スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Voice from My Heart

 22,2011 16:49
 昨年、たった3ヶ月だけでしたけれども、あるエソテリックな
 サークルに通っていた時期がありました。

 私的にはそれをここで書いてしまうことに対して正直、
 あまり躊躇は感じないのですが、サークルのほうは
 それを表ではあまり話すな。。。的な姿勢でしたので、
 それについては詳しく書けないのですけれども。。。


 私は、、、
 このブログに書いているようなことは、普段の人付き合いの
 中では滅多に話しません。。。

 夫と子供達以外には、家族にも話していません。。。

 それはいつも書いていますように、、、
 素の私では、今の社会の中ではとても生きにくい。。。

 そう感じてきたからです。。。

 以前夫にも。。。
 素を出したらきっと、敵が増えるぞ。。。

 ・・・なんて言われたことがありますし。。。^^;


 けれども、ずっと仮面をかぶっていると時には息が苦しく
 なってきますので、本当の自分というものをさらけ出せる
 場所。。。というものをいつも探していました。。。
 

 私がそのサークルに通おうと思ったのは、そういう理由からで、、、
 そこで何か、自分の知らないことを知りたい。。。という。。。
 そういう理由ではなかったのですね。。。

 そして、、、
 これはいつものことなのですけれども、、、
 最初の頃はいいのですけれども、少し経つと私って、
 すぐに飽きてしまうんです。。。(苦笑)

 なぜなら多くの場合。。。
 ハートが熱くなるような、、、ずっとのめりこみたくなるような
 ものを、そこから感じられないからなのです。。。


 いつも、、、物足りないのです。。。



 それでも、、、

 「こんなにすぐにやめたくなってしまうのは、根性が足りないから
  なのかもな。。。」

 ・・・という思考が働きますので、少しの間は続けるわけです。。。


 ある日、そのサークルでこう言われました。。。

 「ここで学ぶ人は、昔、エッセネ派にいたことがある人達だと
  言われています。。。」


 私はそれを聞いた時、自分の中でとてもとても納得したものが
 ありました。。。

 そして、それに納得したことで、私の中では何かが完全に
 終わってしまったような感じがしました。。。

 なのでもう、それ以上そこに通う気持ちは
 なくなってしまったのでした。。。 


 こういう風に書いても、、、
 受け取る人によって、思うこと様々だと思いますけれども、
 でも、「ある視点」から見ると。。。

 「気持ちが終わったのに我慢して続ける」。。。ということは、
 「その形を維持することに執着する」

 ・・・という風になるんです。。。


 結婚や子育てさえも、その視点から見たら一種の「執着」
 ですけれども、、、

 私はまだ。。。
 ここには執着していたいかな。。。


 なぜなら、、、
 それによって生まれるドラマを通じて体験し、学び。。。
 清算できるカルマが、今はまだ、あるような気がするからです。。。
 

 こんな感じで。。。
 私はどこかで、自分の居場所のようなものを、ずっと探し続けて
 いるところがあります。。。

 家族の中以外にも、、、
 素の自分でいられて、そして、心底熱くなれるような場所。。。

 本来の自分でいられる場。。。

 
 そういうものを、、、探しているの。。。

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。