スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドって何座なのだろう?

 23,2011 16:51
 私って、、、
 自分の中で「面白そうかも?」と興味をもったら、
 まずはとことんやりたくなり、、、

 で、飽きるのも早いという。。。

 思いきり射手座的な人。。。

 だからこういう人は何かの「専門家」にはなれませんね。。。
 「雑学王」にはなれるかもしれませんが(笑)


 インドに興味を持ったので、早速こんな本を読んでみました。


 
ヒンドゥー教の本―インド神話が語る宇宙的覚醒への道 (NEW SIGHT MOOK Books Esoterica 12号)ヒンドゥー教の本―インド神話が語る宇宙的覚醒への道 (NEW SIGHT MOOK Books Esoterica 12号)
(1995/05)
不明

商品詳細を見る



 このシリーズって、右も左も解らない時にはよい入門書になりますよね。。。


 もともと今回、なぜインドなの?と言ったら、キッカケは
 ベリーダンスでした。。。

 ダンスも含め、芸術って、、、
 深めようとするとどうしても宗教的なものと交差してしまうので、
 ヒンズー教のことを知っておくのは、プラスになると思ったのでした。。。


 まだ本はパラッとしか読んでいませんが、写真を何枚か見ました。。。

 それにしても。。。
 インドのヨガ行者の人達。。。

 汚いよ。。。^^;;;

 ・・・というのが、正直な感想で。。。


 25年間も聖なる洞窟に座っている人の写真も載っていましたが、
 目は真っ赤に充血しちゃっているし、おそらく断食とかも
 しているのだろうと思うのだけど、お腹がポッコリ膨らんでしまってて。。。
 栄養失調なのかしら??なんて。。。

 つい思ってしまった^^;

 なぜそこまでして瞑想するのだろう。。。 

 それに、、、何も食べないで生きていけるようになるのは、、、
 苦行の末に。。。ではないだろうに。。。なんてね。。。

 私なんかは思ってしまうのでした。。。

 
 「25年もただただ瞑想しているだけだなんて。。。
  私なんかは、なんだかもったいなく思えてしまう。。。
  一体何のために生まれてきたのかしら?なんて思っちゃうけどねぇ。。。」

 ・・・と、私が言うと息子が。。。

 「座るために生まれてきたんでしょ。」

 と言っていて、、、

 全く真理だわ。。。と思ってしまいました。。。


 そういう生き方をしたい魂が、インドのような国に
 生まれるのでしょうね。。。


 この世では。。。
 いろんな魂が、それぞれにあった生き方をしているのでしょうね。。。


 そんなわけで、ヒンズー教にしたって、、、
 ブッダやイエスの言葉と同じく、すべてを丸々取り入れることは、
 現代の日本に生きる私にはきっと出来ないでしょうし、その必要も
 ないのだろうなぁ。。。と思いました。


 星的にも、、、
 私はどうやら破壊者気質というか、、、
 反逆者気質のようなものがあるようでね。。。

 それを知ったとき、すごく納得しました。。。

 私って、、、
 古いものが好きなわりには、そのまんまその伝統に
 従うタイプではないようなのです。。。

 それにもともと射手座には、様々なものを探求、比較して、
 その中から共通の真理を見つけるということが好き。。。

 ・・・というそんな性質があるそうなので、、、

 ここは、、、そんな雑学王気質を生かして。。。(笑)
 いろんなものの、いいトコを取り入れ、、、

 そして、「私の世界」。。。
 というものを創っていきたいです。。。



 この本の冒頭、、、
 あ、これ素敵。。。と思ったところがあったのでメモです。。。


 *バクティ(信愛)

 業と輪廻の観念に縛られ、カーストに取り巻かれているとすれば、
 厭世的にもなる。
 しかし、多くのインド人は自己の運命に悲観も楽観もしていない。
 なぜなら、そこには確かな救いがあるからだ。
 
 「無欲のままに信じる神に献身することで、究極の境地に達する。」

 バクティの教えである。
 大切なことは、成就するかどうかではなく、献身し、信愛する
 ことであった。 


 *シャーンティ(寂静)

 何かを為そうとすれば、それが執着となる。
 何かにつけ究極まで追い求めるインド人は、反面でその無意味さも
 悟っていた。
 本当の自由とは、「とらわれのない境地」の中にある。
 寂静とは「極端なものの一切から離れる」ことを意味する。
 この境地にあっては、もはや生前の解脱に固執することはないのかも
 しれない。
 しかし逆にいえば、それこそが解脱への確かな足がかりとなるのだ。
 


 「もとの私」である神。。。
 その神が創る大いなる流れにすべてお任せで、、、
 そして、何事にも真剣に取り組むのに、どこかで一歩引いている。。。


 インド人が本当にそうなのであれば、私とはかなり
 気があうと思います。。。

 だからやっぱり、、、
 もう少しインドのこと、探ってみたいなぁ。。。


 ヨガ行者が抱えている矛盾も。。。
 解き明かしてみたいしね。。。


 日本は、星座的には天秤座の国だと言われていて、私は
 それがものすごく納得できるのですけれども。。。

 インドは一体何座なのかなぁ。。。

 インドのことをよく知れば、それもだんだん解ってくる
 かもしれませんね。。。

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。