スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノルウェイの森

 05,2012 19:24
 昨日、BSの日本映画専門チャンネルの無料放送で、
 『ノルウェイの森』の映画が放送されていました。。。


 この映画が劇場公開になった時、、、
 とても観たかったのだけれども、私は観に行くのはやめて
 いました。。。


 なぜなら、、、
 私の中にある「脳内映画」。。。

 そのイメージを、どうしても崩したくなかったから。。。


 それだけこの物語は、、、胸に残っている作品でした。。。


 
ノルウェイの森 上 (講談社文庫)ノルウェイの森 上 (講談社文庫)
(2004/09/15)
村上 春樹

商品詳細を見る



 
ノルウェイの森 下 (講談社文庫)ノルウェイの森 下 (講談社文庫)
(2004/09/15)
村上 春樹

商品詳細を見る



 私がこの本を読んだのは、たしか18歳とか19歳の頃
 だったと思います。。。


 ちょうど、、、
 物語の登場人物達と同じくらいの歳の頃でした。。。


 しかも、当時、クラスで一番仲良しだった子の名前は
 「直子」で、それに加え、当時のクラスメイトのひとりが、
 精神を病んでしまっていたりもしてね。。。

 この物語の中の直子と同じように。。。

 私はその子のことで、本当にいろんなことを考えさせられて
 いた頃で。。。


 そういう状況もあったせいか、、、
 この作品は、当時の私の胸にやたらと響いてきて。。。

 だから、、、何年経っても、この物語は、、、
 どこかで忘れられないものとなっていたのでした。。。



 映画が公開になった頃、懐かしくて思わず、単行本を
 買いなおしていたのです。。。

 昔のはもう、とっくに手放してしまっていたから。。。

 それなのにね。。。
 私はその、買いなおした単行本を1ページたりとも読まずに、
 そのまままたすぐ、手放してしまったの。。。



 忘れられない。。。と言っても、当時も一度読んだきりで、
 何度も繰り返して読んだわけではないので、細部まで
 しっかりと覚えていたわけではありませんでした。。。


 ただ、、、
 あの本を読んだ時、自分の胸に湧いてきたもの。。。
 その感覚を、ずっと忘れられずにいた、、、ということです。。。


 言葉では表現できないあの感じ。。。
 泣きたくなるような。。。


 その感覚を、、、

 本を読みなおすことで壊してしまうのが嫌でした。。。
 映画を観ることで壊してしまうのが嫌でした。。。


 でも、、、
 昨日、とうとう観てしまったのですよ。。。
 
 「無料放送」という甘い誘惑に勝てずに。。。(苦笑)


 意外と、、、
 細部までちゃんと覚えていたんだなぁ。。。と、、、
 そう思った。。。


 でも、登場人物は誰一人として、、、
 私の中のイメージとは一致しなかった。。。


 でも。。。
 映画は映画でまた、素敵でした。。。


 観終わった後、、、
 特に悲しいわけではないのに、なぜか涙が止まらなくなりました。。。


 私の中の「緑」のイメージとは違ったけど、、、
 緑役の水原希子ちゃんが、すごく良いなぁ。。。って思いました。

 ああいう感じの顔?雰囲気?

 すごく好き。。。

 『レオン』の映画のナタリー・ポートマンとかぶりました。。。


 それと、、、
 昔、中川勝彦さんファンの間で、「玉山鉄二さんが勝ちゃんに似てる」
 なんて言われていた時があったのだけど。。。

 この映画の玉山さんは、、、なんだか本当に、、、妙に似ていました。。。


 

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。