スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスプレゼント・フォー・ミー

 24,2010 16:36
 ユングの「赤の書」。。。

 ついに手元にやってきました(感涙)


 
赤の書 ―The“Red Book”赤の書 ―The“Red Book”
(2010/06/26)
C・G・ユング

商品詳細を見る



 日本語で発売決定!!のお知らせを聞いた時は
 それはそれは嬉しかったのですが、お値段が
 半端なくてね。。。(涙)

 だから私は今まで、コツコツとお小遣いを
 貯めていたのですよぉ。

 発売早々、あっという間に売り切れになってしまい、
 再入荷を待っても、もし今年中に購入出来なかったら
 割引期間も終わってしまうので更に高くなってしまうしで。。。

 何度も諦めかけました。

 でもね。。。
 先日、紀伊国屋書店さんから、ギリギリのタイミングで
 再入荷のお知らせをいただき。。。

 とうとう思いきりました。。。


 ダスカロスもダライ・ラマも、、、
 そしてウイングメーカーも。。。

 今の人類の心理学は、幼稚園並みだと言っていました。。。

 でも私なんて、私自身がまだ幼稚園児並みなので、
 そんな大それたことは、絶対言えないけど^^;

 ただ。。。
 そんなことを聞いてしまったせいか、
 ユングの理論を深く勉強しよう。。。
 みたいな気持ちが、私の中では今のところ、
 まだあまり起きないようなのです。。。

 学生時代に体験した出来事も、きっとどこかに
 ひっかかっているのだと思うのだけど。。。


 でもユング。。。という人そのものには、、、
 ユングの人となりというものには、以前から
 とってもとっても興味がありました。。。

 なんだか私はいつも。。。
 その人の「仕事」よりも「自伝」に、、、
 強く興味を持ってしまうほうみたいで。。。(笑)

 だからこの、「赤の書」にはとても興味があるのです。


 まだ全然読んでいませんが、パラパラとページを
 めくって、次々に目に飛び込んできた不思議な絵を
 観たら、もうすぐに。。。

 「あぁ、、、
  この人も、あっち行っちゃってた人だ。。。」

 って。。。

 そんな風に思いました(笑)

 だってやっぱり。。。
 異次元の匂いがするのだもの。。。


 ユングは。。。
 あっちに行っただけで満足しなかったのですね。。。

 そういう世界で見たヴィジョンを、3次元に
 形として降ろしてきたこと。。。
 「理論」として構築しようとしたこと。。。

 そこがすごいなぁ。。。と思いました。。。


 今日はイヴなのにね。。。

 こんなトランス系の音楽(大好きなグループなのだけど 笑)で、
 こういう絵を観ることになるなんて。。。(笑)


 

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。