12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2006-10-19 (Thu)
 神秘体験というのは、世の中にたくさんあるけれど。。。

 私が昔した体験というのは何だったのだろうと、そして今、いろいろな方々から
 聞くお話や書物などから、それがなんとなく解かってきました。。。

 
 例えば公園などのベンチに座って景色を眺めていると、その景色がだんだん
 濃くなってきて、そしていつの間にか「自分」が消えてしまって、自分が
 その景色になってしまったような、自分が全てになってしまったような感覚に
 なってしまうことがよくあります。。。

 全てはひとつなんだと感じる。。。

 でも、それでもまだ「景色」はそこにあります。。。
 
 
 でもあの時は、何もなかった。。。でも全てがそこにあった。。。
 
 
 時間も空間もない。。。でもそれは至福、永遠、光。。。

 漆黒の闇のような、虹の光のような。。。宇宙。。。
 
 
 エゴが少しでも顔を出すと、それはエゴにとってはものすごい恐怖でした。

 
 あの時知った神秘の全ては、こちらに戻った瞬間忘れました。

 魂は覚えているのだろうけれど、エゴはそれを忘れようと、すごい力で
 それを押さえ込んでしまいました。

 
 そんな体験をする人は、きっとたくさんいるのかもしれません。。

 でも。。。
 そこで見たもの全てを、正確に言葉で伝えられる人というのは、、、

 いるのでしょうか?
Theme : スピリチュアル * Genre : 心と身体 * Category : 夢日記・不思議体験記
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する