スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Angel among us

 18,2012 00:20
 先日NHKでやっていた広島長崎原爆についての番組がキッカケで、
 ここのところ私は、「死」というものをテーマにいろいろ考えて
 いたりもして、それについて夫とも話し合ったりしていました。。。


 この「死」というテーマは、、、
 これまでにも何度も何度も、考え続けてきていたものの
 ひとつです。。。

 
 私は、ある神秘体験によって「究極的に、最後の最後に人間が
 戻っていく姿」、または「私達の真の正体」というものを理解し、
 それ以来、「死」というものは「終わり」ではなく「通過点」だと
 信じています。。。

 ここで言う「信じる」も、先日書いたように「もうそうとしか思えない
 状態になっている」という意味で使っています。


 そして私は、長い間、死んだらみんな、「あれ」に戻るのだ。。。と、
 ずっと信じていました。


 けれどもある時、スピリチュアル的な知識についていろいろ教えて
 くれた人に、「そうではない」と言われ、とても戸惑いました。。。

 宗教やスピリチュアル的な教えの中では、輪廻転生の仕組みや
 カルマ、そしてアストラル界とかコーザル界などの異次元の世界や
 そこで起こることなどについて、いろいろと説明されています。

 そして私達人間は、少しでも上の世界に行けるようにと、、、
 少しでもカルマを清算できるようにと、、、
 日々精進し、自身を浄化していく努力をするのだと。。。


 一時期、私もそういった考え方に染まっていたこともありましたが、、、
 ある時、そういった教えの世界もやっぱり「幻」というか。。。

 アセンデッドマスターであろうと、天使であろうと、悪魔であろうと
 宇宙人であろうと、天国も地獄も、生まれ変わりも何もかも。。。

 今、私達人間という意識状態の中で想像できるもの全ては、、、
 結局は、「たったひとりのもとの私」が見ている「夢の世界」の
 一部に過ぎず、、、

 生きていようと死んでいようと、肉体を持っていようといなくても、
 その「夢の世界の中で物語を紡いでいる」、、、という点では、
 そこにはなんの違いもない。。。と。。。

 やはり、そう思うようになりました。

 元々自分が持っていた考え方に、戻ったのです。。。


 ただ、幻、夢の世界とは言っても、その「夢の登場人物としての私」、、、
 要は「エゴ」としての私にとっては、それは「夢ではない」という
 ことも事実で、、、

 私達はその「もとの私の現実」と「夢の登場人物としての私の現実」を
 今、この瞬間も同時に経験しているのです。。。

 「もうひとりの私」(WM的には「実体」)の意識が、その架け橋です。。。


 そして、、、
 その夢の登場人物にはある、聖なる義務がある。。。

 それは、夢の登場人物としての私の人生を、十分に体験すること。。。

 それが、「もとの私」に対しての奉仕だと思っています。。。


 元々、こういう風に世界を認識している私なので、、、
 深いところでは、死を怖れてはいないのです。。。

 そうはいっても、実際、自分の生命が脅かされそうになった時は、
 やはりエゴが、、、生きようともがいてしまうのだろうな。。。
 とも思っていたりします。

 なぜなら、実際にそういう目にあった時、、、
 頭では解っているはずなのに、ものすごく怖かったからです。。。

 そういう「生存本能」というものが、、、
 この人間装置には埋め込まれているから。。。

 それに逆らうことは、やはりなかなか難しいものです。。。


 自分の本当にやりたいことをやりたい。。。


 それは、2012年になった今でも、、、
 やっぱりハッキリ解ってはいない感じがします。。。

 解っていない、、、というか、この先また、自分の考えが
 変わっていくかもしれないから、「こうなのです」と、
 言い切れないな。。。と、どこかで思っているのです。。。

 それでも。。。
 ひとつだけ今、自分自身に宣言したいことがあります。。。


 それは、、、
 自分が生き延びるために、誰かを犠牲にはしたくない。。。
 絶対にしない。。。


 ・・・ということです。

  
 昨日、テレビで映画の「アバター」をやっていましたね。。。

 以前、映画館で観た時も思ったことですが、あの映画は
 映像がとても綺麗だし、エンターテイメントとしてはとても
 面白いけど、物語のメッセージは、もうすでに使い古された
 ものだと思っています。。。


 人の領土を侵害するということはもう論外で。。。
 そんな物語は、これからの文明人には必要ありません。。。

 まるで新大陸にやってきたヨーロッパ人とネイティヴアメリカンの
 宇宙版のようなあの物語の根底にあるものは、、、

 私達人類は既に経験してきたのだから。。。

 もう卒業です。。。


 それよりも。。。


 「守る」ために戦うということは、果たして「美徳」なのでしょうか?
 どうして人は、そこに「敵」がいると団結するのでしょうか?
 「正義」って一体何?


 こっちをより深く考えてみたいものです。
 


 私は、、、
 私達日本人が深いところで持っている精神。。。

 「お先にどうぞ」

 ・・・というものを、大切にしたいと思っています。。。


 自分の本当に大切なもの。。。
 特に自分の生命が脅かされた時。。。
 これは断言してしまいますけど、どんな人でも絶対に
 エゴが暴れだします。。。

 それに巻き込まれてしまえばきっと、あとで後悔を残すような
 行動に走ってしまうでしょう。。。


 そのエゴに打ち勝つために私は、、、


 どんな時でも、決してハートから離れない。。。
 どんな時でも、愛を選ぶ。。。
 どんな時でも、絶対に愛でいる。。。


 そこだけは、、、
 自分自身に誓っておきたいです。。。


 何度見失っても、、、
 最後には必ずここに、戻ってきたいです。。。


 人間は本当はみんな、天使。。。

 アヌンナキ装置の中に閉じ込められてはいるけれども、、、
 でも本当は天使なのだということを、私は信じています。。。

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。