スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

声楽レッスン記

 04,2012 14:58
 先生曰く。。。

 音大を受験する人は、高校の3年間、声楽のレッスンを受けて、
 試験に挑むのだそうですが、だいたい、合格できるレベルに達するまで、
 3年くらいかかるのが普通なのだそうです。

 私は、まじめにクラシックの声楽を始めてから、今で1年半ちょっと
 くらいなのですが、音大を受験出来るくらいのレベルには、もう
 なっているそうです。

 なので先生に、「Lyricaさんは進みが早いですね。」と言われました。


 でも。。。
 ここで調子に乗ってはいけない。。。と、心の中で呟いていた私(苦笑)

 これが私のいつものパターンだから。。。

 ある程度までは、飲み込みや成長が、人並み以上に早い。。。というのが。


 今までのパターンからすると、ある時また、壁にぶつかるのだろうと思う。。。
 その時に、すぐに挫折しないように、焦らず目指さず、ゆっくりのんびり丁寧に、、、
 着実に実力を伸ばしていくようにしようと思ってます。。。

 歩みを止めないように。。。


 昔、知り合いだったオペラ歌手の人が言っていたけど、、、

 クラシックの歌を歌うための専門的な教育を受けると、だいたい、
 最初の5年間くらいは、どんどん声が変わっていくらしいです。。。

 歌の「技術」が身についていく。。。ってことですね。

 でも、そのあたりまでいくと、今度はなかなか変化しなくなるそうです。。。

 これも、その人の才能、努力、そして良い先生。。。
 そんな三拍子が揃った時に限り。。。の話かもしれませんが^^;


 だから、、、
 その5年からあとが、勝負。。。なのかもしれないですよね。。。

 ここからは、単に「技術」だけに関わってくるものでもないと思いますが。。。


 ベリーダンサーの、コリーナ・シャクティの言葉。。。


 私たちの芸術の深みは、どれだけ自分の内なる
 ワークをしたかを反映している。



 やっぱり。。。
 こういうことなのでしょうね。。。

 私の場合は、その前に、今は技術を確実に習得しなければ。。。
 なのですけど(笑) 


 今日は、オペラのアリアの楽譜を買いました。。。


 
アリア名曲集 1 ソプラノ編 1 (世界音楽全集声楽篇)アリア名曲集 1 ソプラノ編 1 (世界音楽全集声楽篇)
(2010/10/14)
木下 保

商品詳細を見る

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。