スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初夢の意味は?

 29,2012 18:47
 今年の初夢は、「子供を産む夢」でした。

 今はもう、その夢がどんな夢だったのかは全く覚えていないのですが、
 このブログにメモしておいたおかげで、いちお、そんな夢を見たこと
 だけは、覚えていました。


 この日記によると、その夢の雰囲気は全体的にとてもいい感じだった
 ようなので、きっと良い夢だったのだろうと思っています。

 そして、夢、、、というものは、そのものズバリで出てくるよりも、
 象徴的に出てくることのほうが多いみたいなので、この夢もきっと
 そういった類の夢なのだろうと思います。


 「子供」って、何の象徴なのでしょうね?
 私は今年、何を産むのでしょう?
 いや、、、「産む」ということ自体も、何かの象徴??


 一昨日の夜、娘といろいろ話しているうちに、なぜか子供を産む話に
 なり、それでこの初夢のことを思い出したりしていたのですが、
 その話の流れが、ちょっと予期せぬ方向に向かっていきました。


 キリスト教会の教えの中では、聖母マリアは天使から受胎告知を受け、
 処女懐妊したことになっていますよね。

 あれについてどう思う?本当にそんなことがあると思う?
 もし私や娘が、身に覚えもないのに身ごもったと言ったら、周りの家族は、
 マリアの夫のヨセフのように、それを受け入れられるのだろうか?とか。。。

 そんなようなことを話していたのです。


 でも、特にそんなに気にすることなく、娘とそんなことを話したことさえ
 すっかり忘れていたのですが、昨日の夜、今度は夫と話していた時に、
 またその話題が持ちあがりました。。。

 そしてその時にハッ!と、昼間の出来事もそこにリンクしていた
 ことに気づきました。


 趣味ブログのほうに詳細は書きましたが、ここ数日、声楽の先生絡みで、
 いろいろと流れがあり、昨日、先生からおめでたのお話を聞いた時に、
 「あぁ、これでよかったんだね。。。」と、、、
 私の中で納得したことがあったのです。

 でもこれは、「初夢」とか「マリアの話」とは、まったく関係のないところ、
 違ったところでの納得でした。


 また、夫は夫でここ最近、ちょっと特殊な流れが起こっていたそうで、
 それを私に話すタイミングを伺っていたらしく。。。

 そしてその話が、娘の学園祭のことと変に絡みあっていたみたいでね。。。
 それが、話を切り出すキッカケになったみたいだけど、、、

 ・・・と、端折りすぎで、あとから読んだらワケわからなくなりそうだけど^^;


 でも、なんというか、、、

 家族みんながそれぞれに、ここ数日の間にちょっと気になる流れが
 起こっていて、それをみんなで打ち明けてみたら、、、
 蓋を開けてみたら、なんだかそれは、一見複雑で解りづらそうなのだけど、
 一度見えてしまうと、面白いぐらい見事に、それぞれの物語が
 見えないところで完璧に絡み合っていたことが解ってきて、、、
 
 それをみんなが同時に、深いところで納得してしまったので、
 なんだか、みんなしてしみじみしてしまってね。。。

 だから昨日は、この絡み合った物語に隠されている意味、、、
 魂が今、エゴに気づかせたがっているものは何なのかということを、
 みんなでずっと探っていたのです。。。


 意味を探ること、そこから意味を見つけようとする作業というのは、、、
 実は、自分達(エゴ)がそこにどんな意味をつけるか。。。

 ・・・ということだと、私は思っているのですが。。。


 で、その意味を探っていくのにいろいろ話していくうちに、
 なぜかまた、マリアの処女懐妊の話にたどり着いてしまったのです。


 常識では信じられないような、ありえないような事態が起きた時、、、
 あなたはそれを受け入れることは出来ますか?。。。というテーマで。。。


 その時に、昼間に聞いたあの、「先生のおめでたのお話」さえも、
 そこに繋がっていくことに気づいて、、、

 私はますます、あの「子供を産む」という初夢が気になり始めて
 きてしまったのでした。。。


 昨日の晩、そんなことがあり、、、
 そうして今朝、NHKの梅ちゃん先生を見ていたら、そこにはまた
 しつこいくらいのメッセージがあった。。。

 それは、「梅ちゃんがおめでたですよ~」という内容だったのです。


 なんだかもう。。。ね。。。(苦笑)


 この流れ、、、
 この物語に隠されている意味は、もう少しあとになってみないと
 私のエゴには解らないと思うので、いちお、あとあとのために、
 記録しておこうと思います。。。


 自分ひとりに関する流れの意味は、最近ではだいぶ早く
 読めるようになってきました。

 でも、他者と絡んだ部分を読み解くには、私にはまだちょっと、
 ある程度の時間が必要です。


 人生の、暗号解読です。。。


 例えば、自分の出生ホロスコープとか、自分の見た夢もそう。。。

 今回のように、こうして自分の身に実際に起きてくる出来事、
 その物語に関しても同じです。。。

 そういった中に常に含まれている「サイン」。。。

 象徴、、、それを、魂からの声。。。と言ってもいいのかな。。。


 そういったものに気づきだすと、この世はもう、そこら中そういう
 サインやメッセージだらけ。。。

 そのサインがサインであることは、もうこの頃は、直観でだいたい
 すぐに、解るようになりました。。。

 ただし、マインドがその暗号を解読するのには、、、
 まだちょっと、時間がかかる。。。ということですね。


 でも、そこに意味をつけていく作業は、誰かにやってもらうよりも、
 自分自身でやったほうが、はるかに実りは多いはずです。

 そのプロセスが、「己を知る」ということに繋がっていくからです。。。

 せっかくの体験は、、、しっかり体験し尽くさなければね。。。


 あの初夢の意味、、、今年中には解るのかなぁ。。。

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。