリジナル香水のレシピを作れそう。。。

 試してみたいと思います。

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。