スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アウフタクト

 14,2013 00:48
 cosmos.jpg


 今練習している『鏡天花』の歌は、一部が「アウフタクト」になっているのだそう。。。

 アウフタクトをネットで調べると、、、

 
 楽曲が強拍以外の拍、つまり弱拍から始まる場合に、最初の小節線の前に
 現れる冒頭の一個あるいは数個の音のこと。上拍。アウフタクトでの開始を弱起という。



 ・・・と書かれていて、これを読んでも、素人の私には何を言っているのか
 さっぱり解りません^^;


 アウフタクトというのはドイツ語で、日本語では「弱起」というらしく、
 ウィキではこんな風に説明されていました。


 弱起


 曲の中で、1、2、1、2とリズムをとる時、この「1」の部分を表拍、
 「2」の部分を裏拍と言って、表拍を強く、裏拍を弱く。。。と、
 そう表現することが、普通、、、というか、なんとなく自然なリズムの
 取り方なのだそうです。。。


 相当昔に、ブログで書いたことがありましたが、、、
 日本人とアイルランド人は特に、この表拍で手拍子を打つんですよね。。。

 それとは逆に今の西洋音楽(クラシックではなくて)は、裏拍で手拍子を
 入れることが圧倒的に多いです。

 私も含め、最近の世代は日本人でも裏でリズムをとること多いですが、
 民謡や演歌なんかの手拍子は、完全に表拍。。。

 表拍でリズムを刻む由来は、農耕民族が鍬で土を耕していた時のリズムだと、、、
 そんな話を聞いたこともありましたが。。。


 話し戻しまして。。。

 弱起の曲というのは、この裏拍の弱くなる部分に、本当は
 強く発音しなくてはいけない言葉が当てられていたりするのだそうで。。。

 たとえば、「大好き~♪」と歌う時に、一小節の中で「大好き~♪」と
 歌うのだったら、そのままで大丈夫なのですが、弱起の場合だと、
 前の小節の一番最後の音(裏拍)に、「大好き」の「だ」の音が当てられていて、
 次の小節の一番最初の音(表拍)に「大好き」の「い」の音が当てられていて。。。

 
 ですので、それを、あまり意識しないで無意識に歌ってしまうと、、、

 「だすき~♪」となってしまうようで、
 聞いているほうは、何て言っているのかよく解らなくなってしまうのですって。


 なので、前の小節の最後の音を意識して強めにするか、、、
 次の小節の最初の音を意識して弱めにするか、、、


 どちらにしても、少し考えて歌わないと、言葉の意味が、
 なんだか変な風に聞こえてしまうみたいです。。。



 先生曰く、、、
 こういう弱起の曲って、ポップス系には多いのですって。
 昔のオペラとか歌曲には、そんなにたくさんないらしいです。
 (全くないわけではないけれども。)



 こんなお話を聞いていてふと思ったのは、、、

 人間ってやっぱり、、、
 モーツァルトの時代よりも今のほうが、だいぶ複雑になってきているのだろうなぁ。。。
 なんてことでね。。。


 複雑になったってことは、、、
 それだけ「進化したこと」だと、私は思っていたりします。


 赤ちゃんはシンプルだけど、おじいちゃんおばあちゃんには、経験してきた
 分だけ知恵がある。。。
 
 ・・・と、おんなじこと。


 そういうのが、、、
 創られる音楽ひとつにも現れているのかもしれないなぁ。。。と。。。


 オペラ的に歌う時は、昔の作法?に乗っ取って、、、
 弱起の歌を歌う時はそうやって、言葉の意味に注意しながら歌う必要が
 あるのかもしれないけど。。。

 それが現代の、ポップス系の歌の場合だったらどうなんでしょうね?

 もしかしたら、、、

 「だすき~♪」

 と歌ってしまっても、それはそれかも?なんて思ったりもして。。。


 言葉の意味というよりも、ノリ重視というか。。。


 いつかそのあたりを、、、
 機会があったらボイトレの先生に聞いてみたいです。。。


 
 赤ちゃんは常に自然のリズムと共にあって、とてもシンプルだけど、、、
 大人になればなるほど、いろいろと複雑でめんどくさくなってきて。。。

 でも、歳をとって智恵がついてくると、不思議とまた、、、
 今まで大切に抱え込んできたものが、なぜだか次々といらなくなり、、、
 手放していく。。。

 そしてまた最後は、、、
 自然と調和するような、そんなシンプルな生き方に戻っていったりする。。。



 音楽も伝統的な民族音楽は、ペンタトニックスケール、、、
 五音音階が多いけれども、西洋クラシック時代になると、
 今度は、七音音階が主流となり。。。



 いろんなことが、宇宙のエネルギーの流れ。。。

 カバラ的に言えば、「生命の樹」の法則に則って、進化成長していくのが、
 あちこちに見て取れて、面白いです。。。


 このビデオでも、お客さん達、みんな表拍で手拍子してますよね。
 私はこんな曲だったら、裏でリズムとってしまうので、最初観た時は、
 ちょっと驚きでした。


 

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。