スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホールデン少年

 13,2013 19:49
 息子がツイッターで、こんな言葉をリツイートしていました。。。

 
 自分が楽に生きられる場所を求めたからといって、後ろめたく思う
 必要はありませんよ。

 サボテンは水の中に生える必要はないし、蓮の花は空中で咲かない。
 シロクマがハワイより北極で生きるほうを選んだからといって、
 誰がシロクマを責めますか

 (梨木香歩『西の魔女が死んだ』)



 なんだか。。。
 苦笑い。。。

 
 『西の魔女が死んだ』は、私の大好きなお話のひとつであって、、、
 映画化された時は娘と試写会にまで足を運び、二人で泣きながら
 その映画を観ました。

 娘に原作の本を薦めてみると、彼女は素直にそれを読んでた。。。


 映画のDVDを買って家で観ていた時は、息子も何となく一緒に
 観ていたけど。。。

 彼はあんまり関心ないみたいに見えていたし、もちろん本なんて、
 絶対に読もうとしなかった。

 それでも、、、当時も彼の中では、思うことあったのでしょうね。。。
 そしてやっぱり、本人の自覚はなかったとしても、、、
 少なからず、周りから影響も受けたでしょうし。。。


 息子は、、、
 あのツイートを私が見ることを承知で、あえてリツイートしたのだろうな。。。

 なんて、勘ぐりたくなったりもして。


 趣味ブログとして使っていたブログは、、、
 今や着々と私の本棚と化しているのだけど(笑)

 そんな息子のツイートに刺激されて、西魔女のことも思い出し。。。
 それも本棚ブログに追加しておこうと思ったのだけど。。。

 そうしたら連鎖して、忘れていたような古い本やらCDのことも
 いろいろと思い出してきて。。。

 それを整理し出したら止まらなくなってしまった。。。


 無性にそういうことをやりたくなる時があるの。。。私って。

 整理好きの乙女座の月が刺激されるのか。。。

 こういうのも惑星の影響なのかしら?

 ・・・なんて思いながら。。。


 そんな中、、、
 昔読んだ、サリンジャーの『ライ麦畑でつかまえて』という本のことを
 ふと、思い出しました。。。


 
ライ麦畑でつかまえて (白水Uブックス)ライ麦畑でつかまえて (白水Uブックス)
(1984/05/20)
J.D.サリンジャー

商品詳細を見る



 学校の、『文章表現』という授業の課題で読まされてね、、、

 私はそれまで、小説なんてマトモに読んだこともなかったのだけど、
 この本がキッカケとなり、一時期は小説をあれこれ読み漁ったり
 していたこともありました。

 これは、そんな思い出の本だったりもします。。。


 それであの時、この本の感想文を書いて提出したら、、、
 みんなの感想文を読んだ先生が、こんなことを言っていたのを、
 今でもハッキリ覚えています。。。

 
 「この本は、毎年生徒には必ず読んでもらって、感想文を
  出してもらうのだけどね。。。
  主人公のホールデン少年を嫌って批判的に見る人と、
  彼の気持ちを理解して共感を持つ人と、必ずふたつに分かれるのよ。」


 ・・・と。


 私は、、、というと、ホールデン少年に、共感していたほうでした。。。

 実は、このお話の内容、今はほとんど覚えていないのですが、、、
 主人公の男の子の気持ちに、当時の自分がとても共感していたという
 ことだけは、今でもよく覚えているのです。


 アマゾンの内容紹介には、こんな風に書いてありました。。。


 インチキ野郎は大嫌い! おとなの儀礼的な処世術やまやかしに反発し、
 虚栄と悪の華に飾られた巨大な人工都市ニューヨークの街を、たったひとりで
 さまよいつづける16歳の少年の目に映じたものは何か? 
 病める高度文明社会への辛辣な批判を秘めて若い世代の共感を呼ぶ
 永遠のベストセラー。



 やっぱり息子は、、、
 私に似ているんだなぁ。。。なんて思ってしまうよ。。。

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。