スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モモ

 11,2011 18:12
 ここで紹介するまでもなく、誰でも知っているこの本。。。


 
モモ (岩波少年文庫(127))モモ (岩波少年文庫(127))
(2005/06/16)
ミヒャエル・エンデ

商品詳細を見る



 小学校の頃、図書室にもありましたよねぇ。。。

 私はその頃からこの本をいつか読もうと思っていながら、
 実は、未だに読んだことがありませんでした。。。

 でも、、、
 昨日の夜読み始めたら止まらなくなり、夜中の3時過ぎまで
 読んでしまった。。。



 今から2週間くらい前。。。
 娘に付き合って本屋さんに行ったときのことでした。。。

 彼女が買いたい本のコーナーに一緒に行ったら、その近くには
 児童文学のコーナーもあり。。。

 そこに立っていたら、なんとなく急に「モモ」が浮かんできたので
 娘に頼んで、学校の図書室から借りてきてもらったの。。。


 借りてきてもらったはいいけど、まだ返すまでに余裕があるなぁ。。。
 なんて思ってたし、なんとなくテンションがあがらなかったので
 しばらくそのまま読まずにいたら、いつの間にか時間は過ぎ。。。
 もう、来週には返さないといけない、、、と娘が一昨日に言って
 いましたので、そろそろ読まないとなぁ。。。なんて思っていました。。。


 昨日ね、娘が帰ってくるやいなや、彼女の友達から電話がかかってきて、
 娘は、しばらくの間、その子と電話で話していました。。。 

 随分と長電話だったので、どうしたのかなぁ?と思っていたら、
 電話を切ったあとに、娘が話してくれたことは、、、


 以前から娘に、その子がずっと学校をお休みしている、、、とは
 聞いていたのだけれども、昨日の話によると、どうやら最近
 彼女は心療内科で「社会不安障害」と診断されたらしくて。。。

 誰にも相談できなくて、苦しんでいるようでした。。。

 先日、面談で娘の担任の先生とお会いしてお話して
 きましたけれども、あの先生は、、、
 決して悪い人ではないけれども、こういったことを
 相談したら余計に悪化させてしまいそうな先生だと
 私の目には映っていたので(苦笑)

 要は、そういった「使命」を持っている人には感じられ
 なかったので、先生には相談しない方がいいだろうと
 思ったのですが、 親はどうなんだろう?と娘に聞いてみたら、
 その子が言うには、お父さんもお母さんもいい人なのだけれども、
 やっぱり、自分が言うことは理解してもらえない。。。と。。。
 そう感じるので、最近は相談しなくなってしまった。。。って。。。

 彼女今、、、学校の退学まで考えているそうなのです。。。

 学校に行きたい気持ちがあっても、いざ行こうとすると
 怖くなってしまって、行けないんだって。。。


 なんかこういうお話って、、、
 今の自分の身につまされる感じもしましたよ。。。(苦笑)

 なんだか、、、
 彼女の辛さがしみじみ解ってしまう気がしてね。。。


 こういった精神的なものには、「無理」ほど無意味なものはない。。。


 そう思います。。。

 無理すれば、パニック症候群とか過喚起症候群とか。。。

 身体が全力で拒否反応を起こして、精神を守ろうとするのだもの。。。


 詳しいことをいろいろ聞いたわけではないけれども。。。

 こんなお話を聞いていて私が感じたのは、やっぱり。。。
 その子の中にある「自分を理解してほしい」。。。
 
 ・・・という気持ちでした。。。


 もともと、感受性が鋭かったり、人の気持ちが見えすぎるくらい
 見えてしまったり、理解がものすごく早かったりとかする子は。。。

 こういう悩みに直面しがちなのかな。。。って思います。。。


 人は誰でも、自分のフィルターを通してしか物を見ていませんから、、、
 もともと深いところで理解する子は、周りもそうなんだろうと、
 思ってしまいがちですしね。。。


 その子もまずは、自分自身を知ることなのだろうなぁ。。。とも
 思いました。。。

 そして、、、
 自分が相手に対して、かなり高い要求をしていることが
 解ってしまえば。。。

 その子も少しは救われるのかなぁ。。。とかね。。。
 


 これは、私の体験から思うことなのですけれども。。。

 周りが、自分の価値観からしか物を見れず、その価値観から
 ずれたものを「悪」とか「変」と見なしてしまうこと。。。

 敏感な子は、、、
 それでものすごく傷つきますし、不安になりますよね。。。

 こういう、バランスが崩れてしまった状態の時。。。
 その価値観を越えてまでも(越えるのは相当難しいことですけれども)
 自分のことをちゃんと理解しようとがんばってくれる姿勢、、、
 たとえ理解出来なかったとしても、理解しようとする意思を
 誰かひとりだけでも見せてくれたら、、、

 きっと、救われるのではないかと。。。


 なぜなら。。。

 本来は、、、
 誰の魂もキラキラなのですし、それに、
 人には元々、自然治癒力がありますから。。。


 跳ね返さずに、本当に受け止めてくれる人がいれば、、、
 その自然治癒力が働いて、人は自分で立ち直れる。。。
 自分で気づける。。。


 そして、、、
 本当に受け止めるということは、単なる「うなづきマシーン」に
 なることでありません。。。

 それをやったら、逆効果。。。(苦笑)

 そうではなくて、そのままの相手を、自分のフィルターを
 通さずに、そのままの姿で理解したいという強い気持ちを持つことだと。。。


 私は思うのです。。。


 フィルターを通さずに見ることなんて、、、
 人間は、もしかしたら不可能なのかもしれませんが、
 それでも、それをやってみようと努力すること。。。
 この「努力」ならば、、、出来ますものね。。。


 だからそういう子に、、、
 「社会不安障害」なんて「病名」をつけて、簡単に判断して
 しまうお医者なんて、、、

 やっぱり、私は、頼る気は起きない。。。


 千人いれば、そこには千通りの生き方があるのだから、、、
 人間に対しては、「マニュアル」なんてものは作れませんし、
 だから、今の学校教育に対してだって、私は違和感たっぷりです。。。

 「こうするべき」「こうあるべき」

 ・・・って、一体何なの???

 そう思っちゃいます。。。


 機械に対しては、マニュアルは作れますから、、、
 人がそのマニュアルに沿って生きるとなれば、それは、
 人が機械的に生きているということになる。。。


 こんな考え方の私ですからね。。。
 その子のお話を聞いた時はもう、辛くてね。。。

 苦しいだろうに。。。と、、、

 何とかしてあげたい気持ちでいっぱいになってしまいました。。。


 娘とそのことについていろいろ話していたのですけれども、
 娘には、とにかくその子のお話をよく聞いてあげなさい。。。
 としか言えませんでした。。。

 聞く。。。

 ・・・ということは、本当は「聞く」ではなくて「聴く」です。。。

 「Hear」ではなくて「Listen」です。。。


 あなたの意見とか、余計なアドヴァイスとか、、、
 そういうものは今は一切いらないから、ただ聴いてあげなさい。。。

 そしてあなたが解らないことは、「私はこう思う。」とは
 言わずに、「なぜ、そう思うの?」と静かに聞いてあげなさい。。。と。。。


 なぜなら。。。
 その子の魂は、、、もう解っているからです。。。


 そういう話を昼間娘としていてね、そして夜に「モモ」を
 読んだのですけれども、、、

 すごいシンクロを感じてしまいました。。。


 モモはね、、、
 町の人たちの役に立つ子でした。。。

 それがなぜかというとね、、、
 こういうことでした。。。


 でも、どうしてでしょう?
 モモがものすごく頭がよくて、なにを相談されても、いい考えを
 おしえてあげられたからでしょうか?
 なぐさめてほしい人に、心にしみることばを言ってあげられたから
 でしょうか?なにについても、賢明で正しい判断をくだせたからでしょうか?

 ちがうのです。
 こういうことについては、モモはほかの子とおなじ程度のことしか
 できません。

 するとモモには、どこかこう、人の心をほがらかにするようなところが
 あったのでしょうか?

 たとえば、とくべつ歌がじょうずだとか、なにかの楽器がうまいとか、
 それとも、、、ないしろモモはサーカス場みたいな円形劇場に住んで
 いるのですから、、、おどりだの、アクロバットの曲芸だのが
 できたのでしょうか?

 いいえ、それもちがいます。

 ひょっとすると、魔法がつかえたのでしょうか?どんな悩みや苦労も
 ふきはらえるような、不思議な呪文を知っていたのでしょうか?
 手相を占うとか、未来を予言することが出来たのでしょうか?

 これもあたっていません。

 小さなモモにできたこと、それはほかでもありません、あいての話を
 聞くことでした。なあんだ、そんなこと、とみなさんは言うでしょうね。
 話を聞くことなんて、誰だってできるじゃないかって。

 でもそれはまちがいです。
 ほんとうに聞くことのできる人は、めったにいないものです。
 そしてこの点でモモは、それこそほかには例のないすばらしい才能を
 もっていたのです。




 あぁ。。。
 シンクロ、、、タイミング。。。

 また自分が正しい道の上にいるような、感動を受けました。。。

 
 こういう時、、、
 感動して、そして、感謝の気持ちがわいてくるのです。。。


 モモはこの部分だけではなく、全体的にすごい深い物語で、、、

 いつか夢や瞑想で見たヴィジョンを思い出させるような
 いくつかの描写や、スピリチュアル的なメッセージも、
 盛りだくさん。。。

 亀も出てくるし(笑)


 大好きになりました。。。


 ミヒャエル・エンデは、「はてしない物語」も好きでしたが、
 モモの方が好きになっちゃったかも。。。


 でもね、、、
 この話の原作は、、、実は彼ではないようなのだけどね。。。

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。