スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サラ・ブライトマンのコンサート

 02,2013 16:08
 sarah_convert.jpg

 
 サラの『ドリーム・チェイサー・ツアー』の日本公演。。。

 その初日の昨日、東京国際フォーラムで、私もそのステージを観てきました。


 もう、感じたことをうまく言葉で説明できないくらい。。。
 それくらい、素晴らしかったです。


 彼女の最新作のアルバムは、「宇宙」をテーマにしていますが、、、
 今までとは雰囲気がだいぶ変わっていて。。。

 これまで長い間、一緒にやってきたフランク・ピーターソンが
 プロデュースをしていない。。。ということもあったのかもしれませんが、
 サラの新たな冒険に、私は出遅れていたというか、、、
 なかなかついていけずにいました。

 けれども、、、
 生でステージを観てみて、やっとサラが表現したかったものの
 イメージが掴めたような気がして、、、

 昨日はそれがグイグイと伝わってきたので、とても嬉しかったです。


 sarah+brightman+concer_convert_.jpg


 本当に、彼女には「ディーヴァ」という形容詞がぴったりですね。

 「Diva」とは、全世界で認められた最高の歌姫に贈られる称号で、
 もともとはイタリア語で「女神」のことを指す言葉なのだそうです。。。

 そこから、オペラの主演女性歌手のことを称する言葉へと展開して
 いったようです。

 
 サラ・ブライトマンは本当に、女神そのものだなぁ。。。と、、、
 実際に彼女が歌う姿を見て、私も心からそう思いました。


 931224_566935236692213_355524080_n.jpg


 私は、、、
 素晴らしいライヴやコンサートのような「ステージ」というものは、、、
 現代の儀式だと思っているのです。
 
 そういった空間のエネルギーに浸ると、明らかに自分のエネルギーが
 変化するからです。

 ですので、サラ・ブライトマンのような人こそ、、、
 現代版巫女のような人だと、、、私はそう思っています。


 強烈な存在感を放ち、素晴らしい波動の声で歌うサラ。。。

 それだけでもトリップしそうなのに、その彼女の後ろに映しだされる
 宝石箱のような宇宙の映像や、様々な色や形に変化する幾何学模様や
 フラクタル模様。。。
 さらには大きな月の映像や、時にはゴシックなお城などなど。。。

 そういった素晴らしい演出が、更にその効果を高めます。。。

 こういったものは、現代の技術を駆使してこそ生み出されるものだし、
 照明や音響なども含めたそういった様々な演出が、どれもみんな、
 現代だからこそ創りだせるものであって。。。

 今では瞑想したり、ドラッグを使ったりしなくても、こうしたテクノロジーを使って、
 多くの人が、そんな不思議な世界をチラッと垣間見れてしまったりもするのです。

 ホント、すごい時代です。。。


 それぞれ一流どころが集まって作りだすそのファンタジーの世界の中、
 サラの美しい声の響きと共に、そこに集まった私たち観客のすべての人達が一斉に、
 束の間の時、異世界へとトリップする。。。

 そして、エネルギーを充電して、明日への活力とする。。。


 やはりこれこそが、現代の儀式だよなぁ。。。ってね。。。

 昨日も、しみじみ思いました。


 『ドリーム・チェイサー(夢追い人)』のアルバムの中に、「アヴェ・マリア」と
 いう曲が収録されています。

 これは、あの中世のドイツの修道女、ヒルデガルト・フォン・ビンゲンが
 創った曲をアレンジして、サラが歌っているものです。

 ヒルデガルトの歌は、私もCDを何枚か持っていますが、どれを聴いていても、
 ついつい眠くなってしまったりします(苦笑)

 サラ・ヴァージョンのこの「アヴェ・マリア」も、家でCDを聴いていた時は、
 あまりピンときませんでした。


 ですが。。。
 昨日のステージでそれを観た時、、、

 それは感動。。。なんてものではなく。。。


 その後ろから真っ白に光るレーザー光線が行く筋も客席に伸び、、、
 白いスモークが焚かれる中、少し高いところに立って歌うサラの姿は、
 さながら、空中に浮かび雲の上に立っている女神そのもの。。。
 後光までさしていて。。。

 そんな情景の中、この歌のこのメロディーを聞いた時、、、
 ヒルデガルトが何を伝えたかったのかも、よく解ったような気がしました。。。

 ヒルデガルトがあの時観たであろうヴィジョンを、、、
 サラが、視覚化してくれたみたいでね。。。


 ですからきっと。。。
 中世の教会の中で、ヒルデガルトをはじめとする修道女たちがあの歌を
 合唱した時は、、、

 こんな風に神々しく、神聖なエネルギーがその場を満たしたのだろうな。。。と。。。

 そう思ったら、つい、泣きそうになりました。。。


 実際、サラが「スカボロ・フェアー」を歌ってくれた時は、、、
 涙が出てきたりもしました。。。


 サラの歌はどれも大好きなのに、、、
 なぜかあの歌で、、、涙がこぼれたのです。。。


 本当に昨晩は、、、
 とても素晴らしい体験をさせていただけました。。。

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。