スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

進歩と伝統の保持

 17,2010 16:12
 先日、ある方と占星術のお話をしていた時に、、、

 「ギリシャ時代の古典占星術を、今でも正確にそのまま
  受け継いでいるのは今の西洋占星術ではなく、
  インド占星術の方なのかもしれない。」

 ・・・なんてお話になり、私もそんな気がしていました。。。

 でもだとしらた。。。
 なぜ、現在の日本では断然、西洋占星術の方が
 メジャーだという現実があるのだろう?

 そんな思いが浮かびました。

 だって。。。
 ここで占星術を学ぼうと思った人は、だいたいの人が
 西洋占星術から入っていくことになると思ったから。。。

 そういう現実は。。。
 私達が必要としていなければ、起きないと思うのです。。。


 そんな疑問をその方にぶつけておいて私は。。。
 昨日の夜、なんとなく、「あ、そうか。。。」と
 納得してしまったことがありました。


 実はここ数日、本棚の中で光っている本がありました。

 光っているって、本当に光っていたわけではないけれど(笑)
 なんだか気になって気になって、なぜか読まなきゃ!!って
 感じがしていたのだけれど、いろいろ忙しくて
 後回しにしていました。

 昨日の夜やっと、少し読み始めたのですが、それは
 鏡リュウジさんの「占いはなぜ当たるのですか」と
 いう本でした。


 
占いはなぜ当たるのですか (講談社文庫)占いはなぜ当たるのですか (講談社文庫)
(2002/11)
鏡 リュウジ

商品詳細を見る



 読み始めて数ページ目で、あの疑問の答え、、、と
 いうか、この「出来事」の根底にあったものを見つけた。。。


 少し抜粋です。。。


 「いわゆる古典占星術には、インドで現在おこなわれている
  占星術の方法とそっくりなものがでてきた。
  つまり、インドでは占星術は、ちょうど冷凍庫に保存された
  食物のように、歴史の中でおおきな変化をこうむることなく、
  原型をとどめていたというわけだ。

  悪い言い方をすればインドの占星術は進歩しなかった
  わけだが、逆にいえば、現代の占星術が失ってしまった
  秘密のカギをいまだに保持しているともいえる。」

 なるほど、納得です。。。

 「進歩」と「伝統の保持」

 またここでも、このテーマだったんだ。。。と、
 気づきました。。。


 以前のブログで今年の5月頃に書いた日記を、
 ここで転載しておこうと思います。。。長いけど^^;


 A先生の先生は、レバノン系アメリカ人で。。。
 正統なオリエンタルダンスを踊るタイプの
 ダンサーさんなのだそうだけどね。。。

 いろいろお話聞いてみると、そういう方は、
 今時というか、フュージョン系のベリーというか。。。
 そういった各国に広がって、その国で独自に
 アレンジされたようなベリーダンスに対しては、
 かなり冷ややかな反応を示されるそうだし、
 あれこれと「制限」が多いらしい。。。

 例えば衣装も、エジプシャンの音楽なのに
 ターキッシュ系の衣装を着るなんて論外だし、
 悲しい歌詞の曲なのに、派手な衣装で、しかも
 明るい笑顔で踊っていたりなんてしたらもう、

  「

 ・・・ってなってしまうそう。。。

 アラブ語まったく解らず、歌詞の意味がよく解らない
 私達日本人やその他外国の人にも、容赦なし!!(笑)

 フィーリングで。。。
 なんていうのは、通用しない。。。


 その先生のようなタイプのダンサーからしてみたら、
 昨日書いた、ATSのようなタイプのベリーは。。。
 「邪道」以外の何者でもないのかもしれないね。。。

 ちょっといろいろ。。。
 うるさ型。。。

 でもね。。。
 ちょっと前までは、私もそういう考え方の人だったから、
 その先生の気持ち、ものすごくよく解る。。。

 伝統をきっちり受け継いで、後に伝えていく者。。。

 そういうタイプの人の考え方なのだろうな。。。と思ったんだ。。。

 今の私は。。。
 なんか、違うのよねぇ。。。

 ホント、変わったわ、私。。。

 正統でなくても、良いものは良いのだし。。。
 きっと、時代のニーズというか。。。
 「新しいもの」というのは、今、必要だから
 生まれてきたものなのだろうと思うし。。。

 まぁ、そんな硬いこと言わずに、楽しみましょ^^
 どんどん進化してくの、いいじゃない~

 なんて思うようになった今日この頃。。。

 でも、私みたいな人ばかりじゃ、伝統は完全に
 忘れ去られ、廃れてしまうだろうね。。。

 原型は消えて失われてしまうでしょう。。。

 だから。。。
 みんながそれぞれ、自分の役割を演じてる。。。

 世の中。。。
 いろんな考えの人がいて。。。

 それで世界は調和していると。。。

 そんな風に思う。。。



 「正統?それともいまどき?」というタイトルで
 今年の5月頃書いた日記。。。

 当時の私は、完全に「いまどき」に傾いていましたねぇ。。。
 今はまた、ちょっと違うかなぁ。。。

 なんだか私はいつも、この両者の間を行ったりきたり
 していて、それがとても周期的なのだなぁと、
 そんな気がします。

 とても解りやすいのが、気持ちがバレエに傾いているか、
 ベリーに傾いているかで、その時の自分の状態が見える。。。(笑)

 その傾き具合で、自分の周りに起こってくる出来事も
 不思議とそれに合わせたようになっていく。。。

 そして。。。

 注意深くしていれば、メッセージは必ずそこにある。。。


 面白い。。。


 いろいろ経験して、、、たくさん考えたり感じたりして。。。

 とにかく。。。
 「今の私」の魂に響くものに素直に。。。
 じっくりたっぷり体験していこうと思います☆

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。