スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日常と非日常

 21,2013 13:40
 1005243_293222600818095_1136275074_n.jpg


 今回の夏風邪は本当にしつこくて、未だに咳が長引いています。

 もう治ったかな?と思っても、突然思い出したように激しい咳が出たりして、
 特に歌おうとすると咳がひどくなるので、あれから歌のレッスンには
 全然行けてなかったりします。

 こんな感じで歌はダメなのですが、ダンスなら大丈夫だろうと、
 そちらのレッスンは楽しみにしているのですが、ここのところ
 家の用事が重なってしまって、そちらもお休みが続いてしまっています。

 まぁ、長い道のりの中、そんな時もあるよね。。。


 以前通っていたベリーダンスのスタジオで、ある時クラスのみんなで
 プチパーティーをやったことがあったのですが、その時、普段は
 バリ島にいる先生も、ちょうど日本に帰ってきていてね。。。

 それで先生も交え、みんなで日頃はなかなか話せなかった想いなどを
 語りあったりする機会があったのだけど、、、
 その時、先生も含めみんなが言っていたことは、、、

 「ここでは、非日常を体験できる」

 ・・・ということでした。


 あそこでは、スピリチュアルなアメリカ人先生の、、、
 そういう彼女の考え方というか生き方が、一般の日本人にとっては
 ある意味すごくめずらしかったり、強烈であったりしたから、
 そんな彼女に影響を受けて自分の生き方すらガラッと変えてしまった人も、
 きっと多かったと思います。

 特に若い女性達なんて、すごく影響を受けやすかっただろうなぁって
 思います。。。


 日本の一般的なお教室では、基礎的な動きとか振付を覚えることとか、、、
 まずはそういったことに重点が置かれがちで、最初から「意識」の部分に
 触れることって少なかったりしますよね。。。

 アメリカ人の先生は、そのあたりの感覚がやはり少し違っていたりもしたので、
 私たち日本人にとっては、それがとても新鮮で、だからよけいにそこに、
 「特別感」を感じさせられたりもするのかもしれません。


 でも本当は、、、
 あそこだけに限らず、ダンスをしている時や歌っている時というのは、
 意識が、そういった「非日常」にトリップしやすいもので。。。

 日頃忙しく活動しているマインドが鎮まって、ハートの波長に
 合わせられる感じ。。。とでもいうのかな。

 ハートのままでいても大丈夫な空間が、そこに生まれるのです。


 歌っていたり踊っていたりする時、、、
 そこに「没入」すれば、頭では理解していなくてもきっと、
 「それ」を体感することだろうと思います。

 だから、歌や踊りが大好きでやめられない。。。という人の多くが、
 その快感を知ってしまった人達なのだろうなと思っていたりします。


 ダンスのそういった部分を「意識的」に体験させ、頭でもそれを理解させ、
 もっと「それ」を自覚しながら踊る。。。

 至福に満たされながら。。。

 そういうことを、あの先生はとっても大切にしていたような気がする。。。

 そして彼女のそういった部分には、、、
 私はとても共鳴していました。。。


 そこで「非日常」を経験していた女性達は、、、

 みんな女神。。。
 みんなハートのまま。

 そしてみんな、どんどん美しくなっていってたな。。。って思います。


 欲を言えば、、、
 そういった「非日常」が「日常」となる世界が、
 いつか実現してくれたらいいなぁ。。。と思っています。


 「非日常」が、「日常」となる。。。

 これが、グランド・ポータル後の世界だと思っています。。。


 

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。