スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アシュトンのトリプルビル

 03,2012 21:02
 
Patineurs & Divertissements & Scenes De Ballet [DVD] [Import]Patineurs & Divertissements & Scenes De Ballet [DVD] [Import]
(2012/01/31)
Ashton、Royal Ballet 他

商品詳細を見る



 『レ・パティヌール』(スケートをする人々)の映像が欲しくて
 予約していたDVDで、先週手元に届いていたのですが、
 今日やっと観ました。


 なんだか、期待以上によかったです。
 吉田都さんの「バレエの情景」とか、ダーシー・バッセルと
 ジョナサン・コープの「眠れる森の美女の目覚めのパ・ド・ドゥ」
 なども入っていて、嬉しかったです。。。

 彼女たちは自分と同じ世代なので、ついつい特別視してしまうの(笑)


 そしてディベルティスマンの中には、すごく素敵な作品が
 入っていました。。。

 まさに、、、掘り出し物とはこういうことね。。。って
 思ってしまった。。。


 それは、タマラ・ロホの
 
 『5つのイサドラ・ダンカン風ブラームスのワルツ』

 というもので、DVDのパッケージの写真がそれです。。。


 もちろんこれは、ダンカンダンスそのものではなくて、
 ダンカン風バレエです。

 だって、ダンカンはつま先あんなにピンと伸ばさないもの(笑)


 数年前、ダンカンダンスを習いに行った時に、ダンカン自身が
 振付した「ブラームスワルツ」を教えてもらいましたが、
 タマラの振付はそれとはまったく違っていました。

 ローズペタルを散らす作品も、ダンカンダンスの先生であった
 メアリー佐野さんのそれを間近で見たことがありましたが、
 その時の先生の踊りに比べるとタマラのダンスはやはり、
 「軽さ」を感じました。。。

 本物のダンカンダンスは、もっと地にどっしり根付いている
 感じがするのです。。。


 タマラの踊りも、これがダンカンダンスですと謳われたら
 違和感感じるのでしょうけれども、あくまで「ダンカン風」
 なので、これはこれでとても素敵だと思います。。。


 

 

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。