スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

声楽レッスン記

 12,2013 13:37
 もうすぐ、声楽の発表会を控えています。

 でも、今回は少し調子が悪い。。。と感じています。

 ただ、歌を習い始めたばかりの頃の自分が、今の自分の歌を聴いたとしたら、
 調子が悪いだなんて、きっと全く思わないと思う。。。


 歌うことはもう、子供の頃から大好きだったから、ずっと歌って
 きましたし、バンドを組んで歌っていた時も、カラオケで歌う時も、
 本当に気持ちがよくて、ストレス解消にもなるし。。。みたいな。

 なんだか、ただ楽しんでいました。。。

 そんな感じでずっと来たけど、、、
 声楽を勉強するようになってからは、歌の世界の奥深さというものを
 知ったと同時に、その難しさも解るようになりました。。。


 そうなってくると、何も知らなかった頃のように、「ただ楽しければ
 それでいい。。。」というわけにはいかなくなってきました。

 「欲」が出てくるのですよね。。。

 「修得したい」「マスターしたい」という欲が。。。


 どんな人でも歌ったり踊ったりは出来ます。

 それは本来、人間の本能と結びついたものだから。


 だから、ただ単に歌ったり踊ったりするだけで「楽しい」という
 気持ちは起こるものだけど、その世界に足を踏み入れ、それを極めたい。。。
 という欲求が生まれてくると、今度は、「そのままで楽しい」というのだけでは、
 物足りなくなってきてしまうものです。。。

 そして、一時期は、楽しくなくなってきます。

 なぜなら、本能的な部分だけでは獲得できない「技術」というものを、
 訓練を通して自分の身体に叩き込んでいかなければならないからです。。。

 その時期は、大変だし、そして長い。。。


 この訓練は、地味でたいくつで、出口がなかなか見えなくて。。。
 だから、ここで挫折してしまうことも多いです。

 エゴが言い訳を始めるの。。。

 「別にいいじゃん、そんなに頑張らなくっても。
  ただ、楽しいだけでいいんじゃないの?」

 ・・・とね。


 これも人それぞれ。。。

 その本人が「ただ楽しければいい。」と思っているのならば、
 それでもいいのだと思います。。。


 でもね、私はそれじゃイヤなのですよ。。。やっぱり。

 一度その世界に足を踏み入れ、垣間見てしまうと、、、
 たとえそこで引き返したとしても、もう前のように、ただ
 無意識に歌っているだけでは、「楽しい」と感じられなくなって
 しまうの。。。


 この、技術を獲得するための訓練のめんどくさい時期を超え、
 無意識でも身体がそうやって自然に、勝手に動くようになれば、、、

 そこから先には、ただ本能的に楽しかった時の楽しみよりも、
 もっともっと楽しい世界が待っている。。。ということがもう、
 よ~~~~~~~く解ってるから。。。

 バレエ時代に挫折した経験も踏まえ。。。
 歌は、どんな壁にぶちあたっても、地道にゆっくり、そしてやめないで
 頑張っていきたいです。

 こういう世界は、次から次へと課題の連続ではあるけれども、、、
 それがまた、楽しかったりします。。。

 
 死ぬまでにどこまでいけるかは解りませんし、見た目には何の報いも
 ないかもしれませんが。。。

 こうやって辿る道のり、その過程というものは、、、
 決して無駄ではないことが解ってるから。。。


 スランプとか訓練のたいくつさとか。。。
 そういったものすら、楽しいと。。。

 この頃は本当に、、、
 心からそう思う。。。


 この心境に、もっと若いうちに辿りつけたら、私の人生ももう少し
 違っていただろうな。。。

 ・・・なんて思ったりもしますが、きっとこれはある程度、
 人生を経験してからでないと解らないことなのかもしれないし、
 そしてやっぱり。。。

 すべては完璧なのだと。。。

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。