スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自我の世界が終るとき

 15,2011 16:18
 ミシャールという素敵なベリーダンスの先生と出会い、、、
 私はものすごく喜んでいたのに、ある時、彼女がバリ島に移住
 してしまうことを知り、とてもショックを受けました。。。

 彼女と一緒にレッスンできる残り少ない時間はとても貴重な
 ものに感じられ、一瞬一瞬をかみ締めるように味わう。。。と
 いうのは、こういうことなのかなぁ。。。と思いながら、
 ミシャールのレッスンを受けていました。。。

 旅立つ少し前、ミシャールに「やっぱりバリにいってしまうのですか?」
 と尋ねると、彼女は、、、

 「Yes, I decided.」

 ・・・と。。。

 なんだかその時の彼女の表情から、とてもしみじみとしたような
 思いでそう言っていることが感じ取れたので、私は、
 「なぜ、そう決めたのですか?」と、再び尋ねたのです。。。

 
 ミシャールは、これから小学校にあがるお子さんを、
 日本ではなくバリの学校に通わせるために、、、
 ダンサーとしての自分よりも、母親としての自分の立場を
 優先させることにした。。。とね。。。

 そんなことを言っていました。。。


 ご主人は日本でいろいろとやることがあるので、一緒に
 行くことは出来ない。。。
 だから、彼女がお子さんとふたりでバリ島に行くことになれば、
 ご主人はこちらでひとりぼっちになってしまうし、
 家族はバラバラになってしまうわけですが、、、

 ミシャールの生徒のひとりでもある、私のベリーの先生が、
 それについてミシャールに聞いてみたところ。。。

 「世の中には、いろんな夫婦の形があるでしょ。」

 ・・・と答えていたって言っていました。。。


 彼女は。。。
 全く「囚われない」生き方をしていて。。。
 そして旦那さんも同じように全く囚われない生き方をしていて。。。

 とても羨ましいなぁ。。。と思いました。。。


 
 この流れの中、、、
 いろんなことがスッキリしたけど。。。


 私は、、、
 まだまだいろんなことに囚われた生き方をしている上に、
 私の周囲の人もそうですから。。。

 もし私が、多少のジレンマを抱えながら生きるのをやめて、
 魂の赴くままに生きようとしたら。。。

 一体どうなるのだろう?という。。。

 そういう怖さは、、、
 やっぱり未だに捨てきれていません。。。



 「自我の創る世界」と「魂の創る世界」という、、、
 この二つの世界の中で同時に生きている今。。。


 「自我の世界」が強制的に終了させられる日も近いのかなぁ。。。

 ・・・ってね。。。


 最近の全体の流れを見ていると、、、
 なんとなく感じなくもないのだけどね。。。


 先のことは、よく解りません。。。
 

 ただね。。。
 
 私が「ここ」にしがみつく大きな理由のひとつになって
 いるものが「子供」だとか「親」という。。。

 「家族」だということは、ものすご~く解るので、、、


 そのあたりがなんの心配もなくなった時は。。。
 何か変わるのかしら?

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。