スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スライヴ

 30,2013 01:40
 ThrivePoster_convert.jpg


 昨日YouTubeで、あの『スライヴ』を観ました。


 
スライヴ THRIVE 【日本公式盤】 [DVD]スライヴ THRIVE 【日本公式盤】 [DVD]
(2012/05/05)
フォスター・ギャンブル

商品詳細を見る



 もう何年も前からあちこちで話題になっているのは知っていましたが、
 私はなぜか、あの映画から漂ってくる匂いがあまり好きになれなくて、
 今まで観る気持ちが起きませんでした。


 な~んか、嫌な印象を受けていたのです。


 でも、ふとしたきっかけで『スライヴ』が目につき、、、
 なんとなく昨日は、自分が観ることにあまり抵抗感を感じていない
 ようでしたので、観てみることにしたのでした。

 夫と一緒に。


 あの映画の中で言われているようなことは、、、
 もう、10年以上前に、ウイングメーカーの中では語られていたことでしたね。。。

 私も初めてネルダ・インタヴューを読んだ時は、いろいろと混乱し、
 この世界のシステム、全てにおいて疑い深くなっていた時期もありました。

 自分がそういった時期の時、夫に「エリート達がね。」「インキュナブラがね。」と
 力説したところで、彼は私の話を、ほとんどまともに聞いてはくれませんでした。


 それから数年後、、、
 夫は、仕事上のある取引を通して疑問を持ち、それで独自に様々なルートを
 調べ始めたところ、彼も、その「ちょっとおかしいシステム」に気づき。。。

 それからというもの、彼は私に、そういったことについていろいろと
 熱く語っていたりしましたが、、、

 私は、「あの時は人の話を聞いてなかったくせに、自分が興味を持った途端に
 今度は偉そうに語るな~!!」と、文句を言っていました。

 ホント、勝手だわぁ。。。と思いながら(笑)


 また、彼がそういったことに熱くなっていた時は、私はもう、その時期を
 過ぎてしまっており。。。

 夫がそういうことを語る度に、あの『スライヴ』の映画の最後のほうに
 語られていたようなことを夫に、まるで諭すように語り続け、
 いつもいつも、彼のそのテンションを下げまくっていました。

 私はそういうところ、全然優しくないのです。

 夫も、さぞかし、つまらなかったでしょうね(笑)


 男の人って、そういう話で盛り上がるの好きですものね。。。
 ですからいくら私が、「そんなことに熱くなってないで、自分の身近な
 ところで奉仕しましょうよ。」とか言ったところで、これは男性のサガなのか。
 どうしても、そういったことに目が向いてしまうようです。

 これはもう、脳とホルモンのせいだということで。。。ね(笑)


 最近では息子も、小難しいことを語るようになってきたし、そのうちきっと、、、
 夫と息子が、男同士でそういう話しとかで盛り上がったりするのだろうなぁ。。。
 なんて思ったりして。


 私はそれに参加する気はないけど、父と息子のそういう姿を遠くから
 眺めているのは、それはそれで楽しそうです。。。



 2011年に、日本であの震災があった時、、、
 私は正直、がっかりしたことがあったのです。。。


 それは、「精神世界」というものがまるでブームのように拡がり、、、
 多くの人が、「ワンネス」や「愛」というものについて語っていたりしたのに。。。

 震災直後の混乱の時、、、
 あれだけスピリチュアルについて語っていた人達の多くが、、、 
 それまで言っていたこととは全く違う行動をとっている姿を、、、
 あちらこちらで目にしたからでした。。。

 まだまだ多くの人が、「それを自分自身に言い聞かせている状態」なのだなぁ。。。と。。。
 そう思いました。

 それを「体現する」、、、までには、まだもう少し時間がかかるのだろうと。。。


 そして思ったのです。。。

 そういった状態の人達に、陰謀論的な、、、ある意味、それは本当の
 ことかもしれませんが、、、そういったことを暴露することというのは、
 逆効果になったりすることはないのだろうか?と。。。


 だから私は、、、
 あれ以来、ブログで政治とか世界情勢とか、そういう話を書くことは
 一切やめました。


 それにやっぱり、、、
 私は女性なのだなぁ。。。と、ある時気づいたから。。。


 マザー・テレサの言葉に、ものすごく共感しています。。。


 一人一人が、自分の家の前を綺麗に掃除すれば、世界中が綺麗になる。。。


 だから私は、、、
 それを実践していけばいいのだと。。。


 今は、そういう心境なっているので、『スライヴ』を見てももう、
 心が動かされることはあまりありませんでした。


 ちょっと嬉しかったのは、隣りで一緒に観ていた夫も、、、
 以前より全然落ち着いていてね。。。


 男性のそういう「落ち着いた」という在り方は、、、
 今の、、、まだまだ男性性優位な一般社会のシステムの中では、
 いろいろと不利になってしまう部分も多いだろうとも思います。

 ですからもしかしたら夫も、、、
 家の顔と外の顔は使い分けているのかもしれません。。。


 でもね、、、

 心に平安があるということは。。。

 やっぱりいいよなぁ。。。と。。。

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。