スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道筋

 12,2010 15:37
 寝る前に、今思っていることを書いておこうと思いたちました。。。

 でも、私以外の人が読んでも「だから何?」的なお話です^^;
 しかも、かなり長文になると思います。。。
 それに怪しい話だから、適当にスルーしてくださると嬉しいです。


 先日、ある場所である方が、、、

 「今ここに集まっている人達はね、昔、エッセネ派の中で
  勉強していたことがある人達だろう。。。と言われてるのよ。」

 というお話をしてくれました。

 そして、死海文書の話や、エッセネ派がどういう人達で
 どういうことをしていたのかなどのお話も、チラッと
 してくださいました。。。

 エッセネ派って。。。

 確かず~っと前に調べたことあったっけな。。。
 でも、詳しくは忘れちゃった。。。と。。。

 家に帰ってきてから、早速検索してみました。


 エッセネ派


 その他にも検索で出てきたサイトをいろいろ読んでいたら、
 なんだか、ものすごく感慨深い気持ちになってしまいました。


 複雑に絡まっていた糸がほどけて、真っ直ぐな
 一本の糸になったような感じがしたのです。

 私は射手座ですが。。。
 射手座というのは好奇心旺盛で、いろいろなものに
 興味を持つところがあるのだそうです。

 そして、興味を持った分野では高みを目指し、
 一生懸命お勉強をするのですが、飽きっぽかったり
 するところもあるようです。

 こういった射手座のエネルギーが過剰になりすぎると、
 広がりすぎて収拾がつかなくなってしまうそうですが、
 今の私がまさにそんな状態でした。。。

 あれもこれもと興味を持つものが多すぎて、
 勉強したいことがありすぎて、ちょっと頭が
 グルグル状態になってしまっていました。

 なので、もうかなり前から、少し絞りたい。。。と
 思い続けてきていましたが、なかなか出来ず。。。
 けれどもそれが、ここ1、2ヶ月の間で、なぜか突然
 スッキリと絞ることが出来たのです。

 これもなんだか不思議でね。。。

 こういうのって、頑張ってもダメなのね。。。

 無理矢理絞ろうと思っても混乱が増すだけでね。。。

 けれども、その時期がきたら、自然とスッと。。。
 何かが軽くなる感覚が来て、手放すべきものは
 自然と手放せたりしたのです。。。

 それで私の中で決まった?ことは。。。

 真理の勉強としては、ダスカロスとウイングメーカー。。。
 癒しの勉強としては、アロマと色と占星術。。。
 そして、趣味は歌と踊り(爆)

 これだけにしよう。。。ってね。。。
 (これだけでも、十分たくさんあるのだけど^^;)

 ダスカロスや占星術を深めるためには、カバラや
 聖書や神話の知識も必要にはなってくるけど、
 そういうのはまぁ、範疇内。。。

 そういったものではなくて例えばね、、、
 チベット仏教とか、ケン・ウィルバーとか。。。
 ここら辺も大好きなのだけれど、でも、系統が違い
 そうなものは、これからは少し封印だな。。。って
 そう思ったの。。。

 もう。。。
 「比較」の時期は終わったのかもしれません。。。

 こういったスッキリ感があったところに、エッセネ派の
 話を聞いて。。。
 すごい納得しました、私。。。

 懐疑心の強い私ですから、普段はこんなことを聞いても
 決してすぐには信じないのですが(苦笑)
 今回ばかりは、なぜかスッと納得しました。。。


 それは、、、
 これまでの自分の遍歴にも、説明をつけてくれそうな
 キーワードだったからでした。。。


 ・小学校の時、イエス付の十字架のペンダントが宝物で、
  こっそり学校にまでしていってた。
  意味は解ってなかったけど、なんとなく好きだった。

 ・英語が勉強したくて行った高校は、「たまたま」
  キリスト教の学校だった。

 ・こういう世界の探求を始めた初期の頃、たどり着いた
  あるサイト。。。
  「ヘブライの館」
  その中でも私はこんなお話が大好きだったのだけど、、、

  「薔薇十字の謎

  今回検索していた時に、ここがまた出てきたので。。。
  なんだか「原点」に戻った感じがしてしまった。。。

 ・前世のヴィジョンで見たひとつに、キリスト教系の男子校に
  通っている、、、というものがあった。
  そのヴィジョンの中で自分が着ていた制服と、そっくり
  同じ制服をちょっと前に偶然テレビで見てびっくり。。。
  それはなんと、「ウィーン少年合唱団」の制服だった。

  けれども、ヴィジョンの中ではその男子校はキリスト教系
  だったはずなのにおかしいな。。。と思っていたら、なんと
  ウィーン少年合唱団は元々は「宮廷礼拝堂少年聖歌隊」
  だったと知り、目が点。。。

  現在の私は、大の歌好き。。。
  そしてもっと真面目に声楽習おうかな?なんて考え始めて
  しまっているところからして、これはかなり気になるところ。

 ・イエスの死後、マグダラのマリアはケルトの地に逃げた。。。
  というお話を聞いたことがある。
  そこで、ドルイド達に保護されていたらしい。。。
  (ここら辺の信憑性は微妙ではあるけど、私はそうだったら
   いいなって思ってる。)

  なので、、、
  私のケルト好きは、ここら辺に繋がりがある?


 ・大好きなヒルデガルトが最初にいた修道院を建てた人は、
  確か、アイルランド出身の宣教師だったような気がする。
  なので、そこのベネティクト会の教えの中には
  ケルト思想が少し混ざっていたのでは?なんて言っていた
  人もいた。

  またここでもケルトが出てきたな、と思ったのだけど、
  それよりも何よりも、ヒルデガルトはキリスト教の修道女。

 ・魔女の世界が大好きで、いろいろ勉強したけれど、
  大好きなのにどこかが物足りない。
  しかも、魔女狩りの歴史なんて読むと、吐き気がしてきて
  まともに読めない。

  これがなぜなのか私なりに考えたのは、まず、現在の
  キリスト教というものは、古代宗教の聖地や祝祭などを
  いろいろと乗っ取ってしまったところがあるから、
  当時のキリスト教関係者達は、魔女をはじめ、異教と
  呼ばれる古代宗教の勉強も、実はかなりしたのだろう。。。
  なんて思う。

  また、魔女狩りに対して私がこんなに目をそむけたくなるのは、
  私はその時、魔女ではなく実は魔女達にひどいことをしてた側で、
  その時の後悔の念からなのでは?と。。。


 無理矢理かもしれないけど、なんだか。。。
 いろんなことが繋がるなぁ。。。なんて思ってしまったのです。


 でも。。。

 家族とか私をよく知る人たちには、そういったことも
 もう解っていたみたいで。。。

 「ママはどう考えても、仏教じゃなくてキリスト教って
  感じだよね。
  絶対、東洋じゃなくて、西洋でしょ。」

 って、みんなが口を揃えて。。。ね。。。


 知らぬは本人ばかりだったようで。。。(苦笑)


 エッセネ派って。。。
 オーラソーマではこんな風に語られていました。

 「エッセネ派の人々は砂漠の中の洞窟に住み、
  光と色と音を生活に取り入れ、平和的に暮らすことを
  していました。」

 ここでもまた、「色」というものに反応してしまった私(笑)
 もちろん、「音」にも。。。

 そんな感じで。。。

 昔自分が何だったか。。。なんてことには、実はもう、
 あまり執着してはいませんが、今生で私が何を
 深めていきたがっていたのかという。。。
 そういった道筋が見えてきたようでね。。。

 それがとっても嬉しかったりします^^

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。