スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピーターラビットと仲間たち

 14,2012 01:20
 子供の頃、バレエ教室の先生に、こんな本をすすめられました。


 
ピーターとアンナのバレエ教室ピーターとアンナのバレエ教室
(1979/10/07)
ノエル・ストリートフィールド

商品詳細を見る



 あの頃は、いまひとつ面白さが解らなかったこの本ですが、
 大人になって読み返した時にやっと、バレエの先生がなぜ
 この本を私達に薦めたのか、その意味が解りました。

 この本の中に、『ピーターラビットと仲間たち』のバレエ映画に
 触れているシーンがあり、私はそれでこの映画のことは知って
 いたのですが。。。

 今まで全く、観る機会がありませんでした。

 今回たまたま手に取る機会がありましたので、やっと観てみることが
 出来ました。


 
ピーターラビットと仲間たち [DVD]ピーターラビットと仲間たち [DVD]
(2012/04/13)
フレデリック・アシュトン、アン・ハワード 他

商品詳細を見る



 もっと子供の頃に観ればよかった~
 しかも、子供達がもっと小さかった頃に
 見せてあげればよかった~

 ・・・と、そう思ってしまいました。


 ビアトリクス・ポターのあの有名な絵本、『ピーター・ラビット』

 1971年に英国のロイヤルバレエ団のダンサー達の踊りで、
 映画化されました。

 その時に振付を担当したのが、あのフレデリック・アシュトンで
 彼も、「ティギーおばさん」役で出演しています。

 バレエも可愛らしかったですが、映画の最初のほうに出てきた
 英国の田舎の風景。。。

 それもものすごく素敵でした。


 このバレエは、1992年にアンソニー・ダウエルによって舞台化も
 されているので、いつかまた、そちらのほうも観てみたいです。


 peter.jpg

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。