スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sloka

 08,2011 18:09
 インド古典音楽では、実は声楽が一番大切なのだそうです。。。

 「インド古典の全ての音、展開は全て人間の声を模倣した物といわれ、
  器楽の演奏手法の中には、声楽を真似るような要素が含まれています。」

 ・・・と、あるサイトで読みました。

 インドの声楽には特定の歌詞がない場合が多く、「ラーガ」と呼ばれる
 音階を声でなぞっていく独特な表現をするのだそうです。

 また、多くが即興なのですって。

 
 「音」の響きにはいろいろパワーがありますけれども、
 「人の声」の響きというものは、、、
 また特別なのですよねぇ。。。


 インドの声楽は、私が今勉強している西洋の声楽とは全然違いますが、
 なんとなく、日本の民謡に近いものを感じたりします。

 歌詞の内容が、インドが神様のことを語っているのに対して、
 日本の歌詞は、庶民の生活を語っている。。。

 ・・・って感じですけれども、「響かせ方」が
 似ている感じがしてね。。。


 とてもシャーマニックです。


 

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。