スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発表会を終えて思うこと

 04,2012 14:50
 先日、発表会を無事に終えることが出来ました。

 そのあと、ここでその時の出来事や感想などを綴ろうと思ったのですが、
 なぜか今回はうまく書けずに、ツイッターで呟くのみになってしまいました。

 もうあれから、一週間が過ぎようとしています。。。
 早いですね。


 今回の発表会では、ふたつの収穫がありました。

 ひとつは、その道の経験者のアドバイスには素直に従ってみるのがいい。。。と
 いうことを実感したこと。

 もうひとつは、自分の中にある「超完璧主義者」に勝てたこと。。。


 先生に、発表会前にはお肉をたくさん食べるといいよ。。。と
 言われたのですが、私はその時点で一瞬、考えてしまったのです。。。

 スピリチュアル的な視点で見ると、肉料理ってエネルギー的にどうなんだろう?
 と、つい考えてしまう部分があったのです。。。

 動物が殺される時に感じる恐怖の波動が、自分自身の波動を乱す。。。
 みたいな話をよく聞くからです。

 私はベジタリアンではないし、普段はそういうことは全く気にせず、
 お肉も感謝しながらいただくほうなのですが、なぜか今回は、そのことが
 すごく気になってしまったのです。。。

 けれども、私は今回の先生について声楽を勉強し始めた頃から、
 先生のことは、本当に尊敬していました。いろんな面で。。。

 私との相性も、とってもいいと感じていました。

 そういう先生がおっしゃることを、なんだかんだと理屈を述べて
 退こうとすることこそ、それこそ私のエゴだなぁ。。。なんて感じたので、
 ここは、先生のおっしゃる通り、前日と朝食(普段は朝食とらないのですけど)に、
 お肉をいただくことにしました。

 それだけではなく、先生が教えてくれたマッサージなども実践してみました。

 すると、本番は今までの中で最高なのでは?というくらい、声の出が
 よかったので、びっくりしました。


 ここで私が学んだことは、表面的な部分では、

 「こういうマッサージをしたりお肉を食べたりすると、声が出やすくなる」

 ・・・ということでしたが、もっと深い部分で学んだことは、

 「自分がこの人は、、、と真に認めた相手、先生に対しては、
  自分のエゴは抑えて完全に信頼することが大切」

 ・・・ということだったような気がしていて、どちらかというと、
 こっちのほうが重要だったような気がします。


 もうひとつの。。。
 自分の中の完璧主義を超えたこと。。。

 これは、大人になってからバレエをやっていた時に、常に苦しんでいた
 部分でもあったのですが、、、

 自分はプロでもなく、プロを目指しているわけではないのだから、
 もっとシンプルに楽しみなさい。。。と、、、
 そうやって常に自分に言い聞かせているのに、理想からほど遠い
 今の自分を認めてあげられない。。。

 という、、、自分のそういった部分に随分と苦しみました。


 大人になってからバレエを始めた人は、バレエを習えるだけで
 楽しいし、発表会で綺麗な衣裳を着れるだけで嬉しいと思えるだろうな。。。
 と思うと、それが、逆に羨ましく思えたことさえあります。

 子供の頃バレエをやっていたから、やはり基礎は解っているし、
 子供の頃にしみついた動きの基礎というものは、
 身体は忘れないものです。。。

 なので、大人クラスに行くと、そこにいる人達に、「綺麗ね~」とか
 「やっぱりやってた人は違うわね。」とかよく言われてしまうのですが、
 それが私の葛藤の元にもなったりしました。。。

 私がそれなりに、自分の満足いくように踊れているのであれば、
 それもいいのかもしれません。みんなのお手本になれれば、それは
 それで楽しいのかもしれませんが、、、

 昔の自分の踊りを頭は覚えているのに、身体が全然そのように踊れない
 というこの状況の中、自分では全く満足できていない踊りを、
 周りの人から「特別視」されるというのは、かなり辛いことでした。

 「全然踊れないのですよ!!」と訴えてみたところで、そういうのは
 他の人からすれば、下手すれば「嫌味」にとられてしまうことさえ
 あるのですから。。。

 下手でもなんでもいいから、ただ踊れるということに対して
 純粋に楽しいと、心から感じられること。。。

 これを求めて、バレエ以外でもベリーダンスやインド舞踊など、
 いろいろなダンスの世界をさ迷ったりもしましたが、、、ある時、
 私がそれをダンスの世界の中で得ることは、無理なのだなぁ。。。と
 いうことを悟りました。。。

 これについてはもっと書きたいことあるのですが、話がそれてしまうので
 これはまたいつか。。。


 歌でも、やはり私にはそういうところがありました。。。
 要は、理想が高いのです。。。

 理想が高いこと自体は全然悪いことではないのですが、私の何が悪いのか。。。
 というと、「こんな歌じゃ全然ダメ、歌のレベルが伴っていないのに、
 衣装だけ素晴らしいなんて、ありえない。。。」とか思ってしまうところ(苦笑)

 最近はさすがに学びましたけど、もっと若い頃なんて、そういうのを
 他者に対してまで感じてしまったりしていたのだから、、、
 タチが悪いですね。。。

 今でもそういうところ、少し残っているのですが、今回は、先生も
 ドレスをすすめてくださったこともあり、頑張ってそのあたり、
 自分に言い聞かせたのです。。。


 「そんなこと言ってたら、あなたは死ぬまでドレスは着れないよ。
  あなたのことだから、他の人が本気で褒めても、こんなんじゃまだまだ。。。
  とか一生言ってるんだよ。
  あなたは自分の目標に到達しても、また次の理想を掲げてしまうから、
  自分の歌に心から満足して、それを認めてあげられる日なんて
  一生こないよ。自分で自分に対して、ずっとダメだしし続けるよ。
  
  そんなことしてたら、あっという間におばあちゃん。。。
  あなたは、プロではないのよ。

  ・・・だから、ドレスくらい妥協しなさい。」

 ・・・ってね(笑)

 
 こんな葛藤。。。
 他の人が聞いたら笑ってしまうのかもしれないけど、私ってこういう
 ところがあるのです。。。

 それが自分なのだから、それはそれで認めてあげないとね。。。


 けれども今回、自分の中では「妥協」という感覚でドレスを着ることに
 したのですが、それはある意味、「壁を壊す」ということに繋がったようです。


 やっぱりね。。。
 綺麗なドレスを着られるというのは、女性の夢ですよね。。。

 こんなドレスを着たのは、結婚式以来でしたけれども、歌をやって
 いなければ、こんなのを着る機会なんて一生なかったかもしれないし、
 そう言えば私がバレエを習いたいと思った一番のキッカケは、
 あのチュチュが着たかったってことだったじゃないの。。。と(笑)

 だから、、、
 ドレスが着たくて歌います。。。っていうのも、アリなのかも。。。って、
 なんだか、自然とそう思えるようになってきた。。。

 もちろん、それはキッカケで本当のところはやはり歌が上手に
 なりたいのですが、ドレスをひとつの「はずみ」にすることは、
 まったく不純な動機ではないのだな。。。と思ったわけです。。。

 私も女性なのですもの。。。
 男性には解らないかもしれないけど、これって女性の本能なのかも
 しれないよね。。。

 それが心から解ったら、他の人に対する自分の目も、ずいぶんと
 優しくなれたような気がします。。。

 ここが、今回の発表会のもうひとつの収穫でした。。。


 肝心の歌なのですが。。。

 発表会というものは、不思議ですね。。。

 これは、バレエの時も思っていたのですが、発表会をひとつ終えると
 いきなり上手になったりするのです。

 今回も、高音が綺麗に出なくてそれでいろいろ試行錯誤していた
 はずなのに、発表会当日にいきなりそれが綺麗に出るようになり、
 それ以来、その音は楽に綺麗に出るようになった。。。

 魔法みたい。。。

 だからやはり、「人前で歌う(踊る)」という体験は、、、
 レベルアップのためには必要な、貴重な体験なのだと思います。


 「欲」みたいなものも出てきたような気がします。。。

 自分の中の理想だけは高いのに、私にはこの「欲」が少し薄くて、、、
 ちょっと、ガツガツとした部分というかね。。。

 だからなんというか、夢を追いつつ、あんまり深刻にならないところが
 ありました。。。

 だから、歌の練習も、かなり真面目に、気合いれてやるのは、
 発表会一週間前だけとか^^;;;

 普段の発声練習も、結構適当だったりとか^^;;;;

 理想を追っているわりには、いい加減なところがあるのです。。。


 子供の頃みたいに、もう少し「必死」で練習しようとか思えたら、
 楽しいだろうになぁ。。。なんて思っていたのですが、
 今回少し、スイッチが入ったみたい。

 あまりにガツガツしすぎると、バランス崩しますけれども、
 やっぱりね、こういうのって必要だと思いますよ。

 十分、楽しむためには。。。


 恋愛中は、その恋人のことしか頭にない。。。みたいに。。。

 子供の頃の私の頭の中には、バレエしかなかったけど、、、
 ああいう気持ちを、いつか歌にも感じられるようになれたらいいなぁ。。。

 ・・・って思います。

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。