スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスの香り

 24,2010 16:44
 カナダのエッセンシャルオーラ社のオレンジ・スイート精油は、
 ちょっと渋みが強い香り。。。

 もう少し爽やかなオレンジがいいな。。。と思い、
 今回は、英国のクインエッセンス社のオレンジを
 注文してみました。

 ヨーロッパでは、このオレンジ・スイートが
 クリスマスの香りとしてシナモンとともに使われると
 聞いていたので、一緒にシナモンも。。。

 それが、イヴの今日、届いた~♪

 予想通り、、、
 爽やか系、オレンジでした^^

 英国系の香りって。。。
 どこか軽やか。。。

 本当は、もう少し重みのある香りが好きなのだけど、
 柑橘系はやっぱり、軽い方がスッキリかなぁ。。。


 オレンジとシナモンがヨーロッパではなぜ、
 クリスマスの時期の香りなのかといいますと。。。

 それは、この季節に作られる「フルーツポマンダー」から
 きているのでした。

 フルーツポマンダーとは、オレンジの実をはじめとする
 柑橘類に、スパイスであるクローブの実をたくさん差し込み、
 それにシナモンなどの粉をまぶしてよい香りにしたものです。

 それに可愛らしいリボンをつけて、、、
 今では、玄関などに吊るします。

 これがお守りや厄除け、そして空気の浄化などに
 利用されるのでした。


 ポマンダーは中世ヨーロッパで流行しました。
 16世紀頃がその頂点だったらしいです。

 昔から、香りは健康に関係があるとされていて、
 病気は、汚れた空気に触れると伝染すると考えられて
 いたそうです。

 なので当時の人々は、こうしたポマンダーを身につけ、
 病気や悪魔から自分を守ろうとしたのですね。。。

 ポマンダーとは、フランス語で「琥珀色のりんご」と
 いう意味なのだそうですよ☆

 毎年作ろうと思いながら、いつも忘れちゃうのですが、、、
 今年は香りだけでも楽しもうかな(笑)


 メリークリスマス

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。