スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『リンゴを持って頭を傾けるベルナデット』 モーリス・ドニ

 15,2011 16:09
20130111162933905.jpg
『リンゴを持って頭を傾けるベルナデット』 モーリス・ドニ 1900年頃


 ベルナデットは、ドニの次女です。。。

 あまりに可愛らしかったので、絵の前でついつい微笑んで
 しまった一枚。。。

 そして、思わずポストカードを買ってしまった。。。


 ドニについていろいろ読んでいたら、なるほどなぁ。。。と
 思いました。。。


 モーリス・ドニがあたかも現実世界に目を向けずに生きていたかの
 ように、彼が人生の幸福なイメージしか描かなかったことを非難
 する人もいるでしょう。

 しかし実際には、長男の死や最初の妻マルトの長く苦しい闘病生活など、
 ドニの生涯は困難と試練の連続でした。
 けれども病気や苦悩、懸念といったものがドニの創造力を掻き立てる
 ことはありませんでした。

 ドニは現実や理想の幸福の中にこそ、素晴らしいインスピレーションを
 発見したのです。<中略>

 同様にドニにとって子供たちは太陽の光であり、ドニの想像力を
 奮い立たせてくれるモチーフでした。



 ドニの孫娘にあたられるクレール・ドニさんは、図録の中で
 こう書いていらっしゃいました。。。

 実際に、ドニと身近で接した方ですね。。。


 これを読んだらなんだか。。。
 ドニってきっと、強い人なのだろうなぁ。。。なんて思ってしまった。。。

 どんなに辛くて大変なことがあっても、、、
 わざわざ自分のその苦悩を世界にアピールしたりはしない。。。

 そして。。。
 人間の、、、この世の素晴らしい部分から決して目をそらさずにいる。。。

 それってホントに強い意志と、そして勇気が要ることだと思うのです。。。

 ドニにとってもきっと、、、
 子供たちはそのパワーを与えてくれる存在であり、
 また、宝物であったのかもしれないですね。。。


 

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。