スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『バルコニーの子どもたち、ヴェネツィアにて』 モーリス・ドニ

 16,2011 16:11
201301111635072cd.jpg
『バルコニーの子どもたち、ヴェネツィアにて』 モーリス・ドニ 1907年


 これもポストカードを買った一枚。。。
 ドニがヴェネツィアに家族旅行に行った時の様子を描いたもの
 だそうです。。。

 ドニの使う色は好きな色ばかり。。。
 この絵だけでなく、ドニの描く絵の空や海の色は、私の感性に
 しっくりとハマるような色ばかりが使われていて、、、
 ウキウキでした。。。

 けれども、美術館にあった「フランスの伝統色」という本を
 立ち読みしてみたら、そこはこういう感じの色のオンパレードでね。。。
 
 ますますフランスに行ってみたくなってしまった。。。

 さらにフランス人っていいなぁ。。。って思ってしまったのは、
 普段から子供たちにこんなに可愛いお洋服を着せてあげていた
 ところ。。。(笑)

 私も子供の頃こういうお洋服が着たかったのに、
 母はあんまり着せてくれなかったの。

 だから私は、、、
 娘にはこういうお洋服着せまくりました(笑)

 今の時代じゃ、、、
 ちょっと浮いちゃうかな?

 娘の頃は、かろうじてまだ大丈夫だったのですけど。。。


 展覧会は、だいたいが家族と一緒か、それか夫と二人で観に行くのですが、
 いつも思うのは、夫と私は同じ絵を観ても、観ている場所が違うなぁ。。。
 ということです。。。

 夫は元々、物をつくる職人であったためか、絵の技術的なことがやはり
 気になるらしい。。。
 だから、私の気づかなかったような細かいところまで、ホント
 よく観てる。。。

 私は、絵に関しては素人だからなのかもしれないのだけど、
 技術的なことにはあまり関心が向かない。。。

 それよりも、その絵全体から漂ってくる雰囲気を通して、、、
 ドニという人が一体どんな人だったのか、どんなことを考えていたのか。。。
 
 そして。。。
 神様は、ドニを通して何を表現したかったのか。。。とか。。。

 そういうことを想像するのが好きです。。。

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。