スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出した感覚

 18,2012 15:28
 次の発表会で歌う、モーツァルトのアリアは、以前歌ったプッチーニの
 アリアよりも、難しい感じがしています。。。

 私にとっては。。。ですが。


 夏に声楽の発表会があった時、その日近くになってきた頃は
 毎日毎日、たくさん練習をしていました。

 やはり練習するのとしないのとでは、声の出が全く違うのですが、
 そういうこと分かっていながら、私はいつも間近にならないと
 本気を出せない(苦笑)


 アロマやハーブの試験を受けた時も、そうでした。。。

 1年以上かけてノートをまとめたりはしていたけど、本当に
 身になる勉強ができたのって、試験2週間前くらいからだったような
 気がします。。。

 そういう気合いの入った勉強というものは、集中力と吸収力が、
 全然違いますよね。

 ただ、ダラダラとやっているだけの勉強とは。。。


 そんなわけで、前回の歌の発表会の時も、間近になった気合いの入った
 練習によって、私の中でなにか「手ごたえ」をつかんだ感覚があったのです。

 「あぁ、これかぁ。。。」というようなもの。

 それを掴んだあとは、高音もそれまでよりもだいぶ楽に出るように
 なったりもしたのでした。


 けれども、、、
 発表会が終わってから、他のことにいろいろと気を取られ、、、
 レッスンに行けない日も続いたり、家でも全く練習をしていなかったので、
 久しぶりに歌ってみた時は、すっかり元に戻ってしまっていました。

 自分でも、「あれ?」って感じでした。

 
 以前掴んだ感じがしたもの。。。
 その「感覚」がどうしても思い出せなくて、声も思ったように
 出せなくなり、私自身、欲求不満。。。というか。。。

 そんな不調の日々が、このところ続いていました。。。


 でも、昨日家で歌の練習をしていたら、なぜか急にフッと、
 「それ」を思い出したのです。。。

 感覚的に。。。

 そうしたら、急に声が変わったような気がしました。


 先生も、それを思い出す前の私と、思い出した後の私の違いは
 歌を聴いたら、すぐに解ったようです。

 さすが、プロ。。。


 こうやって私がひとつクリアすれば、先生はそこをきちんと
 褒めてくださいます。

 だからとても嬉しいのだけれども、先生はまた更に高い要求を
 出してくるので、いつまでたってもゴールにたどり着くことはありません。。。

 こういうのは、バレエの時でもそうでした。。。


 また、中だるみをしている時に、「発表会」というものが
 あるのとないのとでは、、、

 やはり、エンジンのかかり具合も違ってくるものですね。。。

 だからこれからも、、、
 そういう機会はなるべく参加したいな。。。と思っています。


 先生に教わったことも、頭では解ったつもりでも、決してすぐに
 出来るようにはならなくて。。。

 歌やバレエの世界では、頭でその理論は解っていたとしても、
 実際にそれが出来なければ話にならない。。。

 だから、ひたすら練習あるのみです。。。


 でもそうやって、ずっと練習していると、、、
 ある時急に、開ける時がくる。。。

 突き抜ける時。。。というか。


 その時に初めて、、、
 以前先生が言っていたことが本当に理解できる。。。

 「あぁ、こういうことだったんだ。」

 ・・・と。。。


 でも更に、次の課題が生まれてくる。。。

 その繰り返しです。。。


 それはエンドレスですが、、、

 こうやって、延々と高みを目指し続けているのが私はやっぱり
 好きだし、楽しいです。。。

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。