スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オペラ座の怪人25周年記念公演

 21,2011 12:56
 ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで行われた
 『オペラ座の怪人25周年記念公演』を観てきました。。。


 


 DVDが出てからでいいかな。。。と、ちょっと迷ったのですが、
 映画館に行ってよかったです。。。
 
 大画面の迫力ある音と映像で観るのはやっぱり違いますね。。。
 
 なんだか。。。
 出来ることなら、ロンドンで生で観たかったなぁ。。。


 ミュージカルのオペラ座の怪人の音楽は、当時のロンドンの
 オリジナル・キャストのものと、映画版のものは、もう
 いやというほど聴きましたが、今回のファントムの声と歌は、
 その中で、一番私好みだったかもしれません。
 私の脳内イメージにぴったりでした。。。

 クリスティーヌの歌も、安心して聴けました。。。

 ラウルは、今まで観た中で一番たくましくて熱い感じがしました。。。
 個人的には、ラウルは色白で細身の、あんまり強そうではない
 タイプがイメージだったのですけれども(笑)


 このミュージカルを作曲したアンドリュー・ロイド=ウェバーは、
 現代のモーツァルトと言われている。。。なんてどこかで
 読みましたけれども、納得してしまいます。。。

 彼の曲は素晴らしいです。。。

 特にこのオペラ座の怪人は、当時の妻、サラ・ブライトマンの
 ために創ったもの。。。

 誰かのためにと、一生懸命創ったものだからこそ、よけいに
 素晴らしいのかもしれませんね。。。


 オペラ座の怪人は実は大好きで、今までにガストン・ルルーの
 小説も読みましたし、これまで何度も作られてきた映画も
 いろいろ観ました。。。

 中にはホラーというか、スプラッターみたいになってしまって
 いたものもあって、そういう気持ち悪いのはちょっと勘弁なのですが、、、
 古くから何度もリメイクされているものというのは、その時代時代に
 よって、登場人物の心理や関係性などが微妙に変化していき。。。

 そこにその時代を生きる人の意識が反映されているので
 面白いのです。。。

 そういう点で言うと例えば、ブラム・ストーカーの「ドラキュラ」
 なんかもそうだったのですが、、、

 何というのかな。。。
 古くても消えていかず、何度もリメイクされるようなものは
 そこに何か「普遍的」なテーマを含んでいるのですよねぇ。。。
 ただ、それを飾る装飾品は、時代に連動して変化していくの。。。

 そういうのを観ているのが面白いです。。。


 「オペラ座の怪人」は、私はやっぱり、、、
 このミュージカルヴァージョンが一番好きかなぁ。。。

 この音楽は、一度聴いたらいつまでも耳に残って離れない。。。


 ところで、ミュージカルの源流というものは、やっぱりオペラなのかな?
 と、気になったので調べてみました。。。


 ミュージカル


 ミュージカルの形成は、以下のような流れを経ている。

 パリで演じられていたオペラ・コミックを発端に、『地獄のオルフェ』
 (天国と地獄)を作曲したジャック・オッフェンバックに影響を
 受けたヨハン・シュトラウス2世がウィーンでオペレッタ(ウィンナ・オペレッタ)
 を発展させた。

 それがベルリンオペレッタで近代化し、さらにハーバート、フリムル、
 ロンバーグらがアメリカに持ち込んでニューオーリンズで行われていた
 ショーとなり、ミュージカルが誕生したと言われる。

 第1次世界大戦後のオペレッタ作品とミュージカルを厳密に峻別することは
 困難だが、前者の、オペラ発声の歌手、クラシック編成の管弦楽団、
 バレエダンサーによる舞踊、ドイツ語歌詞といった要素が、後者の、
 地声による自由な歌唱と一体化したダンス(歌手とダンスを分担しない)、
 打楽器を多用した自由なバンド編成、英語歌詞といった形へと置き換えられて
 いった。
 ベルリンオペレッタやロンバーグのミュージカルなど、過渡的な
 形態のものも少なくない。

 また、オペラとミュージカルの両方を書いているレナード・バーンスタインは、
 歌によってドラマが進行するのがオペラで、ドラマの結果としての
 感情を歌に託するのがミュージカルと定義しているが、これもひとつの
 説にすぎない。



 ミュージカルは、「マイク」という技術のおかげで、、、
 オペラで出来なかったようなことも可能になったのでしょうね。

 例えば、激しく踊りながら歌える。。。みたいな。

 声の芸術。。。という点で見たらやっぱりオペラだし、
 芸術としての踊りといったら、やっぱりバレエだと思うけど。。。

 ミュージカルのように現代的なものも、また違う魅力があって
 とても素敵です。。。


 

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。