スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長野県大好き

 05,2012 18:15
 昨日は、長野県までドライブに行ってきました。

 今年は事情で一泊できず、日帰りでしたので疲れましたが、、、
 楽しかったです。。。

 山梨県とか富士山が大好きで、今までは主にそっち方面ばかり
 行っていたけど、
 昨日で長野県も同じくらい大好きになりました。


 最初に行ったのは、いろいろと噂のある皆神山。


 皆神山についていろいろ。。。


 ☆皆神山の謎

 ☆皆神山ピラミッド

 ☆皆神山の謎(~この世・あの世を知る~)

 ☆出口王任三郎と皆神山


 山の頂上の神社の奥には、出口王任三郎の言葉を刻んだ
 石碑があって写真も撮ったのだけど、、、
 その石碑には私の姿がクッキリ映りこんでしまっていたので、
 載せられない。。。^^;

 そこには、こんな言葉が刻まれていました。。。


 地質学上 世界の中心山脈の十字形せる珍の神山
 天霊の聖地にも些しも違はざる
 尊き神山 皆神の山

 出口王任三郎



 今年の私のキーワードは、グラヴィティ。。。

 「重力」なのですが、今のところ全然それっぽいことないなぁ。。。
 と思っていたらこんなところに。。。(笑)


 minakamiyama1.jpg minakamiyama2.jpg


 昔、霊能者の宜保愛子さんが、エジプトのピラミッドを霊視して、
 「これは、能力者が石を不思議な力で浮かせて作っていたようです。」と
 言っていたのを、たしか、何かの番組で観たことがあるのですが、
 ちょっと思い出してしまいました。

 当時は、「そんなことあるわけないよ~」って完全にスルーしていた
 私ですが、今だと、「もしかしたらアリかもね。」なんて思うように
 なった自分がいたりします。。。

 人って、、、変わるものですね~


 今でも、100%信じることは、まだ出来ませんが。。。^^;


 皆神山は、人工のピラミッドというだけでなく、古代、空飛ぶ船の発着所だった。。。
 なんて話も聞きましたが、(たしか、竹内文書にも載っていたような?)
 ドライブ前日、アンビリバボーでUFO特集をやっていて。。。
 今回はめずらしく、家族でその番組を観たりもしていたので、
 UFOも今、チェックポイントなのかな?(笑)


 実は神社の入口の鳥居のところでね、、、
 ある「声」が聞こえてきたりもしたのだけど。。。

 これはちょっと、秘密。。。(笑)


 せっかくここまで来たのだからと、白樺湖を抜けて、例の守屋山に
 再び向かってみました。

 そしてあの、守屋神社にもまた行ってみたのですが、子供達は
 そこに入るのを断固として拒否していたので、夫と二人で入ってみました。

 今回は、頭がクラクラすることもなく、そういった磁場の乱れというか、
 強烈なエネルギーのようなものは、ほとんど感じませんでした。

 この前行った時は、山のふもとで御柱祭をやっていたからなのかしら?

 とも思ったのですが、よく解りません。


 ただね、、、
 それまでは天気がとってもよかったのに、私達がその神社に入った途端、
 急に雨が降り出してきたのですよ。。。

 でも、傘をささなくてもなんとかなりそうなくらいの雨だったのですが、
 上の方まで登ったら、雷までゴロゴロとなりだして。。。

 だから、なんとなく不気味で怖くなってきたので、あまり長居しないで
 戻ってきたのですが、車の中で待っていた娘が、、、

 「ママ達が神社に入った途端、ものすごいどしゃ降りになってたよ。」

 と言っててね、車もすごい雨粒だらけになっていました。。。

 神社の中では、傘をささなくても全然平気だったのに、、、
 木々が雨を遮っていたのかしら?。。。と、ちょっと面白かったです。


 そして、私達が車に乗り込みそこを出発した直後。。。
 いきなり晴れてきて、ものすごい良い天気になったので。。。

 なんだか、神社の中にいた時のあの雰囲気がまるで夢でも見ていたかのような、、、
 ちょっと異次元にでも入り込んでしまったかのような。。。

 そんな不思議な感覚になりました。


 そのあと、「守矢資料館」というところに行ってきました。


 ☆神長官守矢史料館

 ☆資料館について詳しく説明されているサイト


 そこの館長さん(おそらく守矢さん)に、「守矢」と「守屋」は
 なにか繋がりがあるのですか?と聞いてみたところ、、、
 「はい、大有りですよ。」と、表面的なお話は教えてくれたのだけど、、、

 でも、なんだか踏み込んだ肝心のところは隠されているような気が
 なんとなくしちゃってね。。。

 そういうのも、私の気のせいなのかもしれないけど。。。
 でも、一緒に話を聞いていた夫や娘も私と同じように感じたみたいなので、、、
 なんだかまた、謎が深まってしまったような。。。


 今回はそのあと、諏訪大社(本宮)も普通に入れて、そこでも
 またちょっといろいろあったのですが、それはもう少しいろいろ
 解ってから書きたいと思います。。。


 皆神山では息子も外に出てきたけど、守屋山、守屋神社、そして
 資料館や諏訪大社では、息子は全然外に出てこないでね。。。

 頭が痛くなるからイヤなのですって。。。


 あの年頃の男の子だし、、、
 ただめんどくさいだけなのかもしれないので、、、
 ホントかどうかは微妙ですけどね(笑)


 そうそう。。。
 守矢資料館の奥には、ミシャグチ神を祀る神社がありましたが。。。

 ミシャグチ神って、「蛇」の形をしているという話もあるのだそうです。。。


 ミシャグジ信仰は東日本の広域に渡って分布しており、
 当初は主に石や樹木を依代とする神であったとされる。
 地域によっては時代を経るにつれて狩猟の神、そして蛇の姿を
 している神という性質を持つようになったと言われている。

 ~ウィキより~



 ☆ミシャグチ神 (「神長官守矢資料館のしおり」より)


 書きたいことは山ほどあった昨日のプチ旅行ですが。。。

 今のところはメモ程度に記しておくだけにします。。。 


 それと笑ってしまったのが、資料館の奥の方に、こんなのがあったこと。。。


 minakamiyama3.jpg


 これは、「空飛ぶ泥舟」なのだそうです(笑)

 やはりあのあたりには、、、
 UFO伝説、あるのですねぇ。。。


 竹内文書に出てくる「天日玉国」は、プレアデスかもしれない
 そうですから。。。

 気になっちゃいますね☆

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。