スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Aria di chiesa

 27,2012 12:12
 『Aria di chiesa』


 これは『教会のアリア』というイタリア古典歌曲のタイトルから
 とったものでした。。。

 あのブログを書き始めた時に、たまたま流れていた曲のタイトルを、
 そのままブログの名前にしたのです。。


 声楽を習い始めた時に、コンコーネとイタリア歌曲の楽譜から
 入ったのですが、私はその歌曲の中で、この曲に一番惹かれました。。。

 曲のタイトルを見た時、私って本当にキリスト教関係に縁があるのだなぁ。。。と
 思ったりしたものです。

 無意識にそういうのに惹かれる傾向が、どうも、あるみたい。。。


 この曲の作詞者は不明らしいですが、作曲者は分かっていて、
 アレッサンドロ・ストラデッラという人だそうです。


 アレッサンドロ・ストラデッラ


 AlessandroStradella.jpg


 素晴らしい芸術作品を残す人が、必ずしも聖人とは限らないのですね。

 そしてこういう人が、、、
 「宗教曲」をたくさん書いたというのがまた。。。(苦笑)



 歌の先生に、「何か歌ってみたい歌はありますか?」と聞かれた時に
 この曲を言ったら、先生もちゃんと習ったことない。。。とおっしゃっていました。

 なので、習うことができなかったのですが、、、
 いつか歌ってみたい曲のひとつです。


 この動画は、アンドレア・ボチェッリさん。

 彼はいつだったか来日した時に、こんなことを言っていました。。。


 僕はこの声は神様が下さったプレゼントだと思っています。
 だから、世界中をツアーしたりするのは、体力的には
 辛かったりしますが、少しでも多くの人に僕の歌を届けることが
 自分の使命だと思っています。。。



 そうおっしゃる彼は。。。
 なんだかとても謙虚な感じがして。。。素敵だなぁ。。。と思いました。。。

 天職なのでしょうね、きっと。。。
 そしてそれを彼自身も自覚されているから、神様に感謝の気持ちを
 持ちながら、とても謙虚になれるのかもしれない。。。と。。。

 とても感動したことを覚えています。。。


 


  Pieta Signore,di me dolente,
  se a te giunge il nio pregar
  non mi punisca il tuo rigor:
  meno severi,clementi ognora
  voigi i tuoi sguardi sopra di me:
  non fia mai che nell’inferno
  sia dannato nel fuoco eterno
  dai tuo rigor:gran Dio giammai.


  主よ、悩める私に憐れみを。
  私の祈りが届くなら
  厳しく私を罰しないでください。
  厳しさを和らげたいつも慈悲深い眼差しを
  私の上に注いでください。
  地獄の永遠の火の中で
  あなたの厳しさによって
  罰せられませんように、偉大な神よ。

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。