スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Memory of the Earth

 05,2010 15:40
 今日は、妄想劇場的な日記を書いてしまいますので、
 そういうのが苦手な方は読まないでくださいね。



 時々、発作が起きるのです。

 実は。。。
 今もそうなのですけれど、、、

 それは、過去生らしき記憶のヴィジョンに翻弄されて
 しまうことです。


 ずっとずっと、10年以上の間、自分の想像や妄想に
 過ぎないと思って軽視していたヴィジョン。

 それがある時期、いろいろな方と次々とヴィジョンの
 シンクロがあり、右往左往したことがありました。

 そんな中、やはりそれ関係の不思議なご縁で
 知り合った、尊敬できるとても素晴らしい人がいました。。。

 その人が言っていました。

 「心の準備を大きく超えて、あのような体験をすると、
  どうしても気持ちがそちらに向かってしまい、
  自分を見失う結果になってしまいます。
  それを取り返すのに大変な苦労をしなければなりません。」

 ・・・と。。。

 その人自身も、もう数十年も前にその頃の私と
 同じような体験を。。。
 そのヴィジョンにまつわる不思議な出来事に
 巻き込まれたことがあって。。。

 それは、あれから何年も経った今でさえ、少なからず、
 まだ自分の中で尾を引いていたりするから。。。と。。。

 当時、私に起こっていたことを、とても心配してくださいました。


 そうは言っても。。。
 月におとめ座を持つ私ですので、こういった出来事に
 遭遇しても、決して暴走はしません(苦笑)
 それはもう。。。分析しまくりましたよ、
 いろいろな方面から。。。

 ただ。。。
 暴走しすぎるのも問題なのですけれども、私の場合は、、、
 もう少し素直に信じてもいいのでは?と自分でも
 呆れてしまうくらい疑って疑って、、、(苦笑)

 だからこのことについても。。。
 私の頭では、「こうだ」。。。と決め付けることが
 未だに出来ません。

 そのせいでね。。。
 今でも時々、発作が起こる。。。

 そのたびに、こうして日記を書いて、
 気持ちの整理をするの。


 正直に言えば、私のハートは。。。
 「やっぱり、、、そうだったんじゃないかなぁ?」
 と思っていたりもするのだけど。。。

 それでもどうしても、、、
 疑ってしまう自分がいるんだ(涙)


 このヴィジョンに関わった方たちの多くが、
 こう言います。

 あの当時の時代背景が、現代の状況と酷似して
 いるように感じられる。。。と。。。

 私もなんとなくだけど、、、
 そんな感じがします。


 私とその人は、よく話し合っていました。。。

 もしかすると、、、
 私達人類は、あの頃抱えたカルマ、、、
 それを解決する体験を、あの時と同じ状況である今、、、
 実現させたい。。。と思っているのではないか?と。。。

 人類的なカルマを清算したいという、私達全体の思いが、
 こういった不可思議なことを、あちこちで起こして
 いるのではないだろうかと。。。

 なのであれは、、、
 一個人の前世の記憶というよりも、人類全体的な前世の
 記憶であって、たまたま敏感にそれをキャッチしてしまった
 人達にとっては、それがまるで自分自身の前世だったかの
 ように映ってしまうのでは?

 と。。。


 だから私達は。。。
 その記憶のヴィジョンにあまり翻弄されずに、その底流に
 あるメッセージに注目した方が賢明だよねって、
 よく言ってました。


 あの人と私のヴィジョンが怖いくらいシンクロして、
 私は話すたびに、「もしかして、話あわせてる?」
 と疑ってしまうくらい物語のつじつまがあっていった。。。

 翻弄されないようにしようね、、、と言っていたのに、
 気づけば私達は、その物語をまるで自分の前世で
 起きたことのように語りあってた。。。

 そんな頃、ある本が出版されました。
 その本、、、
 「レムリアの真実」という本の中に登場する
 ある女性の名前が。。。
 あのヴィジョンの中で「私」として登場して
 いた女の人の名前と同じで。。。
 正直私は、一瞬、自分を見失いそうになりました。

 あの人はその本を見て。。。

 「とうとう、その名前が出てきましたね。」

 って落ち着いていたけど。
 私は、凍っていました(涙)


 こんな、映画とか漫画の世界みたいなこと、、、
 実際に起こるなんて信じられない!!!


 と思っていた矢先、you tubeで、なぜかたまたま、
 あるアニメを見てしまったの。
 それは、、、

 「ぼくの地球を守って」というアニメでした。

 これも。。。
 なんで観ようと思ったのかは覚えていないのですが、、、

 その漫画って、もうかなり昔に、一部の間に、
 ちょっとした前世ブームを巻き起こしたのですってね。
 あとから知りました。。。
 ・・・というか、そのマンガの存在自体、そもそも
 知らなかったのですけれども。。。

 あのマンガのストーリーも、、、
 全て。。。とは言いませんが、どことなくなんとなく、
 例のあの記憶のヴィジョンと似ている匂いがするような
 気がしてしまいました。。。

 だから私は、、、
 こんな時に偶然そういうアニメを見た。。。という
 ことにさえも、その意味を探そうとしてしまったんだよね。。。

 意味なんて、、、
 自分でつけていくものなのにね。。。


 あの作者の方の、あの物語のインスピレーションは、
 一体どこから来たんだろう?

 とか。。。

 もしやこんなアニメの影響が知らない間に人々の
 無意識間で交信されちゃってて、今頃になって
 こんなことになってる??とかね。。。(苦笑)

 色々考えたけど。。。
 やっぱりわからなかった。。。


 私達の集合無意識と呼ばれるものの中には、
 「共通の記憶」のようなものってあるのでしょうか。。。


 ユングは。。。
 「元型」というものを使って人の無意識を
 説明していたけど。。。
 結局、あの「元型」を創造したのは、誰?
 それはどこから来ているの?

 ・・・と。。。

 こうして発作が起こったときは、、、
 全てをあの記憶に繋げていってしまいそうに
 なったりもするのです。。。


 そして今回、発作が起こったとき思わず。。。
 あのマンガ本を、大人買いしてしまったんだ。。。

 なんか、、、
 馬鹿だなぁ。。。私って。。。


 けれどね。。。

 誰が送ったヴィジョンなのか、、、
 誰の記憶なのかは解りませんが、結局、あのヴィジョンが
 伝えたかったこと、そのメッセージは、、、
 本当はとてもシンプルだったのだと思うのです。

 いくら科学が発達したとしても、どんな素晴らしい「物」でも、
 「道具」というものは、それをつかう「者」によるんです。

 だから私達人間は、、、
 周りのものに対して真に優しくあれ。。。

 きっと。。。
 これだけなのだろうと。。。


 

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。