スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正直さ

 01,2012 00:45
 今日から12月ですね。。。

 すごい勢いで11月が通り過ぎていったような気がします。
 ここ数年は、時間が経つのがものすごく早く感じますが、
 11月は特に早かった。。。

 あっという間に1日、1週間、1ヶ月が過ぎていく割には、
 つい先日のことが、遠い昔のような感じがすることもあり、、、

 不思議です。。。


 最近の個人的な流れの中、、、
 ひとつの方向からだけではなく、様々なことが絡み合い、
 私に何かを伝えようとしてるな。。。ということは解っていたのですが、
 それがなんなのか、いまひとつハッキリ解りませんでした。

 でも、昨日、、、
 それが見えたような気がしました。。。


 先日、今のNHKの連続ドラマ『純と愛』の主人公、純ちゃんは、
 年配の方々からは不評だ。。。というお話を聞いて、
 なるほどなぁ。。。と思いました。

 でも私は、純ちゃんが大好きだったりします。


 純ちゃんは私の中では「ゴッホ」とかぶり、ピュアでそして熱い(笑)
 でも、ハートそのままで生きている人だと思っています。

 リンクした過去記事のタイトルに、「ひまわり」という言葉が
 あったのも、私にとってはやっぱり、ひとつのサインでした。。。

 昨日の日記と繋がっている感じがしたから。。。


 そんな純ちゃんのドラマ、昨日は夜の再放送を観ていたのですが、
 チャンネルをそのままにしておいたら、「MAXファーム」が始まり、
 更にそのままにしておいたら、こんな映画が始まりました。


 
キューティ・ブロンド2/ハッピーMAX (特別編) [DVD]キューティ・ブロンド2/ハッピーMAX (特別編) [DVD]
(2010/06/25)
リーズ・ウィザースプーン、ルーク・ウィルソン 他

商品詳細を見る



 最初は、なんだか馬鹿馬鹿しい映画なのかと思っていました。
 
 夫も眠いから寝るぞ。。。とか言っていたのですが、結局、
 だんだんと引きこまれ、彼も私も最後まで観てしまった。。。

 そして最後まで観た感想は、「なんか、すごい面白かった。」
 でした、ふたりとも(笑)

 なんとなく、ディズニー映画の『魔法にかけられて』という映画を
 思い出したりもしたかな。

 あれも大好きな映画です。


 
魔法にかけられて [DVD]魔法にかけられて [DVD]
(2010/03/17)
エイミー・アダムス、パトリック・デンプシー 他

商品詳細を見る



 昨日の夜たまたま、ああいった映画を観たことも、、、
 実は偶然ではないな。。。と、そんな感じがしました。


 『純と愛』の純ちゃんのように、キューティー・ブロンドの主人公
 エル・ウッズも、ハートのままに生きている人でした。。。

 
 そしてそういう人達に、妙に感激している自分がいました。。。


 ハートのままで生きると、 ドラマや映画のように、
 周囲との間に波風が立ちます。トラブルは続きます。。。

 なぜなら、今の社会、組織というものは、カバラでいうところの
 「動物意識」の上に形成された世界だから。。。

 ハートで生きるということは、自我(イエソド)ではなく、
 真我(ティフェレット)中心の「人間意識」で生きるということですから、、、
 イエソド中心の「動物意識」からの抵抗や反発にあうのは、
 当たり前なのです。。。


 私達はこれまで何千年もの間、ずっとこのイエソド社会の中で
 生きてきました。

 でもそれも決して悪いことだったわけではなく、進化のステップの
 過程であり、必要なことでした。。。

 今はそこから移行する時だと、私は感じていたりしますが、、、
 それでも、、、本当にティフェレットの意識で生きていくことって
 まだまだ茨の道ですね。。。


 ドラマや映画の中でも、こういった主人公達は、一見自分勝手で、
 そしてワガママなように見え、常に周囲との調和や足並みを乱す
 トラブルメーカーのように見えたりすると思いますが、、、

 でも、彼女達の言っていることをよくよく聞いてみれば、、、
 ハートで感じてみれば、、、

 決して間違ったことは言っていないのです。。。


 「はぁ?あなた何言ってるの?」

 「そうかもしれないけど、実際は無理だよ。」


 ・・・と言っているのは、ハートではなく、マインドのはずです。。。


 そしてほとんどの人が、心の深いところでは、彼女達のように
 生きたい。。。と思っているはずだと、私は信じていたりします。。。

 彼女達が、自分たちのハートの声を代弁してくれているのに、
 エゴがそれに抵抗するから、逆に彼女達は攻撃されてしまうのです。。。

 でもそれが本当に、ハートから出たもの、愛から出た行為だったのであれば、、、
 やっぱりドラマや映画のように、周囲の人たちは最後の最後では
 きっと理解してくれるものだと、それも私は信じています。

 現実はそこにたどり着くまでは、もっともっと大変だと思うけど、
 でも、誰かがそういう役を演じなければ、ここは一向に、
 動物意識社会のままになってしまうのでしょう。。。


 私は、、、
 彼女達の生き方に、ものすごく共感していたりします。。。


 私もやっぱり、、、ハートのまま生きていきたい人なんですね。。。

 どんなに波風立っても(苦笑)


 今の私に降りてきたメッセージって、、、きっとこれです。。。


 恐れず、そして負けないでハートのまま生きなさい。。。

 いつも魂に正直に生きなさい。。。


 そして、、、
 純ちゃんの働くホテルの社長が、こんなことを言っていましたよね。。。
 

 純粋に生きる人ほど、愛の支えが必要なんだよ。。。と。。。


 なんだかこの言葉が、、、妙に胸にしみました。。。


 純ちゃんにも、愛君がついているし、エル・ウッズにも
 理解ある婚約者がついていたし。。。


 やっぱり愛がないと、ドルマンのヒューゲリットのような結末。。。
 阿修羅のような結末になってしまうかもしれないなぁ。。。って
 思いました。


 愛ってやっぱり、大事。。。と。。。

 しみじみ感じる今日この頃です。。。

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。