スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古きよき時代の。。。

 28,2011 13:32
 昨日、赤い靴の映画を観ていたら、、、

 「古きよき時代のバレエ」。。。
 
 みたいな雰囲気をとても感じました。


 ディアギレフのバレエ・リュスは、伝説にはなっているけれども、
 先日発掘された映像を見たら、妄想的な夢は醒めた。。。

 アンナ・パブロワの映像をyou tubeで見たときもそうだった。。。

 もしニジンスキーの映像が発見されたとしたら、きっと
 同じような感覚を味わうことだろうと思う。。。


 なぜなら昔に比べれば今の方が断然、ダンサーの技術力は
 あがっているわけだし、体型だってよりストイックに
 磨き上げられている。。。

 舞台装置だって音楽だって何もかも。。。
 昔より今の方が、水準は高くなっているのだから、
 目が肥えた現代人が昔のバレエを見たら、いろいろと
 アラが見えてしまったりもするのだろう。。。


 こうして、、、
 人々の幻想は醒めていくのかもしれない。。。


 でもね。。。
 なんだろう。。。感じたのです。。。

 踊りがあまり上手くなくても、装置がパッとしなくても、
 あの頃のバレエには、なんだか不思議な雰囲気が漂って
 いるんです。。。

 「魔法」。。。のような。。。

 昔にはやっぱり、、、
 今の現代人が忘れてしまった「何か」があったような
 気がしたのでした。。。


 ディアギレフが芸術を映像として残したくなかった
 気持ちが、とてもよく解ります。。。

 バレエは、、、
 瞬間の芸術だと言われますけれども、それは、
 目に見える「形」ではなく、そこにある、
 目に見えない「エネルギー」に関係しているような
 気がしました。。。

 エネルギーというのは、、、
 映像から感じ取ることは、とても難しいのですよね。。。


 使い古されたような古いものはもういらない。。。
 どんどん捨て去っていくつもりです。。。

 けれども、古いものの中には大切なものも混じってて。。。

 昔以上に技術などのレベルがあがった現代人が忘れて
 しまっているもの。。。

 古きよき時代にはあったけど、今は失ってしまった
 その「なにか」を取り戻したら、、、

 なんだか、すごいことになりそうだなぁ。。。って。。。


 そんな予感がしたのでした。。。


 

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。