スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボリショイ 『ファラオの娘』

 28,2012 21:50
 
ボリショイ・バレエ「ファラオの娘」ザハーロワ&フィーリン(全幕) [DVD]ボリショイ・バレエ「ファラオの娘」ザハーロワ&フィーリン(全幕) [DVD]
(2005/10/15)
スヴェトラーナ・ザハーロワ、セルゲイ・フィーリン 他

商品詳細を見る



 購入したのは今から5,6年前くらいだったと思いますが、
 今まで、たった一度しか観ていなかった。。。^^;

 初めて観た時、「素敵だなぁ」って思ったのですが、
 途中で眠くなってしまった記憶があって、それ以来、
 なんとなく、観ようという気が起きなかった作品でした。


 けれども、主役はあのザハロワですし、まだ現役の頃の
 セルゲイ・フィーリンも出ていましたし(彼は現在は、
 ボリショイの芸術監督ですね)、衣裳も素敵ですし、
 しかも振付は、プティパです。。。

 『ファラオの娘』は、「古典バレエの父」と言われる
 プティパの出世作でもあるそうなのですよ。。。


 それなのに、、、
 どうして眠くなってしまったのかしら??


 そう思いながら昨日、数年ぶりに観てみたのですが。。。


 これはもう、本当に「ザ・クラシックバレエ」という感じで、
 踊りに次ぐ踊り、見せるものは踊り。。。みたいな。。。

 ドラマ性はあまりないし、ダンサーに演技力がなくても、
 なんとかなってしまいそうな。。。

 ただ、踊りを観てください!!という作品だなぁ。。。という
 印象を受けました。

 マイムすらあまりないですしね。。。

 イメージが少し、『海賊』とかぶるような。


 そういった展開の中、何が眠気を誘うかというとおそらく、、、
 長いからだと思いました。

 時間的に、そこまで長時間ではないのかもしれないけど、
 ドラマ性があまりないせいか、感情移入ができなくて、
 その上で綺麗な踊りばかりがあまりに延々と続くと、、、

 刺激になれてしまっている現代人は飽きてしまうのかも。。。

 ・・・なんて思ったりもしました。


 けれども、ザハロワとフィーリンの踊りは、とてもとても
 素敵でしたよ。

 観ていて、ウットリしました。


 昨日、ふと思ったのですが、、、

 ザハロワがデビューして、ボリショイに移籍し、、、といった
 あの当時は、私は彼女に対しては、「他から群を抜いている
 特別に素晴らしいダンサー。。。」といった印象を持っていたのです。

 踊りの技術や身体能力だけではなく、長い手足、美しい顔、、、と、
 その容姿も文句のつけようがなかったですし。。。


 でも今って、ザハロワが「・・・の中のひとり」となってしまうくらい、
 同じくらい素晴らしいダンサーって、もうあちらにもこちらにも
 ゴロゴロといるような気がします。


 たった10年かそこらの間に、、、
 人間って、こんなに進化してしまうの?!


 ・・・と、、、
 なんとも言えない気持ちになりますね。。。

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。