スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎の画家

 13,2010 15:47
 昨日、ゴッホ展に行ってきました。

 こちらがそのゴッホ展のテーマソング。。。
 平井堅さんが歌っています。。。


 会場はもう、ものすごい人でした。
 日曜日でしたからね。

 でも、夫も観に行きたいと言っていたし、
 それに息子もとっても行きたがっていたので
 混んでいても、お休みの日に家族みんなで行こうと。。。


 息子は口ではハッキリ言わないけれども、
 きっと、ゴッホ大好きなのだろうと思います。

 これは、母の勘です(笑)

 ゴッホの生涯を追ってみると、、、
 ところどころで息子と共通するものが
 チラリと見えたりもします。

 それは、ひと言で言ったら、
 「牡羊座気質」の部分。

 ゴッホや息子を見ていても思うのですが、、、
 牡羊座から感じるものは、「純粋さ」。。。
 そして「勢い」。。。

 そこら辺を邪魔されると、プチパニックを
 起こしてしまうところも、2人は似てる(笑)

 息子は、何かどこかで。。。
 ゴッホの気持ちに、妙に共感できる部分が
 あるのだろうな。。。
 なんて、私は勝手に思っていたりします。


 絵を観ていて思ったことは、、、
 
 ゴッホは天才なのではなくて、やっぱり努力の人
 だったのだなぁ。。。ということでした。

 牡羊座の熱い情熱のエネルギーを。。。
 彼はきっと、絵に一心に注ぎ込んだのだろうなぁ。。。


 メインに飾られていた自画像の背景は、、、
 茶色?朱色?、、、に近いオレンジとブルーの
 点で描かれていたのですが、オレンジとブルーと
 いうのは、補色同士ですよね。

 これって、ゴッホは解っててそうしたのかな?
 それとも偶然かな?なんて娘と話していたのですが、
 絵の説明を読んでみたら、どうやらそれは、補色と
 知っての意図的だったみたいでした。。。

 ゴッホは。。。
 色彩の研究も、私が今まで思っていたよりも
 かなりしっかりしていたようです。

 このことを知って。。。
 私の中のゴッホのイメージが微妙に変わりました。。。


 昨日は、私の好きな「星月夜」の絵は残念ながら
 なかったのですが、もしかするとあの絵のあの螺旋も。。。
 聖書をしっかり勉強していたゴッホならではの、
 意図的なものだったのかもしれない。。。と。。。
 ふと思ったんですよね。

 今までは、

 「彼には見えていたんだ。。。」

 ・・・と。。。
 私はそういう風に捉えていたのだけど。


 私の、、、ゴッホに対する幻想が。。。
 魔法が、少し溶けてきたのかな?


 ここでもちょっと、地に足がついてきたのかしら?(笑)


 それでもやっぱり。。。
 ゴッホのことが大好きなことには変わりはないけど。。。


 201103031637536fc.jpg

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。