スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「あ」に気をつける

 14,2011 18:26
 コンコーネを歌っていたら、先生がこうおっしゃった。。。

 「音大受験する人より上手ですね。。。」


 正直。。。
 嬉しい!!!

 でも、恥ずかしい。。。

 先生、、、それはお世辞ではないんですかぁ??などと
 どこかで思ってしまう自分がいました。。。


 こういう時、素直に喜べないのは、自分では
 「こんなんじゃまだまだ!!」なんて思ってしまっている
 部分がたくさんあるから。。。

 自分の歌には、、、
 本当に、まだまだ満足していないの。。。


 けれども、せっかく先生がそうおっしゃってくださったのだから、
 もう。。。
 そういう部分は少し柔らかくして、ここは素直に喜びたいです。。。

 そしてそれを、「自信」に繋げていけるようになりたい。。。


 このあたり、、、
 昔に比べれば、だいぶ柔軟になれてきたけどね。。。^^;



 褒められても決して調子に乗ることなく、常に謙虚さと向上する
 ための努力を怠らないようにすること。。。


 この点を、いつも気をつけていれば大丈夫かな。。。と。。。


 「Ombra mai fu」を歌ったときも、「Lyricaさんは、オペラとか歌を
 よく観に行かれるの?」と聞かれ、なぜかと思ったら、
 「まだ通したばかりなのに、歌への感情の込め方が、もう言うこと
  ないくらい出来ているから。」
 
 ・・・なんて言われてね。。。

 先生のおっしゃることを否定するのも、ものすごく失礼なこと
 だと思いながらも、あまりの恥ずかしさについつい。。。

 「そんなことないですよ~~~」

 ・・・と言ってしまう自分がいました。。。(苦笑)

 せっかく、そうおっしゃってくれたのにね。。。


 「両親がオペラ好きだったので、家では観る機会が多かった。」

 みたいな話をしたら、先生も納得されていたので、やっぱり、
 「環境」というものは、大きいなぁ。。。
 なんて思いました。。。

 そういう家を選んで生まれてきたというのも。。。
 考えてみたら、深いよねぇ。。。


 本当は、ここでこんなことを書いていること自体、
 かなり抵抗がある私なのですが、、、

 レッスンの記録として。。。ね。。。^^;;


 発表会とかそういうのに、どんどん出てみるといいですよ。。。
 とおっしゃってくださったので、機会があれば、
 どんどんチャレンジしていきたいなぁ。。。って思いました。。。


 うん。。。

 「先生」の存在というのは、とてもとても重要ですね。。。


 娘とも話していたのですが、娘も私も、先生とは
 「相性」だと感じています。。。

 どんなに経歴があっても、どんなに技術がすごくても、
 どんなに高名でも。。。

 人としての相性が合わなければ、私はついていけない。。。


 その人の人間性云々よりも、いかにすごい技術を持っているかを
 重視する人も中にはいるけど。。。

 私はやっぱり、技術より、その人となりを重視します。。。


 「How to」を教えるだけでなく、生徒の中にある
 「個々の魅力」を見抜いて、それをうまく引き出して
 くれるような先生。。。

 そういう先生にめぐり合えたら、それはとても、
 幸せなことだと思う。。。


 どういうタイプの先生が、自分にとってのそういう先生に
 なるのか。。。というものも人それぞれだと思いますが。。。




 あ、そうそう。。。

 今日はいろいろ嬉しいことも言われたけれど、ひとつ
 今後、気をつけておかないといけないことも言われました。。。

 「あ」で発声している声が、少し太くなってきてしまっていて
 「お」に聞こえてしまう時がある。。。と。。。

 これが癖になるとなかなか直せなくなるので、なるべく
 明るく、高い位置から声を出すようにね。。。ってね。。。


 先生はね、、、
 こういうことを「さりげなく」おっしゃるので、あまり落ち込まずに、
 深刻にもならずに、でも、前向きに頑張る気持ち。。。というものを
 自然と起こさせてくれるんです。。。


 

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。