スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユベール・ロベール ~時間の庭~

 16,2012 17:05
 ユベール・ロベールの絵を観に行ってきました。。。


 201301151153031eb.jpg


 彼が絵のテーマに持ってくるものなども、とても私好みで、
 綺麗な絵でした。


 綺麗な絵。。。


 そういう印象が強かった、今回のユベール・ロベール展でした。


 でも今回思ったのは、絵から感じるエネルギーが少し薄かった。。。
 ということ。。。

 少し前に観に行ったポロックの絵なんて、、、
 ものすごいエネルギーを感じたのですけれどもね。。。


 ロベールの絵は、とてもとても美しいのですが、写真や
 印刷物の絵と、本物の絵の「差」というものを、、、
 あまり感じなかったのです。。。


 こういうのに近い印象を、以前、「ドガ展」でも感じました。。。

 ドガは、私の中では「あんまり苦労せずに来た人」。。。という
 印象があって。。。

 だから絵がちょっと、薄い感じなのかなぁ?なんて考えたことも
 ありました。。。


 苦悩が深い芸術家の方が、なんだかその作品に「味」が出るような
 気がしてしまうのは、私だけでしょうか?


 そんなこともあって、、、
 これから少し、ユベール・ロベールの生涯なども、
 探っていきたいな。。。なんて思ってしまった。。。


 娘は好みが私と似ています。。。

 なので、彼女に買ってきたポストカードの絵を見せたら、

 「わぁ。。。すごい綺麗~、こういう絵、好き~」

 って言ってました。


 私も、ポスターを見て、娘と同じように感じたので、
 実物を見てみたくなって、展覧会に行ってみたわけなのですが。。。


 感想としては。。。


 「あれ?
  なんだか、ポスターとあんまり変わらない?」
 

 ・・・でした。。。


 けれども、とっても綺麗な絵なので、、、
 やっぱりこういうのは、好きなのですけど☆

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。