スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふたつの間の違い

 16,2011 16:22
 昨日の夜、テレビで「ラストサムライ」をやっていましたね。。。

 あの映画は世界中で、多くの人の胸に響いた映画だと思います
 けれども、一体「何」が、、、
 多くの人の胸を打つのでしょうね。。。


 観ていてふと。。。
 これって物語的には、「蝶々夫人」と似たような時代の日本を
 描いるものだなぁ。。。と感じたのですが、、、

 昔描かれた蝶々夫人の物語と、現代に描かれたラストサムライの
 物語の中に登場する「日本人」の姿に。。。

 今でも共通するものを感じ。。。
 昔とは変わったものも感じ。。。


 どちらも。。。
 外国の人の目に映る、「日本人」のイメージなのでしょうけれどね。。。

 でも日本人の私達が、外からのイメージの中に学ばされるものも
 あるよなぁ。。。なんて思ったりもしました。。。


 ところで。。。
 出演していた渡辺謙さん。。。

 彼を見ているといつも、、、
 どうしても思い出してしまうことがあるのです。。。

 それは彼が以前、「急性骨髄性白血病」になり、そしてその病を
 克服したということです。。。


 白血病。。。というとね、、、
 昔大好きだった中川勝彦さんのことがすぐに浮かぶのです。。。
 勝彦さんは、、、
 白血病で若くして亡くなられたから。。。

 勝ちゃんが白血病になったのと、渡辺謙さんが闘病されていた
 時期も、、、たしか同じくらいの時期だったんです。。。


 だから渡辺謙さんを見るたび、、、思い出す。。。


 同じ病気にかかりながら、勝ちゃんは亡くなり、、、、
 謙さんは復活してハリウッド映画にまで出演されて。。。

 この「違い」というのは、一体どこからやってくるのだろうなぁ。。。

 ってね。。。

 そんなことを、、、よく考えました。。。


 放射性物質を大量に被曝すると白血病になる。。。と言われていますが、
 同じ環境にいたとしても、病気になる人とならない人が出てくるの
 だろうなぁ。。。と思います。。。

 そしてたとえ病気になったとしても、、、
 勝ちゃんと渡辺謙さんのように、治る人と治らない人がいるのでは
 ないかな。。。と。。。

 そんな風に思います。。。


 この「違い」って。。。
 本当に、、、一体どこから来るのでしょう。。。


 
 私は元々、、、
 いろんなものに「こだわる」タイプなんですね。。。

 なので、この家に越してくる前、、、
 「主婦」としてやっていた頃は、家の中のことについて
 あれやこれやとこだわっていました。。。
 
 ガーデニングで育てる花についてもそうですし、
 インテリアについてもそうですし、料理に使う食材とか
 洗剤などに至るまで、いろんなことに。。。

 やるとなるととことんやってしまうので、いろんなことを
 調べまくり、どこそこの花がよいとか、どこの人参が
 安全で美味しいとか。。。

 そういう風にやっていたんです。。。

 今でも基本はあまり変わっていなくて、、、
 例えばアロマの精油とかハーブとか、手作り化粧品に
 使う材料とか。。。

 こだわれるものに対しては、未だにそうです。。。


 ただ。。。
 こちらの家に越してきてからは、この家の主婦は、、、
 私ではなくなり。。。

 そうなると、以前のように、自分の思い通りには出来ない
 ことがたくさん出てくるようになりました。。。

 最初の頃はそれはそれはストレスでした。。。

 特に食べる物に関しては。。。
 こういうものは子供達にはあまり食べさせたくないとか、
 いくら安いからといってもこの食材は。。。とかね。。。

 いろいろ思うことはあったのです。。。


 けれども。。。
 ある時、そういう思いは手放しちゃった。。。

 こだわれない状況の時に、そこにこだわっていることほど
 愚かなことはない。。。って。。。

 そう思ったのです。。。


 私のそういうこだわりは、結局何一つ良いものは
 生み出さず、それはただただ自分を苦しめ、周りとの
 調和を乱すものなのだなぁ。。。って。。。

 ある時思ったのですよ。。。


 出された食事は、どんなものであろうと感謝していただいたり。。。
 気にいらない部屋であっても、ここに住んでいるということ
 自体にきっと、何か意味があって、、、
 私の魂が私にここから何かを学ばせたいから、私は今、
 こういう環境にいるのだろうと。。。

 
 そうやって。。。
 物の見方や考え方を変えただけで、ものすごくものすごく、、、
 楽になったのですよ。。。


 父も母も、私達がこの家に越してきて、同居がはじまったばかりの頃は、
 かなりピリピリしていたのです。。。

 そのピリピリの原因は、自分のペースを乱されたことによる
 ストレスもあったと思いますが、私たちの行く末を「心配する」
 気持ちも、きっとそこにあったからだと。。。
 私はそんな風に思っていてね。。。

 「あんた、、、どうするの?これから。。。」

 って、、、
 母によく言われましたから。。。


 でも私はバカみたいに。。。
 本当にずっとバカみたいにやってきたの。。。

 演技だったけど。。。
 演技はうまいんです、私(笑)


 そうしたらある日母が、父にこういう風に言っているのを
 聞いたのです。。。
 

 「ねぇお父さん。。。
  世の中にはかなり切羽詰っているのに、なんだかなんでも
  なさそうにのんびりしている人がいるわね。。。
  私はなんだか、心配するのがバカらしくなってきたわよ。。。」


 母がその時、誰のことを言っていたのかは解らないけど。。。
 それを聞いた時私は、こっそり微笑んでしまったんだ。。。



 病気になるならない。。。
 病気になっても奇跡的に回復してしまうとか。。。


 その「違い」というのは、、、
 まぁ、カルマ的なこととか考えたらまたちょっと複雑になって
 しまうのだろうとも思いますが、でも基本的には、、、

 こういうことに関係しているのではないかなぁ。。。というのが、、、

 今の私の思いなのです。。。


 視点を少し変えたり、感謝をしたりすることは。。。

 本当に本当に、結局は自分のためになるんだなぁ。。。ということを、
 私は実体験の中で、しみじみ感じていて。。。

 その、深いところからくる「安心感」。。。

 これがその「違い」を生み出すのではないかなぁ。。。ってね。。。

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。